2017年01月22日

Croquette With Fried Eggs


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

Croquetteはコロッケのことです。カボチャで作った自家製コロッケです。

Fried Eggは目玉焼きのこと。
目玉焼きを英語では Fried Eggと言います。
またはSunny Side Up(サニーサイドアップ)と言います。

フライパンで焼いた目玉焼きが何故?フライなのだ・・・
と思う方もいることでしょう。英語では多めの油で焼いた物をフライというのです。
たっぷりの油で揚げたものはDeep Fryというのです。
平たく底の広いフライパンでちょっと多めの油で焼いた卵は Fried Eggなのです。

さて、自家製カボチャコロッケを目玉焼きと一緒に食べました。
半熟というより殆ど"ぬるい生の黄身"という感じの目玉焼きを作り、
それを崩して醤油を混ぜたものは素敵なソースになるのです。
黄身に醤油を混ぜたものにコロッケをつけていただきました。



これは美味しくいただきました。
゜皿をなめる゛をいう言葉がありますが、目玉焼きを食べる時はまさに皿をなめます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 16:54Comments(0)

2017年01月22日

稀勢の里優勝


ついに、ついに、ついに待ちに待ったこの日が来ました。

大関稀勢の里が初優勝したのです。

12勝1敗で迎えた14日目。対戦相手は逸ノ城です。
立ち会いに少し違和感がありましたが、稀勢の里は落ち着いた相撲をとりました。
巨漢の逸ノ城を寄り切って13勝目をあげて、優勝争いをしている横綱白鵬の一戦を待ちました。
白鵬の相撲は、なんと白鵬の負け。この時点で稀勢の里の優勝が決まったのです。

インタビューには慎重な受け答えをしていましたが、最後に頬をつたう涙がありました。
その姿をみて感動しました。
長い間優勝したくてもできない、苦しい時期が続きました。
強い大関です。実力的には間違いなく横綱です。
しかし、優勝という実績つくりに何度も失敗してきたのです。
どこかに不運の大関というイメージがありました。

しかし、今場所の稀勢の里には「神が降りた」というイメージでした。
何かちがうものを感じました。それは何かはわかりません。
実力+運の力でもぎ取った初優勝でした。



14日目大相撲では新潟市出身の小柳が初十両で勝ち越しました。

また今場所もNHK新潟所属のスポーツアナウンサー沢田石和樹さんが幕の内実況をしました。

琴奨菊の大関陥落、2横綱の休場、若手の台頭など面白い初場所でした。
あと一日。千秋楽の稀勢の里は横綱白鵬戦です。
その結果で横綱昇進の話が出ます。実力で横綱をつかみ取ってもらいたいものです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 00:04Comments(0)

2017年01月21日

鶏めし


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

酉年なので"鶏めし"でござい。。。。

鶏肉ときのこ(舞茸としめじ)を炊き込んだ炊き込みご飯です。

モチ米(こがねもち)が6割、コシヒカリが4割です。

鶏肉ときのこを鶏ガラスープで煮ます。味付けは麺つゆです。
味は好みですが、越後OYAJIは少し濃いめの温かいうどんの汁の味です。
冷ましてから、研いで水を切った米に汁を入れて、その上に具をのせて、炊きます。
水加減は炊飯器の「炊き込みごはん」の目盛りで炊きます。

酉年の「鶏めし」です。




私はモチ米が好きなので、モチ米を多くして炊きました。
勿論、うるち米だけで炊き込んでも美味しく作ることができます。

モチ米で作る場合は蒸し器で蒸すと「おこわ」になります。
私はおこわも大好きなのですが、残念ながら蒸し器がないのですface10

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 16:52Comments(0)

2017年01月20日

琴奨菊


大相撲初場所が最終盤を迎えています。

なんと言っても話題は大関稀勢の里の初優勝と横綱昇進です。

その他、新潟出身の関取、十両の小柳の活躍が話題の中心です。

そんな中で少々ショックだったのが大関琴奨菊が負け越したことです。
大関で2場所連続で負け越すと、大関の地位から陥落します。関脇へと下がります。

琴奨菊は去年の初場所で優勝した力士です。
強いがぶり寄りが持ち味で、巨体を生かして一気に寄り切る相撲は「強い」と思わせるものです。

その大大関が1年後には横綱になっていても不思議では無い状況の中で
2場所連続で負け越しての大関陥落。。。。。

大相撲は完全な実力の世界。
強いものはどんどん出世して、弱くなれば・・・引退しか道が無い、厳しい世界です。

琴奨菊は怪我に泣かされました。ひざが悪く、スポーツの中でも最も激しく厳しい相撲とは言え
怪我は必ずついてまわるものです。

ここでは厳しい話かもしれませんが、優れたスポーツマンは怪我対策も万全です。
怪我がついてまわる世界で怪我をしないという危機管理ができている人が
最も強い人である。と言えるのがスポーツの世界だと思います。

琴奨菊です。インターネット上の画像です。


琴奨菊は昨日の一戦で負け越しました。休場しても不思議ではない身体です。
しかし、本日も相撲を取りました。相手は名横綱の白鵬です。
完敗しました、。表情には悔しさを見てとれました。
不本意な自分に腹が立っているでしょう。

相撲の世界は奥の深い世界です。体力・気力・運力・・・
身体と身体がぶつかり合う厳しい世界。自分の努力だけでは如何ともしがたいものがあるのでしょう。

越後OYAJIは琴奨菊に「お疲れ様」と言いたいです。
つまり、大大関としてさらに日本人力士として優勝までした名力士です。
引退しても決して恥じではありません。
満身創痍の身体をこれから作り直すというのは奇蹟に近いものがあります。
そんなことはしないで、きっぱりと引退しても相撲の世界で充分生きていけるし
相撲界に貢献することができると思うのです。
現在の琴奨菊をみるのはとてもつらいです。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 21:29Comments(0)

2017年01月20日

立派な松の木


近所の家の松の木です。大木です。

この家は大きなお屋敷で、多分このあたりの大地主さんだったのでしよう。
その家に相応しい松の木を植えて、時が過ぎ、大木になったと想像しています。

大空によくはえます。


幹周りも大きく、高さもあります。ご神木とも言えるような神々しさがあります。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 07:59Comments(0)

2017年01月19日

揚げ物・・・


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

揚げ物・揚げ物・揚げ物・・・・

やっぱり揚げ物は良いですね。
なんと言っても「とんかつ」や「唐揚げ」が揚げ物のメインでしょう。

今回は野菜で作った揚げ物です。

サツマイモの天麩羅と手作り不格好コロッケです。

サツマイモは新潟市特産で人気のある「イモジェンヌ」で作りました。
サツマイモの美味しさを食べるのなら、生イモに衣をつけて揚げることです。
しかし、なかなか火が通らないので今回はイモを蒸してから揚げました。
簡単に揚げることができますが、どうしても味が落ちてしまいます。。。。

コロッケはカボチャコロッケです。
カボチャはバターナッツを使いました。バターナッツは水分が多く柔らかいので
ポタージュなどに向きます。
今回は皮を剥いたバターナッツを蒸してからつぶして、塩胡椒とコーンスターチを加えて
固さを調整してパン粉をつけて揚げました。
これは甘くてとても美味しいです。



あげものを食べると元気が出るような気がします。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 22:08Comments(0)

2017年01月19日

足下が悪いです。


先日来の大雪で生活面にも多少の影響がありました。

新潟市中央区では除雪体制が十分ではないために、幹線道路は除雪が進みますが
小さな枝道路にはまだ雪が残っていて、歩きにくい状況です。
区内のいたるところでこのような状況です。
さらに幹線道路沿いの歩道もまだ雪が溶けていなくて歩きにくい状況です

本日の新潟市中央区は穏やかな天候です。
時折陽もさしています。雲が少なく青空も垣間見える天気です。
気温は6℃程度で風も弱く、雪融けも進むことでしょう。。。。

小さな道路では足下が悪いです。


1月15日が過ぎると何となく、春が近づいてきているように思ってしまいます。
年前よりも少し、日没時間が遅くなっています。また太陽の高度も微妙に高くなっています。
確実に春に近づいているのです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 12:50Comments(0)

2017年01月18日

カブの柚香漬け


カブは今が旬です。
冷たい冬の空気にさらされて甘味が増しています。

カブの柚香漬けです。



カブは塩漬けにします。その際に柚子果汁と柚子の皮を一緒に入れて漬けます。
漬け上がってから、さらに柚子の皮の細切りをまぶします。

香りが良くて、且つカブの甘味が美味しい漬物です。
ご飯のおかずにしますが、酒の肴の一品としても充分美味しいです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 18:12Comments(0)

2017年01月18日

「雪」と「寒椿」


ツバキの花に雪が積もる。

毎年みる光景ですが、やはり良いですね。。。。





もっと色々歩き回るとさらに素晴らしい「雪」と花」の映像を撮影できるのでしょうが
少し疲れ気味なので雪の中を歩き回るをやめました。
やはりOJIJIになっているのですね。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 07:51Comments(0)

2017年01月17日

ちから蕎麦


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

ちから蕎麦です。「力蕎麦」。面白いネーミングです。

温かい蕎麦に焼き餅を入れたものです。
「ちから=力」は「力持ち=力餅」の駄洒落でしょう。

いったい誰が名付けたのでしょう?。

一般庶民が食べるものの名前は語源がはっきりしているものはほとんどありません。
なんとなく、みんながそう言っているうちに、それが名前になった。というのが現実です。

越後OYAJIの力蕎麦です。
サトウの切り餅を入れました。卵は温泉卵です。



蕎麦は越後蕎麦、葱はやわはだ葱です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:32Comments(3)

2017年01月16日

寒ブリの刺身


雷が鳴り、雪が降る。日本海が大荒れに荒れる。
「ぶりおこし」だ!!! ブリが網に入る、大漁だぁ~・・・・

冬の日本海で繰り広げられるブリ漁。

アブラがのって最高のブリが水揚げされます。



トロッとした品の良いアブラと締まった身の食感。
とても美味しくいただきました。うまい!!!!face02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 21:13Comments(0)

2017年01月16日

長ネギです。


土曜日から日曜日にかけて大雪になりました。

新潟市中央区の最大積雪は33㎝でした。
昨夜には雪の峠を越えましたが気温が下がって、
歩道なども凍結してとても歩きにくい状況でした。

現在の新潟市の積雪の様子は26㎝です。
午後から夕方にかけては雨が降っています。

雪が一番多かったときの畑の様子です。

長ネギです。先の部分だけをだして雪にすっぽりと覆われています。



このように雪の下になったネギは甘味がまして美味しくなります。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 21:06Comments(0)

2017年01月15日

ここは畑でした。


またアパートが建とうとしています。

ここは畑でした。
昨年の秋までは畑でした。大根や白菜、長ネギなどを家庭菜園的に作っていました。
間違いなく、去年の秋は野菜であふれ、この土地の持ち主の方が丁寧に手入れして
収穫していました。

秋が深まった頃に異常に気がつきました。
いつもの冬への準備とは明らかに違う光景を見たのです。

その後、あっという間に重機が入り畑は更地になりました。

12月に入ってから地盤工事が行われ、現在建物を作り始めています。

新潟市中央区ではどんどん畑や空き地がなくなっています。
建物が何の脈絡もなく立て続けています。
駐車場だった場所にもアパートが建ったりしています。

緑の供給元だった畑が無くなっていくことはとても残念です。

実はもっと残念なことがあるのです。

この畑と道路の間に側溝がありました。
そこに「すみれ」が自生していたのです。
まるで野草のように「すみれ」が健気に咲いていたのです。
今回の工事でその「すみれ」も根こそぎやられたことでしょう。

側溝をコンクリートで蓋をして、さらに周りをアスファルトで埋める。
人間には便利でも自然景観が損なわれるのはとても残念です。



近所では、ほぼほぼ空き地がなくなっています。
とても複雑な気持ちをいだいています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:19Comments(0)

2017年01月14日

積雪33㎝


新潟市中央区の積雪は33㎝になりました。

今シーズン初の積雪が大雪になりました。
お正月中も穏やかな新潟市中央区でしたので、突然大雪に見舞われたという感じです。

全県に大雪警報が出ています。

雪かきなどの手入れを一切していない雪の様子です。






どんなに大雪になろうと新潟市中央区内に住んでいる以上、安心して暮らせます。
山沿いの地域などとは比べものにならないほど楽です。
この地域に住めることを感謝しなければと思っています。

県内では数カ所で停電などが発生しています。また交通への障害も発生しています。

今のところ、新潟市中央区では平穏です。

全県的に充分注意と警戒が必要とのことです。皆さん、人命優先で無理をせず、
この寒波が去るまでお過ごし下さい。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 08:25Comments(0)

2017年01月13日

大雪


いやぁ~・・・・大雪ですね。

雪が積もりました。
現在、新潟市中央区の自宅の周りは約11㎝の積雪です。
家の前には雪が積もっていますし、車は雪をかぶっています。

午後4時頃の駐車場です。


この時間ではまだ地面が見えていました。しかし、現在は駐車場全体が真っ白です。


天から、静かに「雪片」が舞い降りてきます。


NHKニュースでは大雪に厳重注意をしてください。と繰り返しアナウンスされています。
明日からは「センター試験」・・・受験生に影響が無いように祈るばかりです。

それにしても寒い。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 19:14Comments(0)

2017年01月13日

中華丼


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

中華丼です。

白菜を食べたくて中華丼を作りました。
寒の時期の白菜は最高に美味しいです。
白菜から美味しい"出汁"がでます。鍋物が美味しくなるのと同じ理屈です。

icon28白菜・玉葱・長ネギ・にんじん・きくらげ・タケノコ・豚肉・蒲鉾・うずらの玉子

全部を炒めて、鶏ガラスープを入れて軽く煮て、醤油、みりんで味をつけます。
片栗粉でとろみをつけて、最期に胡麻油を少量入れて完成です。



カレーと同様に「飲み物感覚」で食べましたface08

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 07:59Comments(2)

2017年01月12日


本日は寒い一日でした。

新潟市中央区は積雪はありませんが、県内的には大雪です。

三条あたりから長岡などの山あいに大雪警報が出ています。

毎正時のNHKニュースでは新潟は大雪です。と報じられています。

実際、津南町や魚沼市西名では積雪が1メートル前後になっています。
今の気象情報で今夜新潟県内の多いところでは80㎝の雪が降りそうとなっています。

新潟市中央区では最低気温が1.5℃ 最高気温は3.4℃でした。
風は北西または北北西の冷たい風が吹いていました。

本日、越後OYAJIは久々に仕事を休みました。年末年始にかけて殆ど休まずに働きました。
仕事は忙しかったのですが、体調を崩したりしました。
本日約2週間ぶりに仕事を休みました。外には一歩も出ていません。

そしてほぼ一日中寝ていました。まだしっかりとした食事すらしていません。

冬枯れのビッグスワンの様子です。


カモがゆっくりと冷たい湖上を泳いでいます。


外気温が低く、どんなに寒くても人々の日常は同じです。
鳥や動物も同じです。じっと耐えているように気がします。
建物であるビッグスワンも寒さに耐え、次ぎの季節に期待して建っているように見えます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 19:42Comments(0)

2017年01月11日

肉野菜ラーメン


越後OYAJIの自家製・自己流ラーメンシリーズです。

野菜をたっぷりと使い、市内のあるラーメン店のチャーシューの切り落としを使ったラーメンです。

◆スープは鶏ガラと濃い昆布出汁のWスープ
◆麺は太麺
◆味は醤油味
◆具はキャベツ・もやし・玉葱・長ネギ・しめじ・エノキ・チャーシュー・メンマ



寒い日が続きます。暖かいラーメンは心と身体に温かさをもたらせてくれます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 20:58Comments(2)

2017年01月11日

酉年なので・・・・(鶏肉の粕味噌焼き)


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

鶏モモ肉を越後味噌と酒粕に漬けたものをこんがりと焼き上げました。

酉年がはじまろうとしていた昨年12月に新潟県内で「トリインフルエンザ」の騒ぎがありました。

関川村での報道があった時点で新潟市内のスーパーでは卵が売れず、鶏肉販売も苦戦しました。
風評被害です。その後は鶏の大量廃棄などの処理をした為に逆に県内産卵の不足がおこりました。
価格は安定したのですが、全体的な風評被害は収まっていません。残念なことです。

そんな中で迎えた酉年。
酉年を象徴する鶏の肉を美味しく食べるのを楽しんでいます。



県内産鶏モモ肉を3年熟成の越後味噌とある県内酒造メーカーの大吟醸酒粕に漬けました。
味噌と同量の酒粕を料理酒で溶き、少量の砂糖とみりんを加えてそこに漬け込みます。
鶏肉の美味しさを楽しむのなら、半日くらい漬ければ美味しく食べることができます。
越後OYAJIはもっと濃い味が好きなので3日間漬けました。
それを家庭用ガスコンロのグリルで弱火にしてじっくりと焼き上げました。

焼きたては香りが良く、肉は味噌と粕の酵素で柔らかくなっていて、最高に美味しいです。

口福・口福・・・幸福な越後OYAJIです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:03Comments(2)

2017年01月10日

更地に。。。


長い間ここに「廃屋」がありました。
約30年間誰も住んでいませんでした。
周りをぐるりと家に囲まれていたのと家の前に樹木があり生い茂っていたので
それが幸いして、家が崩れるということはありませんでした。



この家は現在の越後OYAJIの住まいの近くにありました。
かつて、この家には業界紙の新潟支社がありました。
そこに記者である人が住み込み、記事を東京に送っていたようです。

越後OYAJIがこのあたりに住むようになって35年位になります。
第一子が産まれて、その子がよちよち歩きをする位まで、ここには人が住んでいました。
住んでいたいた方が我が子を随分と可愛がってくださったのを良く覚えています。
その方が引っ越してからは誰も住む人はいませんでした。
長い月日が経ちました。住んでいた方は現在どうしているのでしょう。。。。

完全に更地になっています。
売り地の看板が出ています。
このあたりは生活環境が良いのですぐにこの土地は売れるでしょう。
春頃には家が建っているかもしれません。

新潟市中央区はどんどん空き地が無くなっていっています。
自宅周辺でも空き家や廃屋、空き地はほとんど無くなりました。

近所の子供達はどこで「冒険ごっこ」をするのだろう?
空き家や空き地は子供にとって「ワンダースペース」。
危険の無い程度にそこで遊ぶことは「創造性」や「想像力」を高めるために必要な場所。
お定まりの児童公園では、そんなワクワクする気持ちをもつことは不可能でしょう。

ついにここまで、この家まで、この土地まで「地上げ」されたのか・・・と感慨深げです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 15:26Comments(0)