2017年04月25日

昨日のこと


昨日は完全オフの日でした。

朝から快晴で気温の予想も20℃を越えるだろう、ということでした。

「こりゃ~、身体を動かさないといかんな」ということで自転車で出かけました。
弁当を作り、水をもって午前10時に自宅を出ました。

街中で色々な花が咲いています。花の写真を撮りたいとおもいました。
どこまでいくのか目的地は決めていませんでした。
行き当たりばったりで花の写真を撮りたいと思ったのです。

自宅から新幹線の高架に沿って信濃川まで出ました。
信濃川のどて沿いに信濃川の上流に向かいました。
天気は良いし、風も弱く順調に自転車は進みました。信濃川沿いに江南区天野まで行き
信濃川大橋を渡り、旧黒埼町の大野に出ました。大野から中之口川に架かる大野橋を渡り
県道141号線で大郷地区を目指しました。梨の花と桃の花が満開になっていると思ったからです。
農地の細い道などを軽快に走りました。その時々で写真撮影をしています。
臼井橋の手前まで進み、新しくできた「臼井橋信濃川フルーツフラワーの里公園」で
昼ご飯を食べました。ここまで3時間かかりました。30分休憩して臼井橋を渡り、国道460号線沿いに秋葉区新津地区に向かいました。新津の古田まで出て新津バイパスとぶつかりました。新津駅の方にむかい新津駅前に出て、金沢町の方に向かいました。金沢大橋を渡り、磐越自動車道の新津インターを横に見て、中新田から阿賀野川に出ました。
県道17号から県道46号に方向を変えて
小阿賀野川沿いに荻川にむかい、信越線の踏切を越えて新津バイパスの小阿賀野橋の下をくぐり
江南区酒屋の方向を目指しました。新瀬橋を渡って嘉瀬の方に行って、広域農道でビッグスワンの
方向を目指しました。この辺でだんだんとおかしくなってきたのです。
出かけた時は海の方向からの追い風でした。ここにきて海の方からの向かい風になったのです。
自転車ですから数㎞位は楽に進むことができます。
しかし、この時ばかりは中々前にすすみませんでした。
新潟市中央区に戻り、新潟市民病院の脇を通り、鳥屋野潟に架かる橋を渡って、
江南高校の側を通り、桜木インターに出て、まっすぐに自宅に戻りました。
自宅に着いたのは17時30分でした。少し休んだ時間もあったので自転車には約7時間
乗っていたことになります。家に着いたら足が痛くなっていました。

とても天気のよい日でした。遠くの山の頂きにはまだ雪があります。
田起こしが終わり、一部の田んぼには水が入りはじめていました。


ぬけるような青空でした。とても気持ちがよかったです。


お祭りが行われていました。
なんと、この小さな神社の祭礼なのです。形の大きさとお祭りをするというのは関係がないですね。


地域の方々が大切にしていることに感動をおぼえました。


こんな風に時間を過ごしました。途中で色々な人に会い、お花の話や農作業の話などを
聞きました。空気が美味しく、水も美味しく、弁当もおやつも美味しく、楽しい日でした。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 19:17Comments(0)

2017年04月24日

花海棠(はなかいどう)


ハナカイドウがきれいに咲いています。

新潟市中央区内では現在満開です。

ソメイヨシノが散った頃にハナカイドウが満開になります。
天の恵みというのは不思議なもので、人の目を楽しませるようになっているのですね。

ハナカイドウはバラ科リンゴ属の耐寒性落葉高木です。
リンゴ属なので林檎や梨の花の形とよく似ています。





花海棠の花言葉
「艶麗」「温和」「妖艶」

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 09:29Comments(0)

2017年04月24日

我が家のチューリップ


新潟の街中でチューリップが花盛りです。

我が家の庭のチューリップも咲き出しました。毎年咲きます。まず一輪咲きました。

チューリップは球根なので植え替えをしないと花の咲き方が悪くなるようです。
今年一輪目の花はとても形が悪いです。すこしチューリップのことを勉強しないと・・・・





あと数輪咲くはずです。ほんとに咲いてくれるかな?

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 09:11Comments(0)

2017年04月23日

遠藤実顕彰碑


作曲家遠藤実氏の顕彰碑をおとづれました。

JR内野駅前にあります。

3月26日(日)に除幕式が行われ、早めに見たいと思っていた新潟市の最新の碑です。

西蒲区に用事があった日に内野駅に立ち寄り写真撮影しました。
「遠藤実顕彰碑」という文字は現文化庁長官である宮田亮平氏の揮毫によるものです。
宮田氏は佐渡出身で東京芸術大学の学長を務めました。素晴らしい筆跡でした。

遠藤実氏に関してはあまりにも有名な方なので経歴や功績を記すまでもない方です。
私達の心を揺さぶる名曲を数多く世に送り出したかたです。
新潟市に関係のある方であることは市民として誇りです。

顕彰碑です。
デザインは弥彦山と角田山をモチーフにして台座は日本海の波を象徴しています。


裏面です。この顕彰碑設立の経緯などが記されています。


遠藤氏作曲の名曲が流れる装置が設置されています。
勿論越後OYAJIもこのボタンをおし3曲とも聞きましたface02


内野駅の前にあります。


顕彰碑を訪れた日に嬉しい出会いがありました。
初めて会って初めてお話をした方なのですが、何だか長い間の知己であるようでした。
人と人との出会いというのは不思議なもので、長い時間と空間の中で出会うことが
運命づけられているのかと思うほどです。楽しい時を過ごしました\(^o^)/

OJIJIになってもミーハーの越後OYAJIです。この顕彰碑ばかりではなく、色々な新しいものに
興味が惹かれ、その場を訪れたい思っています(^o^)

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:35Comments(0)

2017年04月22日

ジューンベリー


ジューンベリーの花が真っ盛りです。

ジューンベリーはバラ科ザイフリボク属の落葉樹です。

春はバラ科の花が多く咲きますね(^o^)

最近庭木・街路樹としての人気が高まったようで、新造の家の庭などによく植えられています。

六月頃に赤い実をつけます。
それで「六月のベリー」ということでジューンベリーと名付けられました。

実はブルーベリー位の大きさで食用です。甘いですよ。





近所には街路樹として植えられているところがあります。
このまま大きくなると並木のようになるでしょう


ジューンベリーを知ったのは最近です。
昔はあまり見かけなかった花です。
実がなる木というのは嬉しいですね\(^o^)/

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:22Comments(0)

2017年04月21日

おさしみ


刺身盛り合わせです。

icon28ぶり・サーモン・びんちょう鮪・いか



この日の食事。

刺身の盛り合わせをメインにした食卓です。
・かけ蕎麦(大盛り)
・かやくご飯(炊き込みご飯)
・新キャベツの漬け物
・鶏の唐揚げ
・大根の柚香糖漬け


いつも食べ過ぎな越後OYAJIですface10face10face03face10face10

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 21:34Comments(0)

2017年04月21日

シャクナゲ


シャクナゲの花は気品があって美しいですね。

新潟市内のいたるところで咲いています。

シャクナゲは元々はヒマラヤなどとの高地に咲いていた花だそうで
その花を手に入れるのが大変に難しいので、この花に「高嶺の花」という冠が与えられたという
エピソードがあります。

ツツジ科ツツジ属の耐寒性常緑広葉低木です。
新潟ではツツジより先に咲き出して街を賑わせる花です。

また西洋シャクナゲは秋葉区などで園芸栽培されていて日本一の産地になっています。
新潟の宝の一つです。







「高嶺の花」というと手の届かない異性のことを指したりする言葉です。
若い頃は「キュン」ときた言葉です。この花が語源であることは最近知りました。
長い人生の中で「高嶺の花」に手を触れようとしたことが何度あったのでしょう。
「高嶺の花」を「人生の理想の価値観」という見方をすれば、年齢を重ねても
「高嶺の花」を追い求め続けることは大切なのかな、とおもう越後OYAJIです。

シャクナゲの花言葉
「威厳」「荘厳」「警戒」

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:30Comments(2)

2017年04月20日

しだれ桜とおおしま桜


新潟市中央区のソメイヨシノは先日の強風で花がほとんど散ってしまいました。
先週末はギリギリでお花見を楽しんだ方も多かったことでしょう。

枝垂れ桜とおおしま桜が咲いています。

枝垂れ桜
バラ科サクラ属の落葉高木です。背が高くなって枝垂れるほど見事な「景色」になります。




こちらは「おおしま桜」です。薄い芳香があります。
おおしま桜と山桜を交配したのがソメイヨシノと言われています。


おおしま桜の葉です。この葉を塩漬けしたものが「桜餅」の葉です。
独特の香りがあり、和菓子には欠かせない素材です。
ちなみに、桜花の塩漬けは八重桜を使って作ります。


新潟市中央区ではソメイヨシノと陽光桜の見頃は終わりました。
次ぎに待っているのは八重桜です。これも美しい桜なので楽しみです\(^o^)/

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 10:29Comments(0)

2017年04月19日

ハナズオウ


ハナズオウが咲き出しました。

赤紫色の花が印象的です。

自宅の前で毎年きれいに咲いてくれます。

ハナズオウはマメ科ハナズオウ属の落葉低木です。

花が終わると莢ができ豆が中に入っています。





花は木に直接ついて咲き出します。その様子がよくわかる写真です。
花が終わってから葉が出ます。


写真は昨日(4月18日)の午後3時頃に撮影しました。
4月18日という日に驚きがありました。
なんと4月18日の誕生花が「ハナズオウ」だったのです\(^o^)/
なんとも不思議な偶然です。

ハナズオウの花言葉
「豊かな生涯」「高貴」「目覚め」「喜び」

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 07:52Comments(0)

2017年04月18日

モクレンの花(シモクレンとハクモクレン)


新潟市内ではモクレンの花が華やかに咲き誇っています。

モクレンと言えば新潟では白木蓮が先に咲くので、白木蓮を「モクレン」というのだと思いがちです。
しかし、本当のモクレンはこの紫モクレンを指す言葉なのです。

新潟では紫木蓮が白木蓮より少し遅く咲き出します。

木蓮はモクレン目モクレン科モクレン属の落葉高木です。

紫木蓮です。美しく咲いています。見頃といっても良いのでしょう。






こちらが白木蓮です。紫木蓮が主でこの白木蓮しモクレンの一種とされています。


モクレンの花言葉
「自然への愛」「崇高」「持続性」

モクレンというのはれっきとした正当性のある植物なのですね\(^o^)/

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:08Comments(0)

2017年04月17日

たれかつカレーライス


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

越後OYAJIの大好きなたれカツカレーライスです。



別の日に食べた写真です。
カレーは飲物だ・・・という感じがよく出ていますface10


今回のカツはロース肉を使っています。一口カツです。それをたれにくぐらせてご飯にのせて
カレーソースをかけただけのものです。

ちなみに越後OYAJIはカレーライスというより「ライスカレー」というのが好きです。
明治時代にイギリスに留学した夏目漱石は
その作品の中で「ライスカレー」という言葉を使っています。
私は漱石作品が好きでよく読んだものです。それ故に漱石に影響されているのです(笑)

カレー+ライスという料理は
インドを植民地としていたイギリスで作られたれっきとしたイギリス料理なのです。
夏目漱石も本場イギリスで本物の「ライスカレー」を食べたことだと思います。

それからいえばこのブログの表題も「たれかつライスカレー」が適当でしょうか?(笑)

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 20:45Comments(0)

2017年04月17日

新潟遠望


久しぶりに高いところから新潟を眺めてみました。

鳥瞰とか俯瞰という言葉があります。
「鳥瞰」とは鳥になったように空高くから眺めることです。
「俯瞰」とは高いところから見ること。全体を上から見ることです。

桜が満開で天気は良いのですが、霞がかかったような新潟の町並み。「春霞・桜霞・花霞」です。

朱鷺メッセ31階の展望室から撮影しました。











ここからは新潟県庁18階の展望回廊で撮影したものです。






高いところから見ると、新潟市は大きな街だなぁとつくづく感じます。
どこまでも続く人家とく町並み、ランドマーク的な高層建築物、日本海、信濃川河口、佐渡
そして越後連山と手前の広大な農地。全てが見えると全てが新潟市のような錯覚を覚えます。

何故か? 毎年この時期になると高いところから新潟を眺めたくなります。
まるで定点観察するように毎年同じ写真を撮っているのです。。。。

合計で100枚近くの写真を撮っています。印象深いところを掲載しました。
ガラス越しの写真ですので撮影者が影となって写ることもあります。
そう言う失敗写真は全て削除しています。
デジカメの便利なところですね。\(^o^)/

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 10:28Comments(2)

2017年04月16日

煮込みハンバーグ


不思議です。何故か?ハンバーグなのです。

越後OYAJIはハンバーグなどという食べ物を否定してきました。
長い人生でほとんど食べてきませんでした。
こどもと一緒に食事に行った際もこどもは喜んでハンバーグを食べましたが
私はハンバーグを食べるということはありませんでした。

それが何故か?、昨年末頃から異常にハンバーグを食べたくなり、お店で食べたり
スーパーから買ってきたり、自分で作ったりしています。
自分でも信じられません・・・・

今回は煮込みハンバーグです。
煮込みソースは缶詰のデミグラスソースに他の調味料を加えて作った越後OYAJIのソースです。



今回使っているハンバーグは市販品です。しかし、これが柔らかくてとても美味しいのです。
何故? いいまでバカにしたり否定していたのかが自分でもわかりません。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 19:26Comments(2)

2017年04月16日

レンギョウ


真っ黄色なレンギョウの花が新潟の街を彩っています。

今年はレンギョウの咲き始めが早かったような気がしています。
早いところでは3月の末頃から咲き出しました。

桜とのコラボも美しいですし、まだ冬枯れの場所では黄色がものすごく目立ちます。

レンギョウはモクセイ科レンギョウ属の植物です。
色々な品種があるようです。

新潟県内では旧紫雲寺町(現新発田市)の街の花として有名です。





レンギョウの花言葉
「期待」「希望」「集中力」

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:33Comments(2)

2017年04月15日

弁当


越後OYAJIのお弁当です。

弁当をもって車で写真撮影に出かけでいます。
この時期はなんと言っても桜の撮影です。

私の写真を保存するフォルダには数え切れないほどの写真が保存されています。
デジカメですから撮った写真で必要のないものは削除すれば良いのですが
素人なりに心を込めて撮影した記録はなかなか削除できず、どんどん貯まっていってるのです。

この弁当の写真も色々な角度から撮影しています。
が、ここに掲載している写真は必ずしも最高だと思っているわけではありません。
単に私のお気に入りというだけです(#>o<#)



・卵焼き・ボロニアソーセージ・ハム・三角すり身揚げ・きんぴら・メンマ煮・生姜味噌漬け


・胡瓜の浅漬け


・おにぎり2個(具材はタラコと昆布の佃煮)
・水1.5㍑ 缶コーラ(350ミリリットル)2缶

自然を見ながら大きなおにぎりをほおばるととても嬉しい気持ちになります。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:11Comments(0)

2017年04月14日

桜、満開になりました②[鳥屋野潟公園]


本日(2017年4月14日)2本目の桜の記事です。

新潟市中央区の桜の名所である鳥屋野潟公園の満開の様子です。
毎年記事にしているので今年も写真撮影に行ってきました。

午後3時頃の鳥屋野潟公園です。

小さなこどもを連れた若い家族連れや老夫婦連れが目立ちました。
和やかにお花見を楽しんでいました。









もう数日は満開の桜を楽しめそうです\(^o^)/

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 20:52Comments(0)

2017年04月14日

桜、満開になりました(^o^)


今日も桜の話題です。

新潟の桜が満開になりました。
桜の満開とは新潟市中央区の鳥屋野潟公園内の気象台が指定する標本木の花が
8割以上咲いた状態をいうのです。13日にそれが確認されたので、新潟の桜が満開になった
というそうです。桜の満開は嬉しいですね。街中で桜だらけです\(^o^)/

今回紹介する満開桜の見所です・・・

それは新潟市東区にある東北電力新潟火力発電所構内の桜です。
火力発電所というのは普段は危機管理がされていて、人が近付いても警戒されるような場所です。
テロ対策等色々なことが考えられるので普段はピリピリしているところです。
そこの構内に咲く桜を構内を公開することで地域の人々に開放しているのです。
普段はお堅いイメージの東北電力ですが、粋なはからいだと思います。
もしかしたら毎年している行事なのかもしれませんが、私は初めて伺ったので
ブログで紹介しようと思いました。

東北電力新潟火力発電所構内の桜です。








満開に咲いています。
今日の新潟市は一日中快晴の予報です。気温も20℃くらいになるそうです。
絶好のお花見日和ですね。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 08:27Comments(0)

2017年04月13日

これも桜


ソメイヨシノ以外に現在新潟市中央区で咲いている桜です。
全てバラ科サクラ属の花です。

陽光桜です。
寒緋桜と他の桜を交配して人工的に作った桜です。
色が鮮やかで青空に良く映えます。
ソメイヨシノより若干早く咲くと言われていますが、新潟市内ではほぼ同時に咲くようです。
太平洋戦争前にこの桜を作った方は教師であったそうです。
戦争に向かう教え子に「生きて帰れ」という思いを込めていたそうです。
そういう意味では悲しい歴史と言われをもった桜なのかもしれません。
桜の花の如く、潔く散る。絶対に間違っています。一体だれも為に散ったのでしょう?尊い命です。
私の叔父に当たる人も20歳で特攻隊員として零戦で敵艦に向かい、桜と散りました。
戦前の間違った思想と間違った教育で棄てなくても良い命を捨てざるを得なかったのです。
あの戦争がなければ、あの間違った思想や教育がなければ、叔父も親類縁者同様に
東大で学び、日本の社会に貢献した人だったと思います。
この桜を見るたび、会ったことも見たこともない母親の弟を思うのです。
日本の社会が間違った方向に向かおうとしているように感じます。
戦前回帰的な思想がむくむくと芽を出そうとしているようです。
森友学園の問題でも閣僚の失言でもまた天皇退位の問題でも、なにか釈然としない
戦後民主主義に反するようなものを背中に感じます。
最も気をつけ無ければならない立場にあるのは政治家でしょう。
現首相は民主党政権を「間違った政治をした」と批判して政権につきました。
本当でしょうか?
私は民主党政権は失敗だったとは思いますが「間違った政治」などはしていなかったと思います。
間違っているのは現政権ではないでしょうか?
戦前回帰を画策するような政策を国民の理解を得ないやり方で進めようとしています。
とても危険な感じがします。一体私達の国をどこに導こうとしているのでしょう?
感極まって、大切な国民的集会で「天皇陛下万歳」と叫ぶような人が首相です。
その場には陛下もご臨席でした。一瞬でしたが陛下の顔が曇ったのを見て取ったのは
私だけでは無いと思います。
国民の監視の目が何より大切です。
そして、どこかの政権が間違った方向に進もうとした時に政権が入れ替わり
安心した安定した国家が維持される。というのが最も理想的だと思います。
次ぎの総選挙がとても楽しみでもあります。

陽光ザクラ


寒緋桜 花は下をむいて咲きます。大きく開くことはありません。



この花はアンズ(杏)の花です。バラ科サクラ属の花で桜と良く似ています。
アンズは梅よりも大きな実をつけるので嬉しい花です。
アンズはアプリコットのことです。
この花に良く似ているのが、意外かもしれませんがアーモンドの花です。
アーモンドもバラ科サクラ属です。花は良く似ています。
実際に新潟でアーモンドの花を見たのは、園芸店でだけです。
育てている方を知っていれば紹介して欲しいです。
実際に庭などで花が咲いているのを撮影したいものです。

アーモンドは梅の実の種に入っている「仁」と同じものを食用としています。
考えてみれば随分と手間のかかる食べ物ですね。

アンズの花


桜の花は種類が多様です。
もっと勉強して色々と知りたい越後OYAJIです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 12:01Comments(0)

2017年04月12日

春キャベツの「回鍋肉風」


春キャベツは柔らかくて美味しいですね。

キャベツには沢山の種類があります。今頃市場を賑わすのが「春キャベツ」と言われるものです。
「春キャベツ」と「冬キャベツ」は品種が違います。それ故に用途も違ってきます。
冬キャベツは巻きが固いので、ロールキャベツなどの煮込みに向きます。
春キャベツは柔らかいのでサラダ・浅漬け等に良く用いられます。

春キャベツを使って「回鍋肉風」に仕上げた「春キャベツの野菜炒め」です。
市販の回鍋肉の素を使い、にんにくと甜麺醤を追加して濃い味に仕上げました。

回鍋肉もどきですface03


★春キャベツ・玉葱。ピーマン・もやしで作りました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 21:15Comments(0)

2017年04月12日

ミモザ


ミモザがきれいに咲いています。

春の花は菜の花・タンポポなど黄色の花が目立ちますね。

ミモザはマメ科の植物です。房アカシア・銀葉アカシアなどの別名があります。
新潟市中央区内ではあまり見かけない珍しい花です。







マメ科の植物はたくさんあるのでこれからどんどん花を咲かせていきます。
ソラマメの花・アカシアの花・ハナズオウ・・・いっぱいあって書き切れません(^_^;)

ミモザの花言葉
「優雅」「友情」「秘密の愛」

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:02Comments(0)