2016年09月27日

これが噂の・・・・


これが噂の「うな次郎」です。

一正蒲鉾(株)が作った「うなぎのかば焼き擬き(もどき)」です。
擬き(もどき)とは本物に似せて作ったコピー商品のことです。
言い換えれば、擬きとは偽物のことです。

擬き商品を「コピー商品」という言い方もします。
「カニかま」が最も良い例です。「カニ風味かまぼことも言います。

今年の夏に一正蒲鉾(株)が販売を始めて、全国的に話題になりました。
越後OYAJIはへそ曲がりなので、すぐに買い求めて食べずに少しブームが去った今になって
購入して食べています(^_^;)(^_^;)(^_^;)

一正のうなぎかば焼き擬きの「うな次郎」です。


左が表面です。右が裏面です。うなぎの皮も上手にコピーしています。


こんな商品パッケージで販売されています。


食べてみました。確かによく研究されていて面白い商品です。
うまい不味いは個々の方の感想におまかせします。

今年の夏は、うなぎの量的不足で本物のうなぎかば焼きは高騰しました。
近畿大学などの研究で「うなぎの味」に近い「なまず」が養殖され、それのかば焼きが
話題になりました。それと同時にこの「うな次郎」も全国的に話題になったのです。

一正蒲鉾がこの商品を開発するのに7年ほどかかったそうです。
商品開発というのは地味な仕事なのです。

この「うな次郎」ができあがった背景には日本一の生産量を誇るカニかまの技術と
一正蒲鉾(株)が以前に開発した商品の「かりっこ」という鰯のチップスのような商品の技術が
大きな要素になっていると思われます。
一つ一つの小さな技術の積み重ねがヒット商品を生み出すのだと再発見した越後OYAJIです。

うな次郎のスーパーでの実勢価格は298円(税別)です。
このかまぼこ一枚が約150円ですから安くはないですね。

一度たべれば・・・次ぎは。。。というのが越後OYAJIの感想です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 07:34Comments(0)

2016年09月26日

辛子明太子


辛子明太子。御飯に合いますね。ついつい御飯を食べ過ぎてしまいます。

明太子とは「明太(ミンタイ)の子(卵)」のことである。
「明太」とは韓国語で「すけそうだら」のことです。
韓国では「すけそうだら」が最もおめでたい魚なのだそうです。日本で言えば「鯛」でしょう。
明太子は我々が知っている「タラの子」です。それを辛し漬けにしたのが「辛子明太子」です。



魚卵、大好きです\(^o^)/

なんと言っても「筋子」が一番。次が塩タラの子・辛子明太子です。
キャビア(チョウザメの卵)、からすみ(ボラの卵)は最高ですね。
真鯛の子やヒラメの子を炊いたものも美味しいですね。

辛子明太子をおにぎりの具にしています。
明太子の半腹分(タラコなどの魚卵では一対2本を「一腹」といいます)を入れた巨大おにぎりです。
それを海苔一枚分で包みます。御飯は一合以上使いますface10
天気の良い日にはそのおにぎりを2個もって、自転車で新潟市近郊を走り回り
写真を撮っているのです。楽しいですよ。。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 13:38Comments(0)

2016年09月25日

稔りの秋[新潟の梨]


梨がたわわに稔っています。

今年の新潟の果実は大豊作です。
大風の影響を受けなかったので、落果が少なく、その分のロス率が減ったのです。
出荷できる分が全てお金になるわけでは無いにしろ、農家の方の収入は良いと想像できます。

米も果物も豊作。うれしい秋です。

加茂市の果樹農家の梨です。
正式の果樹園での梨ではありません。商品用の梨は袋がかかっていて撮影できません。
この梨は自家用かかつて果樹園であったものかもしれません。
多くの実がなっています。





枝葉の剪定などもしていせん。その分葉からの栄養分が多く実に行き渡り
甘く美味しい梨になります。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 07:33Comments(2)

2016年09月24日

ミニカップ入りスィーツ[ティラミスプリンパフェ]


越後OYAJIのおやつです。

スィーツ大好きですface05face05face05icon06icon06icon06

100円~200円で買えるミニスィーツです。
今回はプリンを土台にしてティラミスケーキをパフェのようにしたお菓子です。



ティラミスといえば「スポンジ」と「マスカルポーネ」と「生クリーム」「チョコパウダー」で
作るイタリアのお菓子です。
基本形を守って低価格でそれなりに満足できるものを作っています。
メーカーの努力に拍手!!!です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 19:48Comments(2)

2016年09月24日

稔りの秋[名残の桃の実=白根白桃]


新潟での桃の最盛期は8月上旬からお盆の頃までです。

秋になって最晩生の桃が稔っています。
白根白桃です。

新潟では最晩生の桃で出荷用としてはほとんど栽培されていません。
山梨県などの桃の大産地では、この桃を贈答用の高級品として栽培されているようです。

実が締まって堅いのですが、完熟しても形が崩れず香りの良い桃です。





新潟の最後の桃。いただきました。糖度が高く、香りも良い美味しい桃でした。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 08:14Comments(2)

2016年09月23日

黄色のケイトウ


黄色のケイトウです。

夏の終わりから秋の初めの花ですが、ところどころで見ることができます。





黄色のケイトウは珍しいですねface02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 18:42Comments(0)

2016年09月22日

カラフル野菜


カラフルな野菜を使った「野菜炒め」です。

赤パプリカ、黄色パプリカ、グリーンパプリカ、胡瓜を使った野菜炒めです。



カラフルパプリカです。


胡瓜から炒めていきます。


パプリカを加えて、塩胡椒とオイスターソースで味をつけます。最後に胡麻油です。


この彩りのよさに惹かれて御飯が進みましたface02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 22:20Comments(2)

2016年09月21日

秋の桜並木[桜の舞う道]


春にあれだけ心わくわくさせる花を咲かせる「桜」

秋が深まれば紅葉します。

まだ紅葉の時期には早いですが、各地の桜の名所の様子を見たいと思い、写真にしました。

江南区の通称「さくらの舞う道」です。
県道1号線と農道とを結ぶ道に「陽光桜」が並木になっています。







4月の中旬に満開になる桜でこの道は「桜色」に染まります。
それはそれは感動の光景です。

まだ葉は青々としています。
これから、この葉が紅葉すると美しいですね。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:09Comments(4)

2016年09月21日

秋のフウセンカズラ


フウセンカズラも色づいています。

この形から「ホオズキ」の仲間かな?と思ってしまいます。

ホオズキはナス科の植物ですがフウセンカズラは
ムクロジ科フウセンカズラ属の一年草です。

花の時期は夏ですが、秋口のこの実を愛でるために鑑賞用として栽培される植物です。





この中に種が入っています。黒をベースに白いハート型が描かれているような種です。
お猿さんの顔にも似ています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 07:54Comments(2)

2016年09月20日

身欠きにしんの焼き物


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

ソフト身欠きにしんを焼いて食べました。
身欠きにしんとは、にしんの加工品で内臓と頭などを取り除いて(身を欠いて)乾燥させたものです。
本来はカチカチに固い物です。それを水で戻して料理に使います。

昔、北海道で水揚げされたにしんを、日持ちするように加工乾燥して
「北前船」で全国に届けました。昆布なども北前船で運ばれました。
北前船は北海道の海産物ばかりではなく、日本海側の特産品を数多く全国に
広める役割をしました。新潟にも佐渡にも寄港して新潟に北海道の物産品を届け、
新潟から関西方面に新潟米などを届けました。また関西から色々な文化が新潟に
届けられました。

海の無い京都では身欠きにしんは貴重な海産物で、これを使って色々な料理をつくりました。
「身欠きにしんの甘露煮」や「佃煮」さらにそれを発展させた「にしんそば」などです。
京料理らしい、「はんなり」とした「日本料理」だと思います。

さて今回焼いた身欠きにしんは「ソフト身欠き」と言われるものです。
現代は加工技術が優れているので加工工場で「半乾き」にしてそれを冷凍して出荷しています。
それを「ソフト身欠き」というのです。カチカチの身欠きにしんは「本乾(ほんかん)」といいます。

焼いて食べるとほのかな塩味で美味しいです。


越後OYAJIはこのソフト身欠きを使った甘露煮も大好きです。

季節感の無い食材はいつでも使えるので「惣菜」にはうってつけです。

にしんが北海道で大量に捕れたのは戦前までです。その後日本近海ではにしんが
殆ど捕れません。最近ではアメリカ・カナダなどの北太平洋で漁獲され、現地で加工されたものを
輸入してスーパーなどで販売しています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 16:23Comments(2)

2016年09月20日

稔りの秋[りんごの実]


真っ赤なりんご。 美しい。

秋の青空に「真っ赤なりんご」はよく映えます。







思いっきりかぶりつきたいですねface02face02face02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:08Comments(2)

2016年09月19日

やきめし


炒飯ではありません。

やきめしです。
 
YA・KI・ME・SHIです。なに何気取ってるんだょ~ と、つっこみが入りそう。

炒飯とやきめしのどこが違うんだ・・・・

特別な意味はありません。
写真を見て「これは炒飯だな」と思う方は、どうぞそう思ってください。

炒飯というのは強い火で炒めるというより「あぶり焼く」というイメージです。
家庭用のガスレンジで作る「やきめし」は「炒める」や「あぶり焼く」というのとは
全く次元の違う食べ物です。

それ故にこれは「やきめし」です。・・・ということでした(#>o<#)・・・



やきめし・ミニ塩ラーメン・ザーサイ・胡瓜漬け

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 19:11Comments(0)

2016年09月19日

稔りの秋[ナツメの実]


定点観察している「ナツメ」です。

今年も実をたわわにつけました。

ナツメの実が色づいてきました。
これからもっと色が濃くなっていきます。
濃い焦げ茶色になります。





熟して濃い焦げ茶色になったものを乾燥させます。
ドライフルーツとしてのナツメは「アンチエイジング効果」があるとされています。

ナツメは漢方薬でもあります。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:21Comments(0)

2016年09月18日

ヤブラン


ヤブランがさいています。秋に咲く花です。

紫の小さな花が魅力です。すっと立つ姿は凛々しいです。

庭では日陰を好むので、庭木の陰などで育つ花です。

ランという名前がついていますがランの仲間ではありません。





ヤブランの花言葉
「謙虚」「隠された心」「忍耐」

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 07:53Comments(0)

2016年09月17日

かぼちゃのサラダ


秋になって野菜が美味しくなっています。

よく熟したカボチャをサラダにしました。

皮をむいて、塩茹でして、熱いうちにつぶします。それをマヨネーズで和えます。
塩胡椒で味を調整します。

新潟は決してカボチャの産地ではありません。
しかし、おいしいカボチャが生育します。
今回のカボチャは南区の農家で生産されたものです。
甘味が強く、北海道カボチャのようにホクホクしたカボチャです。



越後OYAJIはカボチャサラダには他の具はいれません。
ただし例外もあります。
今回はカボチャの美味しさに惹かれて具はいれませんでした。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 18:19Comments(0)

2016年09月17日

稔りの秋[イチョウの実]


稔りの秋です。

イチョウの実です。色づいています。
葉はまだ青々としています。葉が黄葉してくると実も熟してきます。

この実の中の種(たね)が「ギンナン」です。
その「ギンナン」の仁(じん)が私達が食用にする「ギンナン」です。

もうすこしで完熟します。





完熟すると自然に落果します。それを踏んづけてしまうと・・・・・

稔りの秋、目に留まったいろいろなものをブログにアップしようと思います。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 07:55Comments(2)

2016年09月16日

越後OYAJIの「きまぐれラーメン」


越後OYAJIの自家製・自己流ラーメンです。

かっこよく「気まぐれラーメン」などと銘打ちました(#>o<#)

冷蔵庫にあった残り物で作った自己流ラーメンです。

スープはストックしていたものを混ぜ合わせたものです。
味もラーメン用の「味噌だれ」と「醤油だれ」を使いました。中途半端に残ったものです。
麺は中太麺1玉と細麺1玉を混ぜて使いました。これも中途半端に冷蔵庫に残っていたものです。
具も冷蔵庫の残り野菜です。チャーシューも切れ端を使い、ウィンナーもあったのでのせました。

◆スープは鶏ガラスープと昆布出汁のWスープ
◆味は「味噌だれ?」+「醤油だれ?」
◆麺は2玉 「中太麺1玉」+「細麺1玉」
◆具は白菜・もやし・たまねぎ・チャーシュー・ソーセージ・細青ねぎ



見るからに「きまぐれ」でしょ☆☆☆face02face02face02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 18:23Comments(0)

2016年09月16日

コシヒカリの刈り入れ


新潟県の主力品種「コシヒカリ」の刈り入れが最盛期です。

昨日は新米の初出荷がニュースになっていました。うれしい季節の到来です。

今年は大豊作!!! 農家の方の作業する顔にもうれしさがあふれているようです。







コンバインによる刈り入れ作業。機械化により随分と省力化されています。
農作業には疎い越後OYAJIです。毎年、コンバインが動く様子を不思議な思いで見ています。
もし、これだけの作業を人の手でしたら、どんなことになるのでしょう?
コンバインや田植え機のような謂わばロボットのような機械が出現したおかげで
農作業に革命がおこりました。越後OYAJIにはこの機械が天から舞い降りた天使達が
人の手に変わって作業をしているように見えてしまいます。

新潟市近郊の田んぼでは多くの機械が出ています。農家の方も総出で作業をしています。
この週末は農家の方の家族なども総動員で稲刈りでしょう。

うれしい。うれしい。コシヒカリの稲刈りです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 08:11Comments(2)

2016年09月15日

中秋の名月-2016年9月15日(木)


本日十五夜です。

♬♪うさぎ、うさぎ、何見てはねる? 十五夜お月さん見てはねる~♪♫♬

すすきに月見団子を用意してお月様を愛でる。
そんな昔がありましたね。。。。







9月15日といえば昔は「敬老の日」でした。
パッピーマンデーということで国民の祝日・休日をずらしたので今年は
19日(月)が敬老の日です。昔人の越後OYAJIには9月15日が敬老の日である。
というのが身に染みているので何か違和感があります。

敬老の日はお年寄りを敬い、過去を振り返り、お年寄りの生き方を学ぶ日である。
お年寄りは戦争を経験したりして、何より平和の大切さを知っています。

越後OYAJIもOJIJIですが、まだまだ若造OJIJIです。
先達の生き方に敬意を払い
これからも日本の平和を維持できるように微力を尽くしたいと思っています。

お月様。月面は人類のものです。誰のものでもありません。
つまり月面では戦争や争いは存在しないというのが大原則です。

十五夜に地球と月の平和を祈念したいも思います。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 21:28Comments(2)

2016年09月15日

遊歩道が整備されて


信濃川右岸のやすらぎ堤。遊歩道もどんどん整備されています。

新潟県庁を背に河口方向にカメラを向けています。

舗材も良く考えられていて、とても歩きやすいです。

対岸は河口部である、新潟市歴史博物館あたりから、関屋分水あたりまで
ほとんど整備されました。
此岸である右岸はまだまだ工事が進められていて、
信濃川河口から関屋分水までやすらぎ堤が整備されるようです。





秋の雲。清々しい気分です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 09:21Comments(2)