2017年03月23日

ソメイヨシノの花芽


まだまだ蕾はかたいですね。

やすらぎ堤遊歩道のソメイヨシノの花芽です。

本日3月23日、新潟地方気象台によると開花は4月8日ということです。
まだ17日あります。今日現在では花芽はこの程度でしょうか・・・





東京は開花しました。またソメイヨシノ以外の早咲きの桜は県内でも咲いています。

桜は心を浮きだたせる日本人の宝だと思います。

本日3月23日です。昔はこの日が春分の日だったと思います。
ハッピーマンデーの導入で春分の日が動いてしまっています。
春分の日は農耕に関係していたり、彼岸の中日として生活に関わりのある日です。
誰かのご都合で祝祭日が動くというのは、なんだか違和感があります。今さらですが。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 09:56Comments(0)

2017年03月22日

ラーメンライス\(^o^)/


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

ラーメンライスです\(^o^)/

ラーメンライス大好きです。

日本人は麺類が好きですね。麺料理を汁ものとしてごはんも食べる。
これぞ、日本人という食べ方だと思います。

日本食の基本は一汁三菜です。汁ものが一品。これは味噌汁などを指します。
香の物が一品。これは漬け物等を指します。それにおかずが二品。
メインの副菜となる焼き魚や煮魚などです。
そして野菜を中心としたおかず。これは野菜煮やおひたしなどです。
これが基本になります。
主食であるご飯はこの中には含まれていません。

さてラーメンライスです。
主食のご飯がついています。ラーメンのスープが汁です。麺は主食と同じ役割です。
ラーメンの具のチャーシューやメンマ、かまぼこや海苔などはおかずに相当すると思います。

越後OYAJIのラーメンライスです。

ラーメンは醤油ラーメンです。
ご飯はコシヒカリご飯です。



栄養のバランスを考えて青菜のおひたしを添えました。
小松菜・水菜・三つ葉・空心菜・ホウレンソウを各一把ずつ茹でてから「貝柱の缶詰」と「カニの缶詰」
で和えたのがこのおひたしです。ホタテ缶とカニ缶を使っているので高級おひたしですface03


ラーメンライスはジャンクフードでしょうface10
それをごまかすために「一汁三菜」になっているなどとこじつけました。
きっと身体に良い食べ方では無いと思います。
管理栄養士の山下君に見つかると叱られると思います。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 21:06Comments(0)

2017年03月22日

まだ山には雪


本日3月22日。

春の彼岸の中日も過ぎたのに越後連山にはまだ多くの雪が残っています。
この光景をみるのは大好きです。越後の豊かさの象徴のように感ずるからです。

あの山々に蓄えられた雪がこれからどんどん融けて水となり新潟平野を潤します。

その雪融け水は栄養豊富で新潟平野の田んぼに恵みをもたらせてくれるのです。







農家の方は春作業の準備に大忙しです。
田起こしも始まります。
その後、田んぼにこの山々からもたらされた水がたっぷりと蓄えられます。
新潟の田んぼから日本食の基本である"お米"が沢山とれるというのは嬉しいことですface02

豊かな水の源になる雪をたっぷりと蓄えてくれる雄々しい越後連山が神々しく見えます。
感謝の気持ちで眺めています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:23Comments(0)

2017年03月21日

福寿草


福寿草が咲いています。

春一番に咲く花としておめでたい花とされています。
「福寿草」という名前もそこから来ています。

フクジュソウはキンポウゲ科の多年草です。

この植物は「毒性植物」です。
根は猛毒です。葉にも毒があります。
新芽をフキノトウと間違えて食べたり、新葉をヨモギと間違えて食べる誤食で
食中毒も発生しています。最悪の場合は死に至ります。
花を観賞している分にはなんの問題もありませんが、触ったら手を洗う等の気遣いは必要です。

きれいな福寿草です。




福寿草の花言葉
「永久の幸福」「祝福」

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 07:53Comments(0)

2017年03月21日

クロッカスとハボタン


クロッカスとハボタンです。

クロッカスは「ようこそ、春ですよ」と語っているようです。

ハボタンは冬の花の少ない時期に存在感を示していました。
冬が終わりを告げると同時に最後の生命力を発揮して背伸びしているようです。

クロッカスです。白・紫・黄色などいろいろな色で楽しませてくれます。




ハボタンです。キャベツの仲間なので茎が成長して背が高く見えます。




いろいろな意味で入れ替わりの時期です。春ですね。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 07:45Comments(0)

2017年03月20日

夕食


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

夕食です。こんな食べ方をしています。

「うどん」と「こしいぶきご飯」、白菜の漬物、刺身のようなもの、大根煮、てんぷらのようなもの等々
右上にちらっと移っているのはバナナにホイップクリームをのせたものです。



なんだか訳の判らない食事をしている越後OYAJIですface10

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 19:11Comments(0)

2017年03月20日

夏みかん


夏みかんの実です。

夏みかんは夏に花をつけて秋には実をつけます。
それが完熟するのが今頃なのです。

売りものにするものはさらに追熟して市場に出ます。

冬みかんが終わった今頃に柑橘類好きには楽しみな果物です。
写真の品種はよくわかりません。夏みかんと言われるものは沢山の種類があります。

越後OYAJI的には「はっさく」という種類の夏みかんがこどもの頃から耳になじむ名前です。
「はっさく」とは「八朔」と書き「八月朔日(はちがつ、ついたち)」のことです。
その頃に花が咲くのでつけられた名前だそうです。







酸っぱいものが苦手な越後OYAJIは夏みかんを食べるということはほとんどありません。
近年で夏みかんを食べた記憶がありません。。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 08:14Comments(0)

2017年03月19日

北極星スコープ


新潟市北区松浜にある「あかしあ公園」に設置されている「北極星スコープ」です。

この穴から覗くと丁度北極星が見える仕組みになっています。
北極星は動かないのでいつでもこの位置で観察できる仕組みです。





下の穴はこどもの観察用、上の穴が大人が観察するのに丁度良い位置にあります。


面白いものがあるものですねface02

今日、明日は天気がよいので興味のある方は松浜まで足を運んでください。
あかしあ公園は眺望が良いですよ。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:20Comments(2)

2017年03月18日

春みっけ!!![ユキヤナギ]


ユキヤナギの新葉です。

これから真っ白な花をたくさんつけます。

身近な植物ですが、この新葉を見つけると春を感じます。

2月中や3月の初めには新芽が膨らんでいました。

ユキヤナギはバラ科シモツケ属の落葉低木です。
原産地は日本のようです。

ユキヤナギの花言葉
「殊勝」「愛嬌」





本日の新潟市も暖かい一日になりそうです。
条件のよいところでは一輪二輪と花が咲いてくると思います。

桜の時期に満開になります。真っ白な大量の花がふさふさと風に揺れます。

今日から亀田の「梅まつり」がはじまります。
どんどんと色々な花が咲き出します。春を感じます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:11Comments(0)

2017年03月17日

弁当


こんな弁当を食べてました。

色々な内容の食材を詰めて弁当にしました。

休日にこの弁当をもって、日帰り入浴施設に出かけ、大きな風呂に入り
読書をしてNHKラジオを聴き、弁当を食べて過ごしました。

心も体も解放されるときです。私は「大食らい」なので沢山食べるのがストレス解消ですface03



icon28卵焼き・鯖焼き・竹輪・ソーセージ・さつまいも天・ハムカツ・ミニメンチ・生姜の味噌漬け


icon28 (左)白菜漬け・大根漬け            (右)きんぴら・かぼちゃ煮・メンマ煮


icon28 (左)ふりかけコシヒカリご飯          (右)デザート[ホイップクリームを添えた小豆煮]


◆そば茶500ml  コーラ350ml 3本 水1㍑

デザートのつもりで小豆煮をホイップクリームを添えました。
しかし、写真では何だかよくわからない食べ物になってしまいました(^_^;)

半日ですがゆっくりとしてきました。この弁当以外にお菓子を食べました。
相変わらず食べ過ぎです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 19:48Comments(4)

2017年03月17日

枝垂れ梅


八重咲きの枝垂れ梅です。

濃いピンクの花がとても美しいです。

2月から3月にかけて咲く梅の花。白やピンクの花をさかせます。
枝垂れの梅は新潟市内では珍しいです。

美しいですface02




この木はあまり手入れがされていません。
手入れをすると枝垂れ梅は得も言えぬすばらしい"景色"をみせてくれます。


梅はバラ科サクラ属の落葉低木です。
桜に先立って咲きますが、どうしても地味な存在です。
桜が咲くとその華やかさに負けてしまいがちですが、
この時期に私達の目と心を楽しませてくれます。

枝垂れ梅の花言葉「華やかさ」「柔らかさ」「気品」

梅の花で言えば、亀田の藤五郎梅の花が咲き出しています。
明日から亀田では「梅まつり」があります。梅の花の回廊をまわるのは楽しみです。
さらに6月には藤五郎梅がたわわに実をつけます。それも楽しみです\(^o^)/


えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:02Comments(0)

2017年03月16日

ハンバーグ


最近ハンバーグをよく食べる越後OYAJIです。



元々ハンバーグを食べ物としてあまり評価していない私が
何故ハンバーグをたべるようになったのか?

私自体が良く判らないのです。OJIJIになって食嗜好が変わったのでしょうか?

今回のハンバーグは形になってスーパーで売っているものです。
そういうものは大概硬くて、味もあまり良くない。という強い印象がある越後OYAJIです。
しかし、この商品は柔らかく、専門のお店のハンバーグとあまり変わらないのです。
それをフライパンで焼いただけです。

ソースは缶詰のデミグラスソース(ハインツ社製)に甜麺醤と濃口醤油・みりん・砂糖を加えた
越後OYAJIの好きな自己流ソースです。

さらにたっぷりとソースをかけました。


ご飯によくあうハンバーグです。

美味しくいただきましたface02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 18:37Comments(2)

2017年03月16日

飛行機


新潟市北区を通っていると新潟空港を離発着する飛行機に出会いました。

高速で飛んでいく飛行機を通常で撮影するのはなかなか難しいです。

それでもどうにかカメラでとらえることができました。

新潟空港の近くへ行くと飛行機が離発着するたびにものすごい轟音が聞こえます。
周辺住民はこの音を聞きながら生活しているのだから「大変だなぁ」と思います。

飛行機の撮影ができるとうれしくなります。









飛行機を撮影して、ふと気がつくと「まんさくの花」が咲いていました。
満開のまんさくです。


えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:17Comments(0)

2017年03月15日

いわしの刺身


スーパーで丸々と太った真鰯が売られているのをご存知ですか?

あぶらが乗っていて、焼いても煮ても最高に美味しいです。

冬の冷たい水の中で脂肪をたっぷりと蓄えて、さらに産卵を控えているこの時期は
最高に美味しいイワシをたべることができる時期なのです。

越後OYAJIにとっては待ちに待ったこの時期です。

丸々と太って白子や卵を抱えたイワシを刺身にして食べました。



「イワシも七度洗えば『鯛の味』」という言い方があります。
イワシのような下魚でも扱い方が良ければ最上位魚である「鯛」に引けを取らない美味しさがある。
という意味で使われる言い方です。

しかし、私はこれは間違っていると思います。
イワシはイワシなのです。何度洗っても鯛にはなりません。

それどころか、元々イワシは鯛に負けてなどいないのです。次元の違う話でしょう。
最高のイワシは何よりも美味しいです。それは季節という日本にある天からの恵みが
大きく関わっています。今の時期のイワシは時期が終わったブリよりも遙かに美味しいですし
これから旬を迎える日本海の真鯛はそれはそれは最高に美味しいです。

時期のものを時期のものとしていただける。最高の幸せです。

このイワシの刺身を食べていて、日本人に生まれて良かった。
とつくづく思う越後OYAJIでした。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 17:49Comments(0)

2017年03月15日

阿賀野川河口


冬の終わりが近い大河阿賀野川の河口の様子です。

松浜橋上で撮影しました。

松浜橋では阿賀野川と日本海が一体になっています。
新潟空港への誘導施設が橋に並行して設置されています。
この時期は春鱒の捕れる時期です。河口には定置網が仕掛けられていました。


ワイド画像です。阿賀野川河口はとても広いです。
通常撮影では全体を写すことはできません。
ワイド撮影機能でも全てを写すことはなかなか難しいのです。
空と海が真っ青で一体化しています。とても天気の良い日に撮影できました。


河口の反対側です。遠くの山は五頭連峰です。
手前の橋はJRの鉄橋です。その次ぎにあるのが「ござれや阿賀橋」です。
さらにその上流には新々バイパスの橋があります。


阿賀野川はでっかいです。河口は広いです。
汽水域で色々な魚がとれます。特にこの時期では春鱒です。
松浜の砂浜には今では貴重な「ハマボウフウ」があります。

阿賀野川は豊かな水と会津方面からの文化、さらに江戸からの文化や物資を
新潟にもたらしてくれました。恵みの大河なのです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 07:34Comments(0)

2017年03月14日

お赤飯


越後OYAJIが作ったお赤飯です。

真っ赤です。

餅米を研いで、食用色素(食紅)を入れた水で30分浸します。
それを炊飯器で炊きあげたお赤飯なのです。

明らかに食紅の量を間違えて色が濃くなりすぎています。

しかし、私がこどもの頃に母親が作ってくれたお赤飯はこんな赤飯でした。

今回は小豆を使いました。こどもの頃に食べた赤飯には甘納豆が入っていました。

小豆が余っていたのと古米の餅米があったので「えい!やっ!!!」という勢いで作ったのです。

お赤飯に生姜の味噌漬けを添えました。
こどもの頃は真っ赤な紅ショウガが添えられていました。
最近真っ赤な紅ショウガを見かけなくなりました。



今回使った食紅は食用色素102号という赤色の色素です。タール系の合成色素です。
新潟市南区にある老舗食品会社が製造しているものです。

食品添加物としての合成食用色素は食品衛生法で指定されたものだけを使うことができます。
ポジティブリストで指定された12種類の合成色素だけが使うことができるのです。
また食品安全委員会では天然由来であったり合成であったりする食用色素の安全検証を
科学的に再試しています。現在法律で指定されているものは科学的に安全といえるのです。

私はそれを信頼して食紅を使いました。その方が色合いがよく食べやすいと思ったからです。
しかし、実際には色素の量を間違えて真っ赤にしてしまったのです。

勿論これくらいの間違いでは健康に及ぼす害はありませんが・・・
他人様に食べさせることはできません。勿論全て私が食べました。。。。。
というより、私は餅米が大好きなのです。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 20:58Comments(2)

2017年03月14日

春みっけ!!![モクレン]


モクレンの芽です。

ふわふわとして軽やかで、暖かい感じがします。

本日3月14日、だんだんと春に近づいている実感があります!!!





紫木蓮、白木蓮など庭木として人気です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:15Comments(0)

2017年03月13日

高菜ラーメン


越後OYAJIの自家製・自己流ラーメンシリーズです。

カラシ菜の一種である「高菜」を使ったラーメンです。
高菜は九州が本場のようで、九州では好まれて色々な使い方があります。

越後OYAJIも高菜が好きで、よく購入します。醤油漬けはそのまま食べます。
また古漬けは油炒めなどにします。

さて今回はこの高菜を使ったあんかけラーメンです。

◆スープは鶏ガラと煮干しのWスープ
◆麺は極太麺
◆味は醤油味
◆具は高菜・豚挽肉・メンマ



今回は高菜の醤油漬けを使いました。しかし、本当は塩漬けを使いたいのです。
塩漬けを使った場合は肉は豚バラ肉になります。また味は高菜から出る塩味で充分です。
スープは鶏ガラスープだけです。この方が上記のラーメンより数段美味しいです。
しかし、しかし、しかし、、、、残念なことに高菜の塩漬けが手に入らないのです。
東京の食材専門店で探したことがありますが、それでもありませんでした。
勿論新潟では手に入りません。
執念を燃やしていつか手に入れて「塩味の高菜ラーメン」を作りたいです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 17:29Comments(2)

2017年03月13日

春を待つ萬代橋の周り



本日おだやかな天気です。気温も上がりそうですね。

春を待つ、春の準備を少しずつしているかのような"萬代橋"の周辺です。

信濃川もおだやかに流れています。

桜の芽もだんだん大きくなってきました。

やすらぎ堤はまだ土色ですが、暖かさとともに緑色へと変わっていきます・・・







萬代橋は新潟市民の誇りです。

この周りが整備されて市民の憩いの場になることは素晴らしいことです。

大河信濃川とこの萬代橋を維持してきた方々に感謝の言葉を贈りたいです。

ありがとう。。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 09:51Comments(0)

2017年03月12日

ヤブツバキ


椿の花が咲いています。

同じツバキ科のサザンカと共存して咲いています。

しかし、椿の方が存在感があります。

サザンカは秋から咲き始め、この時期には勢いが無くなっています。
今年の秋までゆっくりと休む時期になります。

♬♪椿咲く、春なのに、あなたは帰らない~♪♫
この曲を聞くと春と椿は切り離せないのだと思います。。。。





新潟県の木は「雪椿」です。雪椿はこのヤブツバキの近縁種です。
この2種を使った園芸種がたくさんあります。

椿は品のある素敵な花です。茶花としては人気の花です。
茶室に一輪の椿が飾られると、季節感ばかりではない何か神々しいものを感じます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 07:52Comments(0)