2016年12月09日

ライトアップ[東京スカイツリー]


ライトアップされた「東京スカイツリー」です。

美しいですね。。。。
ただただ魅了されていました。









いつも遠くから見るだけか、下から仰ぎ見るだけです。
一度も登ったことはありません。。。。
いつかスカイツリーから東京をみおろしたいと思っています・・・・・。。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 20:28Comments(0)

2016年12月09日

罰当たりな!!!


福島県でお地蔵様の石像が破壊される事件が続発しているそうです。

ニュースで大きく取り上げられています。

とても不遜なことだと思います。

福島の地域の方々がインタビューに答えて「犯人よ必ず罰が当たるぞ」と言っていました。

新潟では地蔵尊信仰が高く、至る所にお地蔵様が祀られています。

お地蔵様は三途の川を渡った亡者をお釈迦様の元に案内する、
頼りになる仏様として信仰されているのです。

ちいきの方々が大切に世話をしている光景をよく目にします。
特別な宗教的信仰というより、地域の伝統や絆を守る象徴となっています。

犯人は特別な思いで犯行に至ったのかよくわかりません。
宗教によっては「偶像崇拝」を禁じているものもあります。
そういうものに感化されたのなら、恐ろしいものがあります。

写真は石仏です。
新潟ではお地蔵様と同様にこのような石仏を大切にしています。
地域の方々が大切にしているのです。
昨日、新潟市南区で撮影しました。



ほこらを作ったり、花を飾ったりして大切に大切にしています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:14Comments(0)

2016年12月08日

食べまくりました[朝マック]


新潟市内に店舗があっても普段なかなか利用しない食べもの屋で
好きな物を食べまくりました。

車で移動していて、朝になったので暖かいコーヒーを飲みたくなりました。

今回は「朝マック」を選びました。

ホットコーヒーとハンバーガーのセットです。
ハンバーガーは「ソーセージエッグマフィン」です。
コーヒーとのセットで300円です。





普段はマクドナルドを利用することほとんどありません。

30代の頃は徹夜仕事をした朝などは「朝マック」を食べていました。
やはりコーヒーを飲むのが目的でしたる
その当時によく食べていたのが「ソーセージマフィン」でした。

懐かしくいただきました。

若い頃は徹夜仕事ができたてのですが、今はOJIJIですface10

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 21:45Comments(0)

2016年12月08日

聖地巡礼[寅さん像と柴又駅]


映画「男はつらいよ」が大好きな越後OYAJIは「寅さん」ゆかりの地「柴又」を訪問しました。

今回は映画にちょくちょく出てくる場所(聖地)である「柴又駅」です。

駅前に寅さん像が建っています。

これから旅に出るところでしょうか? それともふらっと柴又に戻ってきたところでしょうか?







映画「男はつらいよ」の撮影から随分と時間が過ぎました。
京成電鉄柴又駅も撮影当時とは随分とかわっています。
しかし、映画ファンにとっては「聖地」なのです。


駅前に立ち食いそば屋があります。下町の濃い味の立ち食い蕎麦はとても美味しいです。

昭和を描き続けた映画「男はつらいよ」

昭和世代には懐かしい思い出の映画です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 10:09Comments(0)

2016年12月07日

暖かそう(綿羊)


昨日初雪を観測した新潟です。

綿羊が放牧されていました。

とても暖かそうな「毛」に覆われています。
羊さんのモコモコの毛を越後OYAJIにも分けて欲しいですface02face05icon01face02

草の少ない時期です。
それでも一生懸命に草を探して食べている綿羊です。







ほんとに暖かそうだなぁ

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:35Comments(0)

2016年12月07日

初雪観測


新潟地方気象台は昨日(12月6日)、新潟市で初雪を観測したと発表しました。

確かに昨日は雨模様で寒い一日でした。

時期的にも初雪が観測されて当たり前ですね。。。。

今朝も随分と冷え込みました。

重い、重い雪雲です。
弥彦山・角田山の上にどっかりと乗っているようです。



雪は大きな恵みを与えくれる、天からの贈り物です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:29Comments(2)

2016年12月06日

炭水化物+炭水化物ON炭水化物の食事


越後OYAJIの食事です。

炭水化物づくしの食事です。

・炒め飯(いためめし-チャーハンではありません)
・餃子
・ひもかわうどん
・茹でたこ頭



がっつりと炭水化物を体内に取り入れました←←←バカ食いしただけやろ!!!(#>o<#)

たこ頭は山葵醤油マヨネーズでいただきました。

相変わらずバカですねぇ~face10

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 18:31Comments(2)

2016年12月06日

聖地巡礼?


聖地巡礼とは最近はやりの映画やテレビドラマなどに縁のある場所を訪ねることらしい。

ここ数年の流行語かな?

本来の「聖地巡礼」とは、
宗教上の義務観念によって、または加護・恩恵を求める目的で、
聖地または本山所在地を順次に参拝すること。札所の巡礼。
イスラム教徒のメッカ巡礼、キリスト教徒のパレスチナ巡礼の類。(広辞苑より)

しかし、ここで使われる聖地巡礼はまるで意味が違います。
映画やアニメに出てくる場所を訪ねて写真を撮り
ブログやインスタにアップするのが目的の行為を言うらしいです。

OJIJIの越後OYAJIも若い人の真似をしてみました。

ブログの読者みなさんにおなじみの映画「男はつらいよ」にまつわる聖地巡礼です。

まずは「柴又帝釈天」です。

正式には日蓮宗のお寺で「経栄山 題経寺」といいます。

ご本尊は「大曼荼羅」ですが、「帝釈天」を彫った「板本尊」が有名になり
題経寺と言えば「帝釈天のお寺」と言われるようになったということです。

映画「男はつらいよ」で主人公「寅さん」に関係があるお寺であり
全作品の中にでてくる、この映画にとって象徴的な場所です。

柴又帝釈天


この場所で寅さんがチャンバラをするシーンなどがありました。


ボランティアガイドの人が熱心に案内していました。佐藤我次郎さんを意識しているようです。


題経寺は装飾彫刻のお寺としても有名です。


柴又帝釈様に何度も訪問しています。
2~3年に一度のペースでいままで数度訪れています。
そして行くたびに新しい発見をしています。

「柴又駅」や「寅さん記念館」にも行きました。
別の記事にしてブログにアップします。
興味のあるかたはお楽しみに。。。。。

映画「男はつらいよ」をレンタルDVDで全作品、繰り返し繰り返し見ている越後OYAJIです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:05Comments(2)

2016年12月05日

食べまくりました[長崎チャンポン-リンガーハット]


新潟市内に店舗があっても普段なかなか利用しない食べもの屋で
好きな物を食べまくりました。

最初はリンガーハットの「長崎チャンポン」です。

リンガーハットの長崎チャンポンを初めて食べたのは
2006年に九州に行き、佐賀県のお店で食べたのが最初です。

その後関東一円にお店があるので数度食しました。

新潟市内にも河渡とイオン新潟南に店があるのですが、利用したことはありません。

リンガーハットは随分と進化していて、食材はほとんど「国内産」でまかなっていますし
調理オペレーションも最新の技術を駆使しており、誰が厨房にはいっても一定の品質を保つことが
できる仕組みをつくりあげました。
レベルの高い味を、いつでも、どこでも一様に味わうことができるのです。

基本の長崎チャンポン(620円)です。

この商品は国産野菜を255g使っています。基本形は麺が200gです。
しかし、リンガーハットでは麺の増量を無料にしています。
これは面白い取り組みだと思います。
お得感を演出するのには抜群のやり方だと思います。
通常は麺が200gです。1.5倍の300g、2倍の400gでも好きな量の麺を無料で選べるのです。

麺好きな越後OYAJIは躊躇なく麺2倍(400g)を選びました。



麺400g野菜255g、他の具材、スープを完食しました(左) おなじみの看板・ロゴ(右)


数年ぶりにリンガーハットの「長崎ちゃぽん」を食べました。
大満足でした。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 13:24Comments(2)

2016年12月05日

今シーズン初の雪


今シーズン初の「雪」との出会いです。

「国境(くにざかい)の長いトンネルを抜けると『雪国』だった」(川端康成「雪国」)

そんなイメージです。





遠い山は雪で覆われていますが、里山には雪はありません。


湯沢町・南魚沼市あたりで撮影しました。
スキー場にも雪がありましたが、まだ滑れる状態ではありませんでした。


新潟市の初雪はまだです。

今日、明日あたりで天気予報に「雪マーク」で出ています。
本日の気温はこの時期にしては高めです。
新潟市でも初雪があるのでしょうか?


えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 12:51Comments(0)

2016年12月04日

ラーメン越後流[燕・三条系ラーメン(新潟市「中華亭」)]


新潟市中央区笹口にある「中華亭」です。

昔ながらの燕・三条系中華そばを食べさせてくれます。
背脂たっぷりで麺は太麺でうどんのような食感。スープは煮干しが良く効いています。

中華亭の中華そば650円です。


麺は太麺です。


メニューです。


お店の外観です(左)                    看板、壊れています(右)


5年ぶりくらいで訪れました。若い頃はよく通った店でした。
店主が年をとったので、味は随分と落ちています。しかし、元々がレベルの高い味だったので
現在低下しても他のラーメン店と同様になった位です。
つまり、今でもそこそこに食べることができるラーメンです。
越後OYAJI的には「おいしくいただきました」

昔ながらの商売をしている店です。
客を客だなんて思っていません。
どこに座れだとか、荷物はここに置けとか、食べた食器は下げろとか、色々とうるさいです。

まるで宮沢賢治の童話「注文の多い料理店」を地でいっているようなラーメン店です。

ま、そんなおやじ(OJIJI)の作るラーメンが良くて通っていたのですけどねface02

今時のラーメン店と同レベルで考えているととても食べられません。
とにかく不潔です。目には見えませんが「●キ●●゛リ」が厨房をはい回っているような店です。
調理に当たっている人は衛生を考えての「手洗い」などしていないでしょう。
食器も汚いです。コップも油じみています。店の床は油ですべります。

しかし、そこそこに美味しいのです。
体力や気力に自信の無い方にはお奨めできません。
だって、お腹が痛くなるかもしれませんから・・・・

なんだ!! 飲食店として最低じゃないか。。。などと怒らないでください。
昔からやっている飲食店は、みんなこんなものなのですから・・・・
いちいち角を立てていたら何も食べることができませんよ。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 17:34Comments(0)

2016年12月03日

一葉(いちよう)


紅葉した桜の葉一枚です。

桜の葉はすでに散ってしまいました。

緑色から紅葉し始めてから、雨の日もありました。
強い風が吹いた日もありました。

何故か?この一枚だけが残っていました。



桜は冬ごもりに入っています。
来年の春にまた花が咲きます。冬の寒さが来年の良い花が咲く条件になります。

本格的な冬はまだなのに、「桜」の春が待ち遠しい越後OYAJIです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:08Comments(2)

2016年12月02日

錦秋


すこし前の「白山公園」の紅葉の様子です。

まさに錦おりなす秋の景色です。







もう、紅葉の葉は枯れてしまい、葉の多くは落ちてしまいました。

11月の半ばまでは「秋だなぁ~」という気分でした。
東京での「雪の話題」や例年より早い北海道の「根雪の話題」を聞き流しながら
新潟も冬の様相を呈しています。
早いもので12月です。
あとひと月が今年も終わり。。。。
日々を大切にしていきたいと思っています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 22:02Comments(0)

2016年11月27日

お知らせ 越後OYAJI


越後OYAJIからのお知らせです。

しばらくブログの更新ができません。

次回更新日は12月1日(木)の予定です。

よろしくお願いいたします。




えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 19:23Comments(2)

2016年11月27日

コムラサキシキブ?


紫色の実をつける「ムラサキシキブ」の季節は終わっています。
なのに、ムラサキシキブがありました。

♬♪なんでだろぅ~♫♬

これはムラサキシキブの一種で園芸種の「コムラサキシキブ」のようです。

紫色の実の付き方がムラサキシキブとは違います。


南天の実とのコラボでとても目立っていました。


冬枯れの状況が近づいている、この時期にうれしい光景です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 07:58Comments(2)

2016年11月26日

サザンカ


寒くなってきたので、サザンカが多く咲いています。

♬♪サザンカ、サザンカ咲いた路、たき火だたき火だ、落ち葉たき♬♪♫

山茶花(サザンカ)はツバキ科の常緑低木です。
花はツバキなのかサザンカなのかがはっきりしません。
雑種がたくさんあるからです。
しかし、サザンカは今の時期に咲く花で、花が散り散りになります。

しかし、ツバキでも散り散りになるものもありますし、
サザンカなのに花がぽとっと落ちるものもあります。

専門家でないと本当のところはわからないと思います。

散ったサザンカの花です。




季節の花です。

寒くなってきましたね。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 17:24Comments(0)

2016年11月26日

まだ残っていました[ヒモケイトウ]


秋も深まったので、もう見ることが無いと思っていました。

ヒモケイトウです。

ヒユ科の植物です。秋に色々な種類が街を彩る鶏頭(ケイトウ)の一種です。

ヒモケイトウはアマランサスと言います。「実」は雑穀として利用されます。

葉が枯れかけています。


アップです。


丸い果と垂れ下がる様子が独特ですね。

新潟市中央区の遊歩道脇の家にありました。そこで撮影しました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 07:50Comments(0)

2016年11月25日

野菜タンメン


越後OYAJIの自家製・自己流ラーメンです。

今回は野菜タンメンです。

◆ スープは鶏ガラスープ
◆ 味は塩味
◆ 麺は多加水中太縮れ麺
◆ 具は白菜・玉葱・長ネギ・もやし・カニ風味かまぼこ・メンマ



あつあつ!!! ハフハフ・・・ ツルツル ズルズル・・・

ラーメンは良いですねface02face05face02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 18:27Comments(0)

2016年11月25日

稔りの秋[完熟柚子]


新潟では柑橘系の果実が完熟期をむかえています。

秋の果物の「梨」や「柿」がその季節をほぼ終え、
柑橘系の「柚子」や「ミカン」の時期になりました。

佐渡ではミカンの栽培が行われいていて、今年も出荷されたというニュースがありました。

新潟市中央区での完熟した柚子の実です。





越後OYAJIは温かいそばや汁物・鍋物を食べるときに柚子の皮を一片使って
香りを楽しんでいます。
ちょっと優雅な越後OYAJIですface02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:00Comments(0)

2016年11月24日

おすすめできません!!


結論から先に書きます。

こんなお店は絶対に利用しないでください。がっかりします。
支払ったお金の半分以下の満足しかありませんでした。
つまり倍の金額を支払ってまんぞくが無かったのと同じことです。
お金を「どぶ」に捨てような感覚です。
だまされたといっても良いと思います。

以下事実を書き出します。

新潟市内に寿司・刺身・海鮮料理の食べ放題のお店ができた、ということで関心をもっていました。
しかし、越後OYAJIが通常バカ食いするお店達とは少し違ってお値段も高いのです。
しかし、上記の料理やデザート、さらにソフトドリンクもついて食べ放題・飲み放題というので
食指が動きました。またインターネット上の評判もそこそこだったので興味本位で訪れました。

平日の昼時でした。日本海の魚を売りにしたお店です。寿司の種類が豊富だろうと思っていました。
回転寿司で10皿食べても1080円です。それなら刺身も食べられるので得だと思ったのです。

入店してまず驚きました。
寿司と刺身がメインで、それを宣伝していたお店です。
寿司がほとんどありませんでした。
種類はにぎりがタコの頭(たこぼっち)・サーモン・白身・イカだけでした。
巻物が2種類それといなり寿司と卵焼き寿司でした。
期待していた鮪・ブリ・エンガワ・しめ鯖・軍艦物や貝類などはありませんでした。

さらに、がっかりしたのが刺身がワラサの刺身とタコの頭(たこぼっち)とイカでした。
寿司ねたと同じものがチョロチョロとあっただけでした。

海鮮料理なる物はいったい何だったのでしょう?
焼き魚がありました。素材はワラサとサワラでした。
煮魚もありましたがあまりおいしそうではありませんでした。
その他の海鮮料理っぽいものはありませんでした。

寿司を食べてみました。機械でしゃり玉を作るタイプの寿司ではありません。
誰か人間が握っている寿司であることは間違いありません。
この寿司がなんと「ミニおにぎり」に薄っぺらなネタが乗っているというタイプの寿司です。
口に入れるとほぐれずにくちゃくちゃするのです。
しゃりの水分を多くして炊くタイプなので柔らかかったです。
寿司など言う食べものはあまりくちゃくちゃ噛んで食べるものではありません。
サッササッサと口の中でほぐして飲み込んでしまう食べものです。
そうでなければネタの美味しさなどは味わうことができないのです。
そして、寿司飯は酢が混ぜてあるので消化が良く、
噛まずに食べても消化不良になることはありません。
しかし、ここの寿司はよろしく無い。
おにぎりのように固いのです。安い米で水分を多くして炊き、増量して、さらに酢は
醸造酢では無く、酢酸酢のような安い酢を使っています。
それを固く小さく握れば量を食べることができないのです。
食べ放題ですから、コストのかかるものは極力食べて欲しくないのです。
店側の意図がはっきりとわかりました。
種類が少ないのもそういう理由だと思います。
しっかり、騙されました。

お刺身も種類を色々たべることができると期待した私がバカでした。

食べた物を紹介します。
寿司ひと皿目です。
白身・サーモン(日本国産ではありません、ましては日本海とはなんの関係もありません)
イカ・タコ頭の寿司です。


ふた皿目です。
サーモン・タコ頭・イカとカッパ巻き2カン
大好きな魚のガラ汁です。これもぬるくて生臭かったです。がっかり


三皿目です。焼き魚はワラサとサワラです。


刺身にはがっかりしました(左)      仕方がないのでこんな物も食べていました(右)


豚しゃぶです。これが一番美味しかったface02(左)         モツ煮込み??(右)


最期に食べるスィーツもがっかりです。

アイスクリームはディッシャーが通常の半分の大きさなのです。
一口サイズと言えば聞こえが良いのですが・・(左)
ケーキ類も通常よそで出る物の四分の一サイズです。
デザートフォークがいやに大きく見えます(右)


商売というのはお金を支払う方が満足するものです。
お客様を満足させるのが商売です。
お客が喜んでお金をおいていき、商人はそのおこぼれの中から生計を立てるのです。

このバイキングレストランはその真逆でやっています。
メイン料理の魚をいかに食べさせないようにして、原価の安いパスタやサラダ、ピザで
ごまかして、もうければ良い。という考えのようです。

お客様に満足していただき、繰り返し繰り返し使っていただいた方が、長く見ると
得であることがわからないのでしよう。

越後OYAJIには特定のお店や会社を揶揄しようという意思はまったくありません。
それなりに満足感を与えてもらったお店等はそれを紹介しています。

しかし、宣伝やネット情報ほど満足がいかない、こういうお店もあることを
伝えなければ、また被害者がでます。
お店の場所や名前を出して、徹底的にたたくというやり方もあるでしょう。
しかし、それは越後OYAJIの本意でしありません。
あくまでも越後OYAJIの個人の感想です。
お店を特定したくないので、バイキング料金も書きません。
写真で示したものを食べたのなら、元はとったろう。という方もいるでしょう。
この記事を読んで、どこのお店かを知っている方もいらっしゃるでしょう。
反論もあると思います。お店の悪口を書くのが目的では無いのです。
満足を与えてもらえなかったのが不満だというのです。
満足感は経営側の経営姿勢に比例するものがあるからです。

このお店と同じ名前の店が新潟駅周辺にあります。同一経営なのでしょうか?
そちらのお店もあまり評判がよくないので・・・ 書き添えます。
いずれにしても経営者の問題でしょうicon16icon16icon16face10face10

せっかく期待して食べに行ったのに、がっかりして帰ってくる。
こんな悲しいことはありません。残念。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 





  


Posted by 越後OYAJI at 16:44Comments(2)