2022年08月14日

こういうことになりました。


イオンスタイル上所店です。

8月1日から駐車場の利用が有料になりました。

駐車後30分は無料です。

しかし、それ以上駐車すると課金されるみたいです。





ナンバープレートの写真を撮る方式のようです。
駐車券を取ったりする手間はありません。
車両ナンバー認識方式というのでしょうか。




驚きました。
新潟市内のスーパーで30分しか駐車場を普通に使えないというのは初耳です。

イオンスタイル上所店がある場所は元々「新潟市の市有地」です。
旧新潟中央市場があった場所です。
新潟市江南区に「新潟中央市場」が移転した後にこの土地が売却され。現在に至っています。

市場移転後この土地は長い間再開発もされずな放っておかれました。
広い土地なのですが、「市有地」と「一部私有地」が複雑に絡み合っていて、
「私有地」の権利を持っている人たちが・・・悪い言葉を使えば「ごねた」のだそうです。
市に私有地を貸していたのだと思いますが売却となるとそれなりの補償を考えたのでしょうね。
ま、世間によくある話です。
10年近くも放っておかれて、最終的にマンション建設などを手掛ける
ダイア建設グループが土地を取得しました。
そしてこの土地の再開発が始まったのです。

マンションを2棟とキーテナントして「イオンスタイル」が入る複合型商業施設ができました。
景観も良くとてもきれいな施設です。

イオンスタイル上所店は駐車場もゆったりしています、
午前8時から午後11時までの営業ですのでとても使い勝手の良い食品スーパーです。

近隣には「清水フード鳥屋野店」「原信近江店」「マルイ女池店」「ピアレマート新和店」など
スーパーマーケット激戦区です。
また「ウェルシア」「ツルハドラッグ」「マツモトキヨシ」などのドラッグストアーがひしめき
さらに本来は業務店卸の店である「カトウ食材」は一般の消費者にも販売しているので
小売業界の最激戦区といっても過言ではありません。

一般的に考えれば「ゆっくりと買い物をしてください」というのがコンセプトだろうと思います。
それを何故?自動車を30分以内で締め出すようにしたのでしょうか?
とても不思議です。

新潟市中心部、特に新潟駅にほど近いスーパーで駐車場を有料にしているところもあります。
原信の店舗や万代シテイにあるイオンスタイルなどはそういう例だと思います。
しかし、市内中心部のスーパーマーケットの有料駐車場でも最初の90分は無料。というのが主流です。
それを30分に設定した今回の取り組みは納得がいきません。

元々、この土地は市有地であり、ある程度まとまった土地だったので、「公園」などの公共施設に
するのが理想でした。しかし、前市長が文化都市新潟にしようとして「無駄な税金の使い方」を
したために財政基盤が揺らいでしまい、結局は民間への売却となったのです。
現在は民間所有の土地でありますが元々は新潟市民のものです。
土地の使い方も考えるべきです。「新潟市民の利益」を最優先にして民間商法と共存する。
これが正しいあり方ではないでしょうか。

高い金を出して買い取ってやった土地だ。それをどう使おうが、どう儲けようが勝手だろう。
というあまり日本人的ではない「高慢ちき」な声が聞こえてきそうです。

越後ojijiがあまりに年をとりすぎて「幻聴」が聞こえるようにでもなったのでしょうか。。。。。(笑)

新潟市内の食品スーパーはどこも四苦八苦の経営をしています。
どうにかして「選ばれる店」になれるように色々頑張っています。
たった30分しか無料で使えないようなスーパーは「選ばれる店」とはほど遠いと思います。

先ほどイオンスタイル上所店を通過して原信近江店に買い物に行ってきました。
イオンスタイルの駐車場はガラガラでした。その反対に原信近江店の駐車場は満杯でした。
原信近江店の店舗内もお客でひしめきあっていました。
これが現実というものなのでしょうね(;´・ω・)

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 13:02Comments(0)

2022年08月10日

夏は茄子漬


新潟の夏の食卓の「必須アイテム」は「枝豆と茄子漬」です。

新潟県民・新潟市民は野菜を沢山食べます。
総務省の家計支出調査では新潟市は野菜類の支出金額は常に1位です。
多少の変動があっても上位の常連であることは間違いありません。
茄子・トマトの類、枝豆に代表される「さや豆」などの支出額はとても多いのです。
金額が多いと同時に消費量もハンパではありません。
消費量も全国トップです。
どの家庭でも真夏の夕食の食卓には「茄子漬」と「枝豆」がある。
といっても過言ではないのです。

新潟の茄子はとても美味しいです。
越後ojijiの漬けた「茄子漬」です。


食卓に出すときは「氷水」に入れて出します。


今回使った茄子は朝のとれたて。という訳にいかなかったので十分な色が出ていません。

本来の漬け方を紹介します。
とれたての新鮮な茄子に食塩と焼きミョウバンを加えて、さらに極、少量の水を加えて
もみこみます。きれいな茄子紺の色が出てくるまでもみこみます。
それをジッパー付きの保存袋に入れて、しっかりと空気を抜きます。
袋の上からさらにもみこんで、空気を抜きます。これを冷蔵庫に入れておけば
朝つければ夕飯時には美味しい「浅漬け」になっています。
塩加減はお好みで。

今回使った茄子は「巾着茄子」です。新潟では「十全茄子」と言います。
さらに新潟では茄子漬に向いている茄子として「水ナス」もあります。
小さな水ナスを新潟では「えんぴつ茄子」といいますがどうしても新潟人は
訛ってしまうことがあり「えんぴつ」が「いんぴつ」になります。
つまり新潟の「えんぴつ茄子」は「いんぴつ茄子」になってしまうのです(;^ω^)

本日は8月10日。新潟では15日まで「お盆」です。
多くの家庭で「茄子漬」が食べられるでしょう。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 13:54Comments(0)

2022年08月09日

平和-2022.8.9


1945年8月6日 広島に原爆が投下される。
1945年8月9日 長崎に原爆が投下される。

本日は2022年8月9日(火)
長崎に原爆が落とされた日です。

長崎に落とされた原爆は広島型の1.5倍の威力のあるものでした。
広島・長崎ともに甚大な被害者がでて8月15日の敗戦へとつながりました。

非人道的兵器である「原子爆弾」
これを経験したのは日本だけです。
原爆を投下した米国は人の命を奪うという絶対悪の「人体実験」をしたのと同じです。

原子爆弾を自国体制の維持に有利である。という訳のわからない「屁理屈」をつけて
「核保有国」となっている国々があります。
被災した日本人の熱さ・苦しさ・痛さ・悲しさ・・・・そんなものは想像ができないのでしょう。
だから「核保有国」などと威張っていられるのです。

ウクライナ戦争で「プーチン」が核兵器の使用も否まい。と世界中を恫喝しました。
何とも情けない限りです。
核兵器を使用したり、同様の悲劇をもたらす原子力発電所を破壊すれば
過去に日本人が経験した凄惨な大悲劇以上の人的被害が起こることが
容易に想像できるからこそ恫喝に使ったのでしょう。
人間として、大国の指導者として、何とも情けない限りです。

日本国は2度と戦争をしてはいけません。
たとえ自国防衛ための戦争だといってもしてはいけません。
日本国民全員で相手との平和的話し合い、交渉で日本の平和が脅かされる状況を作らないように
しなければなりません。
それは日本国民全員がつねに「平和とは何なのか」を意識することだと思います。

長崎平和記念公園 平和記念像



カトリック「浦上天主堂」
長崎の爆心地の至近距離にあり1945年8月9日にこの天主堂に
集まっていた多くの信者と神父様、教会関係者の命が奪われました。


広島原爆ドーム


広島平和記念公園。


この時期越後ojijiは広島・長崎の原爆。8月15日の敗戦。
このことを思い、毎年ほぼ同じ内容の記事を書いています。

越後ojijiは長崎にも広島にも実際に行ってきました。
その現場で色々なことを考えました。
国際情勢が毎年変わるので多くの人達と「平和を希求する心」を共有したくて記事を書いています。

毎回同じ画像を繰り返して使っています。
実際に私が撮影した画像です。
撮影した当時はデジカメもあまりよいものを持っていませんでした。
OJIJIは元気なうちにもう一度長崎・広島を訪問したいと思っています(*^▽^*)

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 13:13Comments(0)

2022年07月29日

あれこれ・・・


新型コロナウィルスの感染者数が増え続けています。

2019年に新型のコロナウィルスとして見つかり、世界をパンデミックに陥れたこのウィルスは
変異を繰り返し、特別に強い「生命力」で世界を席巻しています。
過去にこれほど変異を繰り返し生き延びてきて人類に害をもたらしたウィルスは無かったでしょう。
大変なモノノケに憑りつかれたものです。
世界中の医学者や科学者がこのウィルスをやっつけようと必死になっています。
また臨床の現場では沢山の医療関係者が自らの危険を顧みずに診療や治療に頑張ってくれています。
医療関係の方々には「感謝」しかありません。

新型コロナウィルスの正式名は「SARS COV2」です。このウィルスは「サーズウィルス」です。
サーズとは「急性重症呼吸器症候群」のことです。
新型コロナウィルスに憑りつかれると呼吸器系に甚大な損傷を与えられ、苦しむのです。
このブログを読んでくださる方々にもすでにこのウィルスな感染した方もいるかもしれません。
お見舞い申し上げます。
また厄介なことに過去に感染した方でも再度感染することがあるということです。
有効な対策は医学的には「ワクチン」だそうです。

ノーベル医学生理学賞学者の山中伸弥氏は科学的根拠のあるこのウィルスに関する
医学情報を発信続けています。世界中から発信される医学情報のうち科学的に証明できるものを
私達素人にもわかりやすく伝えてくれています。
興味のある方は参考までにご覧ください。
https://www.covid19-yamanaka.com/index.html

新潟県内の新型コロナウィルスの罹患者数が連日過去最多を更新しています。
人から人にうつる病気です。人と人が接触しないことが最大の防御策です。
しかし、人と接触せずに社会生活を送ることなど不可能です。
自らを守るために多くの人が行き交うところを避けるというのが最大の防御策でしょう。

夏です。夏祭りの最盛期です。
多くの人々がより密になり行き交うのがお祭りです。
新潟まつりの時期です。昨日新潟市長は祭りは中止しない、と明言しました。
「民謡流し」は中止するが、花火大会は延期になるだけ、
その他の新潟まつり行事は実施するというものでした。
何とも「歯切れ」の悪い対策です。正しい対処法は「新潟まつり」の中止する。と明言することです。
不必要な人と人との接触は極力避けることが大切だと思います。

新潟県内で行われる夏の大規模な夏イベントでは他に「長岡の大花火大会」湯沢町で行われる
「フジロックフェスティバル」などがありますが、新潟まつりと同等程度の集客力のあるイベントですが
今年はいずれも開催するということです。感染対策は取っているので心配はない。
というのが主催者側の言い分です。

今までも日本国中を挙げて感染対策を実施してきました。
それなのに現在でも過去最大級の感染者数が報告されているのが現実です。
これを踏まえると大規模イベントは中止という判断が正しいのだと思っています。

新型コロナウィルスの対策で保健所が大変な時期にネット上で大騒ぎになったのが
「大阪王将」の仙台にある店舗で
「ナメクジ」や「ゴキブリ」その他害虫・害獣による汚染の告発があったことです。
この件はSNSで拡散され全国的なニュースになりました。
内部告発ということで発信した人に「敬意を表します」
誰かが事実を発信しない限り厨房が汚染されていることなどは一般市民は知る由もありません。
この事実は経営者に問題があるのだと思います。
経営している仙台の業者の「衛生認識」に問題があるのでしょう。
「衛生」とは「生命を衛る(せいめいをまもる)」ということです。
口に入れるものです。口に入れたもので「命」が脅かされるというのは何とも理不尽なことです。
その認識が経営者に欠けている以上、この業者は飲食店経営をする資格が無い。
そう言い切れると思います。
振り返って、新潟市内にも「大阪王将」が2店舗あります。
出来島のデッキィ401の近くとイオン新潟東店内にあります。
この2店舗をフランチャイズで経営しているのが「潮騒フーズ」という新潟の会社です。
「潮騒フーズ」は他に「焼肉キング」のフランチャイズ展開や「村さ来」などの居酒屋経営
さらに新潟駅南に大型居酒屋を経営していたり古町に高級料亭を経営したりしています。

越後ojijiは飲食店が安全に運営されていて、安心をお客に提供できているかのの判断をする場合に
そのお店を訪れて裏口を観察することにしています。大概のお店は駐車場と連結して
お店の裏側を窺うこができます。
店の裏側が整理整頓されていなかったり雑草が生えていたり
場合によっては不衛生な異臭がしたりするとそれで判断します。

さて潮騒フーズが経営する店舗ですが、合格点には達していません。
関係の店舗が気になって見て回ったことがあるのですが、不合格です。
やはり経営者に問題があるのだと思います。
この状況からだと早晩この関係の店舗からも「ゴキブリ」や「ナメクジ」などという危険なワードが
聞こえてきそうです。金儲けは上手かもしれませんが「人と向き合い、人の命と向き合う」という
姿勢ではないことがうかがい知れます。

今回の仙台の事件に関して大阪王将を全国展開しいている「イートアンド」は次のような見解を示して、
この迷惑な事案を早々に収めようとしています。
果たしてそれでよいのでしょうか?
イートアンドのHPより。
https://www.osaka-ohsho.com/news/2022/pdf/renew.pdf

イートアンドと新潟で「大阪王将」を展開している業者双方で
今回の問題を真剣に考えてほしいものです。

相変わらず全国で「特殊詐欺」が横行しています。
電話でお金の話が出たら「詐欺」というキーワードで皆さんのお近くにいる高齢者などを守ってください。

安倍晋三氏が凶弾に倒れたというのはとても「ショッキング」な事件でした。
それがいんちきキリス教系宗教団体の「統一教会」に絡んでいたというのもショッキングなことでした。
キリスト教・キリスト教会と「統一教会」とは何の関係もありません。
さもキリスト教の教えを伝道するという団体のようなふりをしていますが、
実態は詐欺集団みたいなものです。
その発祥が韓国であることにも失笑以外にありません。韓国民もきっと迷惑であると思います。
そして、またもや出てきたのが政治家とこの団体との関係です。
いつの時代にも不審な宗教団体と政治家との関係が色々と言われてきました。
どうもその辺のことを政治家は学ぶのが不得意のようです。
なんせ現在の自公連立政権の片棒を担ぐ「公明党」の支持母体は「宗教団体」ですものね・・・・・

色んなことがあっても滔々と流れる信濃川です。
この景色を見ていると心が落ち着きます。





暑いです。現在の新潟市中央区は「晴れ」です。外気温は30℃を超えています。
外での活動は極力控えようと思っています。

あれこれと思いつくままに書いてみました。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 12:38Comments(0)

2022年07月24日

あれっ。気が付くと「サルスベリ」の花が。。。


あれっ!!! サルスベリが咲いている。

真夏ですから当たり前の光景です。

しかし、サルスベリが咲き出すと「真夏・盛夏」という言葉が現実味をおびてきます。
学校は夏休みに入りました。昨日は越後ojijiの生まれ在所の夏祭りでした。
夏休み、サルスベリ・ひまわり・夏祭り・うなぎのかば焼き・かき氷・バーベキュー・海水浴。。。。
越後ojijiの真夏のイメージのキーワードです。
もう7月の最終週ですものね。
今年は梅雨明けが特別に早かったので真夏の感覚が少しおかしく感じられます。

7月の前半から体調を崩して臥せっていました。
仕事をせずに、ただひたすら寝ていたのです。
約2週間そんな生活をしていました。体重は10キロ近く減りました。
少しずつ栄養のあるものを食べることができるようになり、
現在は健康な時の80%位まで回復しました。
積年の疲労が早い真夏の訪れに誘われるように出たのだと思います。
「夏バテ」の少し重い症状だったと思っています。

そんな日々を過ごしていたら・・・・

ふと、目にサルスベリの花が飛び込んできたのです。





サルスベリは「百日紅」と書きます。「百日」とは長い期間という意味です。
長い期間紅の花をつけ続けるという意味で「百日紅」と表記されたのだそうです。

以前、「百日紅と漱石」というブログを書いています。
興味のある方はそちらも読んでください。
http://echigooyaji.niiblo.jp/e488067.html

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 13:01Comments(0)

2022年07月22日

生活道路 便利になりました(*^▽^*)


2022年7月21日(木)

越後ojijiの生活圏である新幹線高架下の通路が完成して通れるようになりました。

新潟駅の高架化に伴い長い間工事をしていました。

線路が高架化されてその下が大きな空き地になりました。

以前踏切があった場所は早々に通れるようになりましたが、その左右はなかなか工事が進展せず
細かな工事が長い間続いていました。工事に伴い交通規制されたりして不便でした。

その工事が一月ほど前に終わり、養生としての期間も終了して遂に通れるようになったのです。

新潟駅の東西を結ぶ通路です。旧天神尾踏切側です。
車が通れる通路です。中央区幸町側から天神尾方面を撮影


こちらは人、自転車等の専用通路です。上記の通路より「西跨線橋」に近い場所にあります。


新幹線高架下の通路です。新潟駅側から西跨線橋側を撮影。


高架化した後の空いたスペースを通路にする位は簡単なことだろう。思っていました。
しかし、ずいぶんと長い時間を要しました。
税金を使ってする仕事ですから、こういうことになるんだろうなぁ~(笑)

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 10:43Comments(0)

2022年06月30日

梅雨があけたぞぅ(^o^)/ 夏だ・夏だ・真夏だ!(^^)!


梅雨が明けました。

6月28日に梅雨明け宣言がありました。

今年は約2週間の梅雨期間でした。

短かったですね・・・( ^)o(^ )

梅雨が明けたとたんに猛暑です。

とても暑い新潟です。

青い空・白い雲
白い雲が「入道雲」になるのはいつもなら7月中旬頃からです。
梅雨あけが早いと入道雲が発生するのも早いのだろうか❔


新潟市は良い天気です。

中央区米山交差点で撮影
笹出線県庁方面。


笹出線新潟駅方面


新幹線の高架下を通って八千代橋方面。


自宅からこのブログを書いています。
とても暑いです。湿度も高いです。汗が身体にまとわりついています。
早い真夏の到来に戸惑っている越後ojijiです(;´・ω・)

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 13:09Comments(0)

2022年06月27日

すごい「カミナリ」です。


昨夜からすごいカミナリが鳴っています。
夜中には豪雨がありました
稲妻が走り、耳をふさぎたくなるほどの雷鳴がとどろきました。突風も吹いたようです。
新潟では一晩中カミナリが鳴り続けるようなときは「梅雨明け」が近いときです。
・・・・・
このブログを書いているいるときにNHKニュースから「関東甲信・東海・九州南部」が梅雨明け。
という報道がありました。
新潟の「梅雨明け」も近いのかな(^o^)/

あっ!!! 今も稲妻が走り大きな雷鳴がとどろきました。強い雨が降っています・・・・
実況はまるでツイッターです(;^ω^)

可愛らしいカミナリ様のイラストです。





※上記画像はインタネット上の無料イラストを使用しました。

カミナリからの連想です。

ラーメン丼の淵を飾るギザギザの文様を「雷紋(らいもん)」と言います。
古代中国では穀物の豊穣をもたらす雨を引き寄せる「雷」はおめでたい豊かさの象徴だったのです。
最近この「雷紋」を使ったラーメン丼を使うラーメン屋さんが少なくなりましたね。
新潟濃厚豚骨ラーメンです。今回は丼に注目してください(笑)


東京・浅草・浅草寺の「雷門」です。
今年四月に撮影した写真です。この時期にはまだまだ観光客は多くはなかったです。
通常時の雷門付近は歩くのも大変なくらいに人で混雑しています。


関東は梅雨明けしたもようです。
近々東京に行きます。雨が降らないと仕事をしやすいです。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 11:35Comments(0)

2022年06月21日

我が家のアジサイ


梅雨に入り、雨模様の日が続きます。

本日の新潟市は「晴れ」です。

我が家のアジサイです。


毎年この「アジサイブルー」の花が咲きます。
紫陽花はピンク系の花が咲くところの土壌は「酸性」
ブルー系の花が咲くところの土壌は「アルカリ性」と言われています。
我が家の土壌は「アルカリ性」ということですね(^o^)/


良い天気です。信濃川です。
昭和大橋から八千代橋・万代橋方面を撮影。
朱鷺メッセ、万代シテイ方向です。


梅雨時に美しい新潟です。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 12:46Comments(0)

2022年06月08日

すくすくと育っています。


5月上旬に田植えした稲が「すくすくと育っています」

まだまだ稲の赤ちゃんというイメージですが、
しっかりと根を張って「大きくなるぞ!!!」という意思が感じられます。。。。

この田んぼで育てられているのは「五百万石」という品種です。
「五百万石」は酒米です。
酒造り専用のお米です。


江南区大江山地区の農家の方々が銘酒「越乃寒梅」用に栽培しています。


「越乃寒梅」と言えば昔は「幻の名酒」と言われた新潟県を代表する日本酒です。
現代人の若い人達には「何のこっちゃ」と思われることでしょう。
日本では数十年前に空前の「日本酒ブーム」があったのです。
その時に全国で最も入手困難なお酒として有名になったのが「越乃寒梅」だったのです。

幾星霜の時が流れ、現在では「幻の酒 越乃寒梅」はスーパーや酒ディスカウント店で
手軽に入手できます。どこにでも売っている普通の日本酒です。
普通に入手できるからと言って「寒梅」の価値が下がった訳ではありません。
「越の寒梅」は現在でも「名酒」です。
それを支えているのが大江山地区の農家さんたちです。
日本酒は「日本のお米」で醸造するものだからです。
「地酒」という言葉があるように「地元産」の米を使って醸造するのが日本酒です。
醸造最適米の「五百万石」をしっかり供給できることで
越乃寒梅の品質が今でも維持し続けられているのです。
地域で育った米を使い、地域ではぐくまれた技術を使って醸造し、
地域の人々に愛されるのが地酒です。

お酒とは、日本酒とは、、、という原点に返れば二度と「幻の酒」ブームは起きないでしょう。。。(笑)

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 16:46Comments(0)

2022年06月07日

もうすぐ梅雨入りかな?


ここ数日雨の日が続いています。

本日は気温も低く、雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨・・・・

もうすぐ梅雨入り宣言があるのでしょう。

関東甲信まで梅雨いりしました。
新潟での梅雨入りは例年6月10日前後です。
梅雨明けが7月20日前後です。
約一か月の「雨期」が新潟での「梅雨の季節」なのです。

数日前「山の下みなとタワー」で撮影しました。
この日は薄曇りでした。梅雨入りを思わせる湿度の高い日でした・・・

山の下地区方面を撮影。


新潟西港(臨港埠頭)です。
海外に輸出するのでしょうか?「鉄くず」が集められています。
鉄は大切な資源です。再利用するのはとても良いことです。
重機を使っての作業が行われていました。
重機など運転できない越後ojijiは感心しながらも「ボォーッ」として見ていました。


山の下みなとタワーの隣は「山の下みなとランド」です。
越後ojijiが撮影した時間でも数組の親子が遊具で遊んでいました。
越後ojijiの子供たちが小さかった頃にはこの施設はありませんでした
孫ちゃんが大きくなったらここで遊ばせようと思っています(^o^)/


雨の日が続く季節は憂鬱になりがちです。
しかし米どころの新潟では「恵みの雨」です。
「恵みの雨」です。良いことが沢山あります。
そのことを信じて憂鬱など吹き飛ばしたいものです(笑)

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 12:32Comments(0)

2022年06月07日

きれいになりました。


旧大和デパート跡の再開発がほぼ完了して街の姿がきれいになりました。

ずいぶんと長い間工事をしていたイメージです。

越後ojijiはめったに古町方面に行かないので時間がずいぶんとかかった印象があります。

柾谷小路側の入口です。広場になっています。


古町通り側です。


西堀ローサに通じるエスカレーターです。


ストリートピアノが置いてあります。


この場所を再開発するのに沢山の税金が投入されました。
新潟市民且つ日本国民の大切なお金が沢山使われました。
きれいになったのはうれしいのですが・・・
本当にここにお金をかける価値があたのか?検証を続けるのが新潟市民の役割だと思います。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 11:50Comments(0)

2022年05月30日

2022年5月30日(月)


2022年5月30日月曜日

5月もあと一日。5月の末です。

本日の新潟市は晴天でした。

最高気温 27℃
最低気温 15.7℃

湿度が低くとても気持ちの良い一日でした。

柳都大橋から万代橋を撮影しました。
青空と万代橋、遠くに弥彦山。滔々と流れる信濃川。
万代橋の周りは高いビルが立ち並んでいます。
柳都大橋のたもとでのんびりと「釣り」を楽しんでいる方がいました。


沼垂地区のある小路でこの猫に出会いました。
暖かい日差しに誘われてのんびりと昼寝をしていました。
飼い猫で人に慣れているのでしょう。越後ojijiが近づいても微動だにせず寝ていました。


やっと越後ojijiに気が付いた猫です。寝ぼけ状態です。
とても可愛いですicon06icon06face05face05icon06icon06icon14


良い天気でこんな猫にに出会えたり幸せな今日でした(^o^)/


えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 20:25Comments(0)

2022年05月30日

咲いています


五月末になり家の周りでは色々な花が咲いています。

六月になると梅雨になります。

梅雨前の晴天の日はとても貴重です。

家の周りではたっぷりの日差しを受けて色々な花が咲いています。

ムラサキツユクサ(紫露草)です。


ノイバラ(野茨)です。
薔薇と言えば園芸花の代表的存在ですが、ノイバラは野生種の薔薇です。
鋭いトゲがあります。越後ojijiの身近で今を盛りと咲いていますface02


ツルニチニチソウです。


ナガミヒナゲシです。
ナガミヒナゲシは外来種でとても繁殖力の強い植物です。
近所の空き地などで雑草化しています。
ナガミヒナゲシは「毒性植物」です。花に触ったり、雑草として引き抜こうとしたりすると
「手がかぶれる」ことがあるそうです。注意したい植物です。。。。が身近で沢山咲いています.


現在の我が家の「アジサイ」の様子です。花の準備をしているようですface02



シャクヤク(芍薬)です。
「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿はユリの花」。日本美人のたとえですねface02face02face05icon06face02face02


薔薇の花です。


定点観察している近所の畑です。
3月~4月頃にもふもふだった「ネコヤナギ」です。現在はこんな様子になっています。


梅の実がずいぶんと大きくなりました。
この梅の木は実を取る木です。花を楽しむ木ではありません。
しかし、近所で季節を感じる梅の花はこの木だけなので定点観察しています。


えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 19:44Comments(0)

2022年05月24日

この花の名前は?


この花の名前を知っていますか?

「エェ~、見たことのある花だけど名前なんて『知らん』よ~」







「エェ~、見たことのある花だけど名前なんて『知らん』よ~」

こう答えた方大正解ですface02face02face02icon14

この花の名は「シラン(紫蘭)」というのです。

越後ojijiのくだらないシャレです。許してください、、、、icon07icon07icon07icon15

紫蘭は蘭の仲間の花です。
蘭というと高級花卉というイメージが強い花です。
紫蘭は新潟では4月~6月頃に普通に色々な場所で咲く花です。
高級なイメージは一切ありません。
そういう日常的で生活感のある花というのは身近で良いですね。。。。。(^o^)/

シランの花言葉です。
「変わらぬ愛」 「あなたを忘れない」 「美しい姿」

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 10:18Comments(0)

2022年05月10日

それでも900円です(^o^)/


見てくださいこの内容で900円です。

お寿司定食です。

以前にこのブログで紹介した新潟市中央区の寿司店の商品です。

以前は800円でした。

しかし、昨今の食材高騰を受け、「こころ苦しくも値上げさせてもらいました」とのコメントがありました。

非常に誠実な経営をなさっている寿司店です。

商品の内容からみると、100円の値上げでは追い付かないでしょう。

毎度食べに行けるわけではないですが、お店の心意気に"感謝"して美味しくいただいています。

この内容で900円です。


看板が書き換えられていました。


こちらは新潟市南区の寿司店のランチです。1320円です。
比較してどうこうと言うわけではありませんが、上記の定食のコスパの良さがよくわかります。


こちらは先月行った東京浅草にある寿司店のランチ1320円です。


価格はすべて税込みです。
新潟市中央区の寿司店のコスパのよさに感動して記事にしました。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 12:35Comments(0)

2022年05月03日

五月になりました。


本日5月3日です。

憲法記念日です。

ゴールデンフーウィークも後半に入りましたね。

全国的に高速道路は混雑・渋滞しているようです。

新潟市内でも多くの県外ナンバーの車をみかけます。

新型コロナウィルスの感染者が減少傾向にあることと、自粛慣れによる
安心感から多くの人が動いているのでしょう。

人が動くということはお金が動くということです。疲弊している日本経済にとっては
良いことですが、まだまだ注意が必要です。

憲法記念日です。
憲法に関しては色々な意見があります。
改憲や護憲という真反対の主張があります。
しかし、どちらに与しても正解を導くことはできません。

ただ歴史の事実として、現憲法が制定されたときは殆どの日本国民が喜びました。
そして殆どの日本国民は現憲法を素直に受け入れました。
それは「戦争体験」からくる国民の真実の思いを反映していたからでしょう。
平和憲法である現憲法によって「二度とあんな苦しい、切ない思いをしなくてすむ」
「肉親を戦場に送らなくてもよい」と多くの日本人は思ったのです。
また、近隣の諸国も日本が平和主義で生きていくということに喜びを感じたことでしょう。
平和である。ということをとてもありがたく思っている越後ojijiです(^o^)/

数日前に撮影した「弥彦山と角田山」です。
弥彦と角田の眼下に広がる越後平野では現在、田植えの真っ盛りです。
この写真を撮影した数日前には、まだ田植えが行われていませんでした。
多分今日あたりまでにほとんどの田んぼに苗が植えられたことと思います。

新潟では田植えは親戚一同が集って行います。
その時にお昼の一服や夕食時に「田植え振る舞い」ということをします。
ごちそうを食べるのです。
なんとなく良い風習だなと昔から思っていました。
今日もどこかで「田植え振る舞い」が行われていることでしょう。(^o^)/

新潟の霊峰「弥彦山」です。


「弥彦山と角田山」です。


ふと気が付くと、我が家のヤツデの実が熟していました。


私の部屋の気温は15.8℃ 湿度47%です。
過ごしやすい日です(^o^)/

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 13:11Comments(0)

2022年04月25日

2022年4月25日(月)


2022年4月25日(月)

久しぶりに街中の夕日を撮影しました。


越後ojijiは本日は久しぶりの完全オフの一日でした。

2022年に入り誕生日を迎えるといよいよ「古希」の世界に近づく越後ojijiです。
そんなojijiはほぼ休み無しに働いています。
いや!!!働いているというより「動いている」というのが正解かもしれません(;^ω^)

四月に入って私の「孫ちゃん」が新入学したり岳父が亡くなったりと色々なことがありました。
また良好な人間関係で動いていた組織がちょっとしたことでガタガタになり。その修復に
色々と神経をすり減らしたりしてました。

今日は午前9時に起床。
風呂に入り、部屋の掃除と洗濯。布団も干しました。
YouTubeでオペラ歌手が歌う「讃美歌」を聞きながら部屋掃除をしていたら3時間半ほどかかりました。
部屋にある要らないものを整理したりしたのです。
YouTubeでは「森山直太朗」なども聞きました。
「さくら独唱」は何年経っても色褪せない名曲だと思います。

なんだかんだとやっていて午後2時になったので買い物に出ました。
回転寿司屋で昼ごはんを済ませました。
大ぐらいの越後ojijiですが、最近はさすがに「食が細く」なりました。
5皿でお腹が満たされたのでそれで会計をしてしまいました。
その後リサイクル店などを回り、さらに食料品など買ってスーパーの駐車場で、
ふと後ろを振り返ると。。。。。夕日が沈む時間になっていました。
そんなことで夕日をカメラに収めたのです。

本日の記録
2022年4月25日月曜日
日の出 4時56分
日の入 18時29分
天気  晴れ
気温
最高  24℃
最低  13℃

今、午後7時半です。これから軽い夕食を摂り寝ようとと思っています(笑)
ojijiな一日ですね(笑)


えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 19:38Comments(0)

2022年04月05日

うきうき(^o^)花が咲いています-4月に入って


四月に入りました。

越後ojijiの近所でも花がきれいに咲いています。
ウキウキの季節になってきています(^o^)/
本日4月5日(火)現在で、新潟市中央区ではソメイヨシノの開花はまだです。
それでも色々な花が咲いていて嬉しくなります。

寒緋桜(かんひさくら)です。


河津桜です。河津桜はソメイヨシノより先に咲きます。


水仙はどこでも咲いています。春の花ですね。


乙女椿です。毎年けなげに時期をあやまたずに咲いてくれます。これも嬉しいです(^o^)


新入学や新入社など「新しいこと」が多い四月の初めですが、ウクライナ戦争があったり
日本の隣国で怪しい活動があったり、各種食品が値上がりしたり、ガソリンの高値が続いたり・・・・・・
少し不安なことが続く私たちの生活です。
小市民である私達は自らの力では抗い難いことには耐えることしかできないのでしょうか❔(>_<)

自然の流れだけは私達の生きざまとは関係なく進んでいきます。
美しく咲く花は心を安らかにしてくれます。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 15:06Comments(0)

2022年03月22日

春が近いかな(^o^)


春分の日が過ぎました。

少しずつ春めいてきた新潟市です。

しかし、暖かい日と寒い日が交差するような日々が続いています。

「三寒四温」 丁度この時期にふさわしい言葉ですね。

自然は「神の法則」により支配されているのを実感するのがこの季節です。
多くの植物が「神の法則」に則り命を取り戻すかのように成長しています。

定点観察している近所の畑の様子です。

梅の花が咲きだしました。この梅は実をつける梅です。
新潟市内では花を見る梅はすでに満開になっているところが随所に見受けられます。


ネコヤナギも花が咲きました。
花穂のうちは「もふもふ」として気持ちが良いですね(^o^)


フキノトウも成長しています。


新潟では「桜」と同時に白い花をつける「ユキヤナギ」の葉も成長しています。


水仙は葉が成長しています。もうじき咲き出しそうです。
日当たりの良い処ではすでに咲いています。


我が家の「乙女椿」です。
花芽が大きくなりだんだんとピンクが濃くなっています。


今日の新潟市内は2月頃の気温にまで下がっています。寒い日です。

春はまるで音をたてるかのように確実に近づいていますが・・・・・

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 15:02Comments(0)