2018年02月12日

青畳


久しぶりに青畳の香りに出会いました。

写真はうまく表現できていませんが"真っ青"な"新畳"です。

市内のとある集会施設です。古畳に古座布団。。。。
公共の場ですから、お金をかけられないので仕方が無い。と思っていました。
ところが先日久しぶりにそこに行ってみると。。。。。
なんと!!!!真新しい畳に姿を変えていました\(^o^)/

新品の青畳にふれたのはほんとに久しぶりでした。
独特のむせるような草の香りに心が和みました。

室内なので自動的にフラッシュが光ります。
その影響で真っ青な畳をうまく撮影できなかったです(#>o<#)


先日白山神社で「針供養」が行われました。
縫い針や畳針など人の役に立って傷んでいく「針」に感謝する神事です。
白山神社では毎年「新潟市畳業組合」の方々が仕事で使った「畳針」を
役に立ってくれた事といつもは固いものにさして、傷んだ針なのでせめて最後は
柔らかい豆腐にさして「労をねぎらう」という暖かい気持を現していました。

畳針も最近は人間が畳を一針一針縫うのではなく、ほとんどが機械作業だそうです。
最後の大切な仕上げだけが人間の仕事になるのですね。

越後OYAJIの自室の畳は古くなりすぎて、「焦げ茶色」になっています。
さらに「けば立って」います。
青畳のありがたさが身につまされた越後OYAJIでした。。。。face10。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 16:44Comments(0)

2018年02月06日

大雪原


2月に入ってから寒い日が続きます。

大雪も続いています。

今年の冬がこんなに厳しくなるとは想像していませんでした。

今日も北陸で大雪、雪被害が出ています。
福井県では37年ぶりの大雪になって道路がふさがれ、車がほとんど動かない状態になっています。
命に関わることです。これ以上の被害が出ないように祈るばかりです。
新潟でも上・中越ですごい積雪になっています。雪下ろしや除雪作業を充分注意なさって下さい。

大雪原になっている新潟平野です。この大雪の下は一面のたんぼです。
雪がとければ春の準備が始まります。。。。


さて新潟市中央区は先月には積雪80cmにもなりました。
屋根にも多くの雪が積もりました。
また除雪が進まず、生活道路はズタズタでした。
新潟市内の一部では停電もおきました。

そこで越後OYAJIは考えました。
この雪は異常な降り方です。被害が出るほどの大雪です。
もし、夏場や秋の豪雨だったら避難勧告や避難指示がでることでしょう。
しかし、雪の場合は避難所すら用意されません。何故なのでしょう?

最近の天気予報はよく当たります。大雪や積雪は予想できるのです。
そしてある程度は被害も想定できるはずです。
高齢者や一人暮らしの方は家にいて停電にでもなれば大変なことになります。
また、水道の凍結も相次ぎました。命に関わることです。
雨の場合は道路が冠水するなどする前に「早めの非難」などがテレビ等で
盛んにアナウンスされます。
しかし、雪の場合はそういうことがありません。行政などが対応をしないのですから仕方ありません。
大雪と雨や台風とは違うのだ。という甘い考えが行政サイドにあるのではないでしょうか?
原発の安全神話と同じで雪の場合は雨や台風などよりは安全だ・・・
などと高を括っているのではないでしょうか。

今回の大雪や異常低温は地球温暖化と連動しているそうです。
地球という天体のリズムからいうと、現在は氷河期なのだそうです。
それを人間が人工的に温暖化しているのです。
それで北極を中心として動く大気に乱れが生じ、ユーラシア大陸から極東の日本にかけて
極端に冷たい空気が流れ込み、大雪になっているというのです。
なんとなく理解できるような気がします。

今年ばかりではなく、今後もこのようなことが続く可能性があります。
この冬の北半球は異常です。
冬の大雪対策は待った無しなのです。
今後は大雪の場合も大雨や台風と同じ対策をして欲しいものです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 22:17Comments(3)

2018年02月01日

スーパームーン


写真をごらんください。

真っ暗なところに白い小さな点がみえますが、実はこれはお月様なのです。
肉眼ではとてつもなく大きくみえました。スーパームーンなのです。

昨日は世界的に珍しい皆既月食でした。残念ながら新潟では観察することができませんでした。
空一面が厚い雲で覆われていました。

一転して今夜の空は快晴といっても良いくらいに晴れ渡っています。
そこに現れたのがこの肉眼で見るととてつもなく大きなお月様なのです。



コンパクトデジタルカメラで撮影しました。
カメラの調子があまり良くなくて「とてつもなく大きな月が」が白い点になっているのです。

2月に入りました。
雪の予報が出ています。2月が過ぎるまでは寒く、雪の日が続くのでしょうね。。。


えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 20:11Comments(0)

2018年01月26日

水、水、水道管が、、、


水道管が凍った。。。。

ふるえる寒さが続いている新潟市中央区です。

家の水道管が凍ってしまいました。

越後OYAJIは新潟市に住んで「ん、十年」になりますが、初めてのことです。

昨日のことです。完全オフの日でした。
天気予報で「不要・不急の外出はするな」と繰り返されていました。
そこで、ゆっくりと寝ていました。
そろそろ起き出さなくてはと思ったのが午前11時頃です。
すぐに台所で水道栓を開きました。
なんと。。。何と。。。なんと、、、水が出ません。
台所の水栓は2つあります。
一つは給湯器につながっていて、もう一方は洗濯機につながっています。
どちらの栓をひねっても水が出ません。
これは初めての経験です。
そこで洗面所や風呂場、トイレ等の水を確認しました。
台所以外は正常に水が出ます。お湯もでます。

台所の水栓だけが凍ったのです。
台所につながる外の水道管を確認に行きました。
新潟の家の水道管です。全て断熱材で覆われていました。
過去にも凍ったことなどはありませんでした。
不思議に思ってよく観察すると。。。。
台所につながるほんの数㎝の部分だけ管がむきだしでした。そこの部分が凍ったようです。
すぐに水栓とそれにつながる部分にタオルを巻きつけて、ぬるいお湯をかけました。
数度繰り返すとチョロチョロと水が出始めました。一定の量が出ると今度は給湯器が反応して
お湯になります。お湯が凍った部分を完全に溶かしてくれたので、正常に戻りました。

ふるえる寒さの新潟市です。


本日さいたま市で氷点下9.1℃を記録したそうです。史上最低気温だそうです。
新潟市でも真冬日が続いています。ふるえる寒さがつづいています。

早く、暖かい春が来て欲しいなぁ。。。
とつくづく思っている越後OJIJIなのです\(^o^)/

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 21:22Comments(2)

2018年01月23日

こんなビルの姿・・・


新潟市中央区内のあるビルの姿です。

中央区内ではビルを覆ったこんな姿をいたるところで見かけます。

ビルのリフォームをしているのです。

中央区内、特に新潟駅南地区でこのような姿を頻繁にみます。
日銀のマイナス金利政策の失敗で、貸出先の無い資金が不動産関係にあふれて
新潟市中央区ではミニ建設バブルがおきています。
ちょっとした土地に新しいアパートが随分たくさん建ちました。
また、古い低層マンションの建て替えも結構ありました。さらに古いアパートが新しく建て替えられたり
この写真のようにビルやマンションをリフォームする工事をよく見るようになったのです。
建設関係に仕事が回るので景気循環に良い影響があるようにみえます。

はたしてそうでしょうか?
新潟市では流入人口の増加はありません。中央区内では極一分の地域で人口増がみえますが
その他では増加はありません。新潟市全体では人口減が続いています。

越後OYAJIはこんな心配をしています。
銀行の誘いにのって、低金利の今、投資をしておけば長い目でみれば家賃収入などが
見込めますよ。。。。という悪魔のささやきに近い"甘言"に欲を刺激されて、お金を借りる。
新しいアパートや賃貸マンションや賃貸ビルは見た目が新しいうちは借り手がつきます。
しかし、人口増が見込めない現状では、今回新しくしたところが全て埋まるとは考えられないのです。

家賃や賃貸料を下げても入居者を増やすことはできないでしょう。
そんなことが想像できるのに、何故?こんな投資をするのでしょう?
一番心配しているのは世界経済の不安定さです。特にアメリカの経済は現在順調ですが
今後は何がおこるか想像ができません。リーマンショックを誰が想像できましたか?
トランプ大統領の下でのアメリカは不安定要素を持ちすぎています。
日本はアメリカが風邪をひけばすぐに感染します。リーマンショックの時を思い出してください。
日本経済もガタガタになりました。またバブルが崩壊した時とリーマンショックの時に銀行は
すぐに"貸しはがし"にでました。貸すときは仏の顔をしていましたが、一時ことがおきると
"鬼"になるのが銀行です。今回新潟市中央区にミニ建設バブルがおきて、一見景気がよさそうに
みえても、一旦ことがあれば銀行はすぐに手を引くのです。
大企業は一見儲かっているようにみえても、見せかけだけであると思います。。。。

今日あたりの株価を見ていると、株上昇が続いています。アメリカでは史上最高の株価を実現
しています。日本の株高は日銀が株を買っているから上がっています。
そして、その株を買って儲かっているのは「外国の機関投資家」と「外国人投機家」です。
日本人株主が儲かっているわけではありません。。。。

低金利政策と日銀による株価操作と為替操作で一見景気がよさそうに装っている日本経済。
明らかにアベノミクスというでたらめな経済政策の失敗から全て端を発しています。
間違った安倍政治(安部政権)によってこの先不利益を得るの一番弱い立場の私達国民です。
ちょっとした目先にだまされてはいけません。

新潟市中央区のミニ建設バブルをみてこんなことを思った越後OYAJIです。



さて、皆さんお気づきでしょうか・・・
一般のビルではこのような姿をみることが多いです。
しかし、最近の銀行の外観をみてください。どの銀行の外観も薄汚れているのに気がつきませんか?
銀行は間違った安倍政治の犠牲者になって全然儲かっていません。
外観などに金をかけていられないのです。普通であればビル清掃会社などに委託して
銀行の大看板や銀行の支店の外窓などはいつもきれいになっています。
それに経費をかけられないのだと考えられます。
第四銀行と北越銀行が合併します。それは、そうしないと生き残れないからです。
世界経済一歩先は闇です。地域の人や企業から見放された第四と北越が合併しても
業務が改善するかはとても疑問です。

一つ、とても心配していることがあります。
創業以来150年以上つづく老舗料亭が新潟にあります。そこは実質的に第四銀行が
経営しています。新潟の文化の象徴でもあるからです。第四が手を引けばその老舗は
あっという間に経営危機に陥ると思います。
今回の合併劇の副作用で新潟の文化が一つ失われるかもしれません。
そんな危惧をもっている越後OYAJIです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 20:15Comments(0)

2018年01月19日

蝋梅(ろうばい)


今年も蝋梅が咲いています。

毎年咲く場所に行って撮影しました。

冬のこの時期に新潟で咲く花の代表格は「山茶花(さざんか)」の紅い花でしょう。
しかし、山茶花は秋口から咲きだして越年します。

蝋梅は今年になってから最初に咲く花だと認識しています。
条件によっては初冬から咲くのでしょうが、越後OYAJIが知る限りでは、新潟では
この花が年の初めに咲く花のようです。。。。。

蝋梅は「梅」という文字が入っていますが、梅とは何の関係もありません。
ロウバイ科の植物です。





この写真を撮影したのはあの大雪の2日ほど前です。
その後にあんな大雪が降るとは思いもしませんでした。
雪の重みで枝が折れたりしなかったか、もうすこし落ち着いたら見に行ってこようと思います。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 21:06Comments(0)

2018年01月17日

馬の背


馬の背って知ってますか?

文字通り「馬の背中」のことです。

馬の背は急角度で両方に下がっています。それゆえに馬に乗れるのですし
さらに乗りやすくするために「鞍」が発明されたのだと思います。

この馬の背に擬えて、山の尾根のことを「馬の背」といいます。

さらに・さらに・さらに。。。。→→→ここからが本題です(笑)

雪道で細く歩けるスペースで中央が高くなって、すべって歩きにくいところを「馬の背」と言うのです。

先週、新潟市は大雪に見舞われました。最高積雪が中央区で80cmになりました。
実に8年ぶりの積雪でした。8年前の2010年2月の初旬に81cmという記録があります。

その後は温かい日が続き、雪はどんどん融けています。
現在の新潟市中央区は雨です。屋根の雪がどんどん融けていて「雨だれ」を聞いているようです。

そんな雪融けの新潟の歩道はとても歩きにくいです。
それは歩道が「馬の背」になっているからです。

こんな歩道を歩いた市民は多かったでしょう。



新潟市の海岸部は毎年ほとんど積雪はありません。
それゆえにたまに雪が降ると交通が乱れたりして、大変なことになるのです。

今回は公共交通であるバスがズタズタでした。
新潟市とともに市民生活の向上のためにというふれこみで「BRTシステム」を導入した
新潟交通㈱は大雪に対応できず、約1週間「BRT」は機能しませんでした。
BRTとはBUS RAPID TRANSITのことです。日本語に訳すと「バス高速輸送システム」です。
高速なのです。高速です。。。。
高速どころか、今回のような事態では運休が相次ぎました。どこが高速ですか???

これはバスを運用する会社の能力の無さに原因があります。
危機管理対応ができていないのです。国の補助金に頼る経営、新潟市などの自治体に頼る経営
その経営体質が今回のような事態に対応できないのです。普段でも客に「バスに乗せやる」
というバス経営をしています。危機管理能力があれば早い段階で対応ができたはずです。
自らの責任を放棄している新潟交通㈱に公共交通を担う能力も責任もありません。
新潟市も行政として早めに気がついて、新潟交通との縁切りをするのが市民のためです。
これ以上無駄な税金を使わないで欲しい。。。。。ということです。

確かに8年ぶりの大雪はたいへんでした。しかし、想定外ということではありません。
新潟は雪国です。大雪が降って当たり前である。という前提で準備しなければなりせん。

除雪業者も不慣れなところがあったようで、除雪した雪を歩道に積み上げている様子が
見えました。これも信じられないことです。除雪車が歩道を確保するのなら話がわかるのですが
反対になっていました。慣れていないのでしょうね。。。。

この悪質な除雪対応が「馬の背」の原因にもなっています。
歩きにくいばかりではなく、精神面でも悪影響を及ぼします。

除雪対策やバスやJRなどの公共交通対策をしっかりと検証しなければいけませんね。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 23:17Comments(0)

2018年01月12日

新潟市中央区は雪の中・・・2018年1月12日(金)


昨日から雪が降り続きました。

本日午前10時段階で新潟市中央区で積雪80cmを観察しました。

今シーズン初、久しぶりの大雪だったので市民生活はガタガタでした。

特に車でのトラブルが多く、駐車場から出られない車や道路上でスリップして動けない
自動車をたくさん見かけました。
越後OYAJIは今朝数台の車の「けつ押し」を手伝いました。
何人ものひとが雪トラブルに巻き込まれていて、少しでも手助けができて良かったです。

どこもここも雪で覆われていた新潟市中央区です。




越後OYAJIは今回の新潟県内の大雪は「恵みの大雪」だと思っています(^o^)

この大雪を越後の山々が蓄えて、春になると雪融け水となって越後平野を潤すのです。
広大な越後平野。田や畑が一面に広がっています。そこに必要な水は越後連山からの
雪融け水なのです。美味しい米や野菜、果物はこの豊かな水がもたらしてくれるのですから。

突然の大雪で市民生活はズタズタでした。この大雪を恨んでいる人もいたでしょう。
高齢者は雪の除けで難儀していました。車は一日中渋滞していました。
緊急車両が通れなくて、救急患者などは「肝を冷やした」と思います。

しかし、雪は必ず融けてしまいます。山の雪は恵みを与えてくれて、
平地の雪は日頃の埃を吸い取って洗い流してくれます。。。。。

そんな恵みの雪に感謝して、足下が悪いのに歩き回っているOJIJIです\(^o^)/

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 22:51Comments(0)

2018年01月11日

これは何?


やっと年末・年始を乗り切りました。

約20日間ぶっ通しで仕事をしました。

世間で言う「盆も正月も無い」生活を長く続けています。
他人様にご奉仕するということで満足しています。とにかく誰かを喜ばせたいのですface02face02face02
今回は随分と疲れを感じました。
20歳代からほぼ年中無休の生活を続けています。
今回ほど疲れを感じたことは過去にはありませんでした。

確実にOJIJI化しています。単純に年をとったということです。。。。。

本日久々の休みです。ゆっくりと身体を休めたいと思っています。

と、いうことでブログも滞りがちです。大好きな写真撮影もしていません。
色々な取材もできていません。

そんな中で、昨年撮影した写真です。

いったい、これは何なのでしょう???







畑地や田んぼの脇に棄てられているように置かれていました。
車で通りかかった時は建設廃材なのかな?と思ったくらいです。
何カ所かで見かけたので車から降りて確認したのが上記の写真です。

ブロック状になっていましたが、どうやら"きのこ"のようです。
それも菌床栽培の培地のようです。

なぜこんな農地にあるのかがわかりません。
田んぼや畑地に"鋤き込んで"肥料にでもするのでしょうか?

はたしてこんなものが肥料になるのでしょうか?

越後OYAJIがここを通ったときに周りには誰も人がいませんでした。
農家の方でもいれば聞くこともできたのですが、疑問はそのままです。

このブログをご覧の方で詳しい方がいらっしゃったら、是非これが何なのかを教えて下さい。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 00:06Comments(2)

2018年01月05日

戌年


本年も宜しくお願いいたします。
越後OYAJI

2018年も明けて本日で5日になります。
もうすぐ松が明けるというのにやっと今年初めてのブログを書いています。

年末からゆっくりと風呂にも入れない日々が続きました。
湯船には浸かっていませんが、毎日シャワーの日々でした。

大晦日も元日もなく忙しくしていました。
お餅だけは食べましたが、お正月料理などもいただいていません。
紅白歌合戦は見ました(^o^)

明日からは3連休です。11日(木)まで忙しい日々が続きます。

ということでブログの更新もできませんでした。



2018年、今年も「越後OYAJIのECHIGO良い処」をごひいきに。。。。\(^o^)/。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 21:49Comments(0)

2017年12月28日

真冬の桐の実


定点観察している南区の「桐の木」です。

秋にたわわに実をつけました。

冬になって雪の日があったり、強風の日があったりしても、しっかりと木と結びついています。
この強い結びつきは「絆」という言葉を連想させます。

昔から、女の子産まれると桐の木を植える。ということがあります。
その子が成長して結婚するときに産まれたときに植えた桐の木で「桐タンス」を作り
花嫁道具としてもたせる。ということです。
「桐の木」は火に強く、そこに着物を入れておくと、火事になって水を被ると
桐のタンスはぴったりとくっついて中の着物を守ってくれる。といのが本当の理由です。
新潟県は加茂市や新潟市南区などで桐タンスつくりが盛んです。

上のような理由で桐の木を植えて、タンスを作ったりするのですが
桐の木がたわわに実をつけたり、実が木から離れなかったりする様子を
夫婦の「絆」と結びつけているのかもしれません。
そう考えるのは越後OYAJIだけかもしれませんけどね\(^o^)/





この木に咲く花は大きく、色も鮮やかです。
来年春にその花に出会うのを楽しみにしている越後OYAJIです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 22:30Comments(2)

2017年12月25日

クリスマスイブ&クリスマス


12月24日はクリスマスイブ、25日はクリスマスです。

クリスマスは飲んで食べて、プレゼントを交換するだけの面白おかしく楽しむ日ではありません。

キリスト教徒にとってはとても大切な信仰上の祭日です。

キリスト・イエスの誕生をお祝いする日なのです。

キリストとは古代ギリシャ語に由来する言葉で「救い主」という意味です。

歴史的に苦難を経てきたユダヤ民族に苦難から民族を救い出してくれる「救い主」が誕生した。
という深い宗教的に意味のある日がキリスト生誕を祝うクリスマスなのです。

イエスという人物は歴史的に実在した人物です。
クリスマスの物語にあるように、マリアから誕生したというのも事実のようです。
しかし、誕生日に関してははっきりせず前後20年から30年の誤差があるようです。

歴史上のイエス(史的イエスといいます)はユダヤ民族の宗教であるユダヤ教のラビでした。
ラビとは教師という意味です。そして聖書に書かれているような色々な奇跡を起こしたり
人々と接したりしてとても尊敬され、人気者でした。弟子もたくさんいました。
時に人間には理解できないような行動をしたり、言動をしたりしました。
政治犯とされ、ゴルゴダの丘で十字架による磔刑に処されました。。。。。。
しかし、なんと墓に収められて3日目に「復活」したのです。
つまり生き返ったのです。
そして数十年の時を経て、イエスの弟子達が「あの我が師は救い主である神様である」と
宣教をはじめたのです。この頃に史的イエスは神格化され「キリスト」になっていきます。
古代のパレスチナで起こった宗教的大革命がキリスト教誕生の物語です。

イエス・キリストというと「姓はイエス、名はキリスト、馬舟の中で産湯につかり。。。」
などと「寅さん」のような勝手なイメージを作る人がいるかもしれません。
イエス・キリストは「姓」でも「名」でもありません。

その初めの初めがイエス誕生前夜のイブの物語になり、
クリスマス当日の生誕物語となったのです。

上記は当然簡略化の簡略的に書き上げたものです。クリスマスにもクリスマスイブにも
また復活してキリストと呼ばれるようになるときも深い深い信仰的な真実があります。

クリスマスをよく知らない方々に少しでも知って欲しいという気持ちで書きました。

さて。。。。
新潟駅南のケヤキ通りでは毎年恒例の「光のページェント」が行われています。
ケヤキの木に沢山のLED電球をつけてイルミネーションを展開しています。

ボッチクリスマスイブを過ごした越後OYAJIは駅南までこれを見に行ってきました。
しかし、今年は例年よりは貧弱な感じがしました。LED電球の数が少ないような気がしました。
世の中好景気だと言われていますが、新潟市はなかなかそうはなっていないようです。
企業の協賛金などが集まりにくかったのかもしれません。
また新潟市の行政的な補助も少なくなったのではないでしょうか。。。。。
クリスマスイブの新潟市ケヤキ通りです。


一夜明けまして。。。。。
メリークリスマス!!!!!

2017年12月25日(月) 今日は珍しく完全オフの日です。

せっかくのキリストの生誕をお祝いする日です。
そこで越後OYAJIは勝手にキリス・トイエス誕生お祝い会を一人で行いました。

越後OYAJI恒例のボッチ食い「焼き肉食べ放題」です・・拍手、拍手、拍手・・・\(^o^)/

クリスマスもキリスト様も何の関係もない、馬鹿食いをしてしまいました。

いつもの東区のスタミナ太郎新潟店でのランチです。

焼き肉を6種類3皿とイカ焼きを最初に手元におきました。


それ焼け!!! それ食べろ!!!!とどんどん焼いていきます。


(左)お代わりです。イカ焼きはさらに追加して食べます。
(右)再々お代わりです。箸休めに浅漬けも、、、、


(左)再々々お代わりです。どんどん肉を食べます。アイスも食べ始めますが・・・
実はこのアイスもお代わりなのです(^_^;)
(右)デザートです。モンブランケーキと「抹茶オレ」「カフェオレ」「ココアオレ」です。


崇高な思いでキリスト・イエスの誕生をお祝いする日であるクリスマスイブと
クリスマスの日を腹が裂けそうになるまで肉を食べて尽くした越後OYAJIなのですface02face10face10face02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 




  


Posted by 越後OYAJI at 18:19Comments(2)

2017年12月22日

寒ブリ丼


日本海産の「寒ブリ」で作った丼です。

薄味の「寿司飯」を作って寒ブリの刺身をのせました。

どんぶり全体を寒ブリで埋めたかったのですが。。。。
貧乏な越後OYAJIは冷凍マグロも使いました。ぶりのうしろで寿司飯を覆っているのは
安物の冷凍まぐろです。。。。(#>o<#)。。。。



日本海の寒ブリは脂がのって、最高ですね。。。。

今年はさんまや鮭などが高騰しました。
その中で寒ブリは高級魚の地位を不動にしています。

そんな高級魚を美味しく、普段食として食べられるのは何とも幸福です。

「幸福・口福・口腹・口福」・・・・・

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 22:03Comments(2)

2017年12月21日

なんでだろう?


この帽子に見覚えがあるでしょ。。。。
言わずと知れたサンタさんの帽子です。




この季節になると何故か? 至る所で見るのです。
コンビニで、スーパーマーケットで、ドラッグストアーで、ファミレスで、ピザデリバリーのバイクで。。。

そして何の違和感も無く受け入れられていますよね。。。。

OJIJIの私にはとても不自然に感じます。
何故クリスマスだけ色々な商業施設でこんな帽子をかぶるのでしょう。

日本では季節事に色々なイベントがあります。そのたびに象徴的な事物があります。
例えば節分なら「鬼の面」 七夕なら「笹飾り」 ハロウィーンなら「カボチャのお化け」等々
そのイベントにあわせたものがありますが、クリスマス以外に店員さん達が一斉に
何かに扮するということはありません。

何故か? クリスマスだけ色々なところの店員さん達が「サンタ帽」を被ります。

まぁ、クリスマスの雰囲気を演出しているつもりででしょうが、とても違和感がありますね。

ハレの日商法というのがあります。
日本人の習俗で「ハレ」と「ケ」という考え方があります。「ハレ」は特別な日や事。
「ケ」は日常の事や日。と言うとらえ方です。
そのハレにあわせて商機見いだそうとするのがハレの日商法です。

今から30年~40年前まではクリスマス関連のハレの日商法がダントツ一位でした。
売り上げがあったということです。2位はお正月関連でした。
また、入学や卒業関連もハレの日商法で効果がありました。
それが段々と色あせてきて、最近ではバレンタインデーやハロウィーン、節分の恵方巻などが
上位にあがっています。またSNS等の情報社会で今までの常識が通用しないことが多々あります。
そんな中でなんともアナログな「サンタ帽」に違和感を感ずるのは
私がOYAJIからOJIJIになったからでしょうか。。。(笑)

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 18:41Comments(2)

2017年12月21日

もめん豆腐


新潟市内の豆腐業者さんが作っている「もめん豆腐」です。

一丁を4等分してフライパンで焼いただけのものです。
ポン酢をかけています。柚子のみじん切りとやわはだ葱をのせています。
この写真はわかりにくいですね(笑)




この豆腐はとてもかたい豆腐です。「密」なのです。
正統的な豆腐の作り方をしています。大豆の成分が「ギュッ」と詰まっているのです。
スーパーで売っている豆腐は凝固剤で固めていて、さらに豆腐の固まる成分が薄いので
なんとも頼りない木綿豆腐ができあがります。普段はそんなのを食べていますが
今回の豆腐のように「濃密」でまるで「絞り豆腐」であるかのような豆腐はとても貴重に感じます。

とにかく、豆腐本来の味がするのです。

美味しくおいしくいただきました。。。。\(^o^)/、、、、、

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 01:28Comments(2)

2017年12月15日

萬代橋のまわり


新潟市中央区内はここしばらく雪や雨、曇りの日々が続いています。
すっきりとした青空をしばらくみていません。

しばらくぶりの雨のあいまの曇りの日に萬代橋の周りを歩いてみました。



何故か? この時期になると工事が多くなります。秋まではなんでもなくきれいなやすらぎ堤でした。
毎年冬の天候の悪い時期に必ずと言ってよいほど工事をしています。景観が悪いですね。


・なんと八千代橋も工事中でした。片側交互通行でドライバーは不便そうでした(左)
・気がつかないうちに萬代橋のたもとに新しいマンションができていました(右)


新潟市は寒い日がつづいています。
この一週間の平均気温は5.1℃です。全国の主要都市で一番低い数字です。
海岸部の新潟市中心部は雪の量は少ないのが例年の傾向です。
海からの風は強く冷たいのですが、今年はここ数年とは違う気象状況のようです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 19:49Comments(2)

2017年12月11日

食事


食べたものの記録です。

この食事はいつのだと思いますか?

実は。。。。。

今朝の朝食なのです。

勿論、夕べの残り物も食べましたが、今朝の食事なのです。



・キムチ炒飯
・たまごスープ
・にんにくたっぷり焼き肉
・彩り野菜炒め

朝からヘビーな食事をしている越後Ojijiなのです。。。。\(^o^)/。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 11:19Comments(0)

2017年12月08日

夜の浅草「浅草寺(せんそうじ)」


ライトアップされた浅草寺です。

夜になっても外国人観光客の姿が至る所で見られます。

浅草の観音様は24時間年中無休で人々に接していられるのでしょうか?

ライトアップされた「浅草寺本殿」です。


本殿の前にある「宝蔵門」を本殿を背にして撮影しました。正面ではなく「背面」です。


五重塔


おなじみの「雷門」です。


浅草寺脇の「吾妻橋」を渡った墨田区内に用事があって行きました。
その途中で夜の浅草寺を撮影しました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 22:52Comments(2)

2017年12月06日

渋谷


東京都内にいるうちに電車移動で渋谷に行ってきました。

電車で渋谷に行ったのは10年ぶりくらいだと思います。
いつもは車でいくので随分と変わった渋谷駅前の様子に驚きました。
渋谷駅は現在工事中で数年後には超高層駅ビルになります。

車の車窓から見ていた渋谷駅前と自分の目で見た渋谷駅前はあまりにも違っていました。

夕暮れ時の渋谷駅前


ハチ公に会ったのも10年ぶりかな? 


渋谷駅前のスクランブル交差点は世の中にこんなに人がいるのか!!!!
と思うほど沢山の人であふれています。その中で外国からの人が沢山いるのが目立ちます。


街角にはクリスマスツリーも。。。。


電車に乗ることがほとんど無い越後OYAJIです。
ホーム上の安全確保の為の「ホームドア」です。全てのホームにこれが設置されると良いですね。


上野も新宿も渋谷も銀座も特別な超繁華街です。
しかし、いつも渋谷だけは別な雰囲気を醸し出しています。不思議です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 16:25Comments(0)

2017年12月05日

OYAJIのスパゲティ


何の変わりばえもしない越後OYAJIのスパゲティです。

いつもの作り方です。ベーコンとロースハム、タカノツメ、刻みにんにくをオリーブオイルと
バターで作ったソースで茹で上げたスパゲティを絡め炒めしたものです。
そこに「煎りたまご」をくわえてなんとも不可思議なパスタをつくりあげました。

パスタ料理にたまごを使うので有名なのは「カルボナーラ」です。
卵の黄身と生クリームの濃厚な美味しさを味わうパスタ料理です。。。

それを意識して作ったのでないのですが、
卵を使ったパスタ料理でもずいぶんと違うものになりました。



スパゲティは格安品です。500gで77円のスパゲティです。

原材料としてデュラムセモリナ種の小麦を使っている。と言う表示でした。
しかし、アルデンテに茹でてすぐに食べたのですが、スパゲティ独特のコシがなく
旨味もありませんでした。安いものは安いだけの値しかないのですね。
とても残念でした。。。。。(#>o<#)。。。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 19:34Comments(0)