2013年03月26日

ふなべた


新潟で「ふなべた」と言われる魚です。

漁師さんが底引きで漁獲して新潟市漁協の水揚場で捌いていました。

「ふなべた」と「いしもち」です。


この日は寒い日でしたが、一生懸命に捌いていました。誰かが美味しく食べてくれればそれでよい。と思って仕事をしているようでした。漁業も農業と同様に高齢化が進み、この方のような高齢者が魚市場で沢山働いています。


「ふなべた」です


「ふなべた」は新潟の庶民が好んで食べいていたお刺身です。今から30年位前までは庶民の刺身と言えばこの「ふなべた」でした。「がんぞうひらめ」というのが正式名のようです。ヒラメの仲間の魚です。小さくて捌くのに手間がかかる割に低価格だったので次第に廃れていきました。
現在では高級品扱いされています。味の良い刺身魚です。  


Posted by 越後OYAJI at 13:52Comments(0)