2013年08月27日

新潟漁港 2013年8月25日


新潟市漁協に荷揚げされた魚です。

これから競りにかけられます。
今は「底引き網漁」の禁漁期間です。信濃川河口の新潟市沿岸で漁獲されたものです。

抜群の鮮度のアジです


タチウオです。「太刀魚」と書きます。鮮度抜群なので刺身が美味しいです。


ひらめです


真鯛の小さいものです。


最高級とされる「赤いか」です。



鮮度を保ちながらの「手作業」です。

新潟の魚はうまいよ~  


Posted by 越後OYAJI at 15:01Comments(0)

2013年08月27日

北区松浜の「ござれや花火大会」です。


新潟市北区松浜地区のお祭りである「松浜まつり」のフィナーレを飾る花火大会です。

2013年8月25日(日)に実施された「ござれや花火」です。

「ござれや」とは新潟弁です。「おいで下さい」「お越し下さい」という意味です。
相手のことを気遣った非常にやさしいニュアンスの言葉です。

新潟市北区松浜地区は昔は漁師町でした。大阿賀野川の河口に漁港を築き、阿賀野川の魚(特に鮭や春マス)や日本海と阿賀野川の汽水域に生息する魚、さらに日本海の海の魚など豊富な魚種を漁する漁民の町でした。昭和50年代頃まではにぎやかな町だったそうです。その後時代の変化で漁師の方も減り、人口も高齢化してだんだんと活気がなくなってしまいました。商店街もにぎやかでしたが、今は見る影もありません。

それでも地域の方の祭りにかける情熱は昔とちっとも変わっていないようです。
阿賀野川から大二尺玉を打ち上げたりして派手な花火大会です。
花火大会には近隣から約25万人のギャラリーが集まります。


この花火大会のおもしろいところは中断がちょくちょくあるということです。
阿賀野川の河口で「新潟空港」の脇でやる花火大会です。空港の飛行機の離発着に支障をきたさないように安全に最大の配慮をしなければなりません。

今回も午後8時頃に15分くらいの長い中断がありました。
その間に6機の飛行機が私達花火ギャラリーの上空すぐ近くをかすめて新潟空港に着陸していきました。本当にすぐ近くでした。
飛行機の窓から乗客の姿を確認できるくらいにすぐ近くなのです。

全国的にもこんな環境のところは珍しいと思います。
新潟空港は市街地に極端に近いところにあります。素晴らしい環境です。便利です。全国の越後・新潟ファンの皆様、新潟空港を利用してどうぞ新潟に「ござれや」 by 越後OYAJI









大二尺玉が開く瞬間です。


天候は晴天で、微風でした。煙が適度に流れて美しい花火を堪能しました。  


Posted by 越後OYAJI at 14:20Comments(0)

2013年08月27日

まぐろ資源減少


本マグロの資源量が極端に減っているそうです。
水産庁は未成魚(3歳以下)の漁獲を減らすように検討しているようです。



本マグロの3歳以下の未成魚を「めじまぐろ」と言います。
佐渡沖は「日本海まぐろロード」です。5月頃から「夏マグロ漁」が盛んに行われます。
特に5月~7月頃に水揚げされる「めじまぐろ」は料亭などでも大切な食材になります。
夏の「めじまぐろ」はさっぱりして身の色の変化が少なく美しさとおいしさを追求する料亭では
欠かせない食材なのです。
今後は資源保護のためにこの大切な食材が魚屋の店頭に並ぶことはなくなるかもしれません。

基本的には北太平洋海域の本まぐろに適用されるようですが「沿岸海域」でも資源の減少は
深刻なので同じことだと思います。日本は15%の量の削減を提案するそうですが、米国などは25%以上の漁獲削減を提案してくるようです。

日本食が世界で重宝されています。健康面を考えてもバランスを考えても日本食は理想的です。
その中で「まぐろ」はなくてはならない食材です。世界中の人が食べるようになり資源が減っているのです。何も日本だけの責任では無いのです。世界中の食に関わる人々が真剣に考えるべき問題だと思います。

時に「くじら」に関しては各国の環境保護団体が「鯨漁をやめろ」と違法な手段を使ったり、国際裁判に訴えたりしています。IWCで許容されている「調査捕鯨」でさえやめろと言っています。

今回のまぐろに関してああいう団体はどういう行動にでるのでしょうね?
きっと何もしないと思います。何故なら彼らの行動は「環境保護活動」でもなんでもないからです。
早い話が「営利活動」なのです。「捕鯨」の問題を環境保護活動などというと世界中のお金持ちが「鯨を食べるな」「鯨がかわいそう」などと言って「多額の寄付金」を与えるのです。職業的活動家である彼らは「鯨」のこととなどはどうでもよいのです。「お金にさえなれば、何でもする」のが職業的活動家なのです。

日本の食文化、新潟の食文化を守るために沢山の方が知恵を出し続けなければなりません。



まぐろ資源を守るために、今すこし小さな「まぐろ」を漁獲せず食べないというのは大賛成です。

※写真は新潟市東区空港通りにある料理屋さんの看板です。

  


Posted by 越後OYAJI at 00:34Comments(0)