2013年12月27日

黒い柿の実


黒い柿は初めて見ました。

新潟県内では色々な種類の柿を栽培しています。

商品として栽培しているものはほとんどが旧新津市古田に原木がある
「八珍柿」という「平核無柿」です。

その他の柿の木は農家の方や一般の方が趣味の範囲内で栽培しています。

実際に黒い皮の柿の実はあります。特殊なものとして関西のほうにあるそうです。

しかし、それは実が大きくなりません。所謂「筆柿」の大きさです。
皮が真っ黒で実は普通の柿の色をしています。


この写真の柿の実は「百目柿」くらいの大きさです。

勝手な想像ですが、樹上で熟してから腐ったものではないでしょうか。

樹上で真っ黒になった柿の実です。



樹下に落ちた実です。黒く腐ったように見えます。


どなたか詳しい情報をお持ちの方がいれば教えてください。
樹上に数個しか実がついていませんでした。所有者に無断で取ることができないので
詳しいことを調べることができませんでした。大変に興味がある事象です。
もし、これが本当に黒い実のなる柿ならば私にとって驚天動地の一大事です。

新潟市西蒲区潟東地区にて。

  


Posted by 越後OYAJI at 16:17Comments(0)

2013年12月27日

寒ちぢみほうれんそう


寒ちぢみほうれんそうです。

普通のほうれん草なのですが畑にほったらかしにしておきます。

霜が降りたり、雪が降るくらいの寒さになるとほうれん草は自分の生命を守るために

葉や茎に「糖」を蓄えます。それで特別な甘みをもつほうれん草になるのです。

このちぢみほうれん草は特別に甘く、しゃきしゃきとした独特の食感があります。



ちぢんだ葉と根の部分


おひたしです


ほうれん草は「あかざ科」の植物です。

根が赤いので「赤座=あかざ」なのです。この根の部分には鉄分が多く含まれています。
栄養満点です。

  


Posted by 越後OYAJI at 00:51Comments(0)