2014年03月14日

すけそう鱈


「助宗たら」です。
日本海での水揚げが多い魚です。重要な漁業資源です。
漁業資源としては鮮魚としての利用やすり身にして「蒲鉾」などにします。
干して「干鱈」にしても使います。

新潟ではポピュラーな人気惣菜魚です。

煮ても、焼いても、揚げてもどんな調理の仕方をしても美味しく食べることができます。
余計な情報ですが、マクドナルドの「フィレオフイッシュ」は助宗鱈を使っているそうです。

「たらこ」はこの助宗たらの卵です。鮭の卵の「筋子」とともに人気の魚卵です。

一方鍋物などに使う「真鱈」があります。助宗たらに比べると魚体は倍以上あります。
真鱈の子は大きくて「しらたき」などと一緒に煮て食べます。

真鱈の白子は珍味として食べられます。
生でもさっと湯引きしても美味しく食べることができます。ポン酢でいただきます。

「真鱈」は刺身で食べることがあります。また昆布締めは最高に美味しいです。
一方「助宗鱈」は刺身で食べることはありません。
煮・焼・揚・蒸の加熱調理で美味しくなるという特徴を持っています。

越後の海岸部で良く食べられる漁師料理の「沖汁」は「助宗鱈」を使います。

下処理した「助宗たら」です。


助宗たらの肝は煮て食べると大変に美味しいです。


助宗たらの煮付けを作ります。

煮汁を煮立ててそこに鱈をいれて煮ます(左)    強火で煮ていきます。落とし蓋を使います(右)


煮てから一晩おくと味がのって美味しくなります(左)     器に盛りつけました(右)




鱈は鮮度が大切です。「真鱈」も「助宗鱈」も自己消化酵素というのをもっていて
水揚げされて死ぬとすぐにその酵素が働きはじめます。
自己消化酵素が働くとどんどん鮮度が落ちていきます。

また、煮魚には生姜を上手に使いたいものです。魚のくせを消すばかりではなく
美味しさをアップしてくれます。
生姜も中国産が主流でスーパーなどで大量に販売されています。
しかし、風味が良いのはやはり国産です。国内産では「高知県産生姜」が主流です。


  


Posted by 越後OYAJI at 18:15Comments(0)

2014年03月14日

紅梅が咲きました


以前このブログで盆栽の紅梅を紹介しましたが季節通りに梅の花が咲きました。

鳥屋野潟公園で撮影




2014年3月15日(土)から江南区亀田で恒例の
「かめだ梅まつり」が開催されます。4月の上旬までです。
亀田は「藤五郎梅」の産地です。地区内の梅林で美しい花を鑑賞できます。


  


Posted by 越後OYAJI at 00:48Comments(0)

2014年03月14日

待春の山あい


春を待つ山里です。





外の景色はまだまだ冬の姿です。
しかし、農家の作業場では春の準備をしています。

人々の生活も3月の生活そのものです。

大自然をも掌中におさめる創造の神は見事なまでに時間をコントロールし
季節を作り出していきます。

加茂市郊外(県道9号線沿い)



  


Posted by 越後OYAJI at 00:47Comments(0)

2014年03月14日

街角雑影-84


新潟市中央区川岸町(新潟県立ガンセンター病院の裏手)


新潟市中央区白山地区界隈




  


Posted by 越後OYAJI at 00:46Comments(0)

2014年03月14日

廃屋


まちなかに廃屋がありました。

人が住んでいたのでしょうが、誰もいなくなり、時間の経過とともに
このような状態になったのでしょう。


私は意外にこのような家屋が好きで写真に収めています。
この家には人が住んでいて、そこに住んだ人達の歴史がつまっているからです。

まるで死んだような廃屋ですが、この建物は歴史の証し(証人)でもあるのです。

新潟市中央区には廃屋が多くあります。特に「しもまち」と言われる地域に多いです。
新潟市中央区は高齢化率が新潟市内中で一番高い地域です。

高齢になるまで自分の家で住み続け、その後その家を引き継ぐ方がいなくて
自然と廃屋状態になるのでしょう。高齢化問題は深刻な問題です。  


Posted by 越後OYAJI at 00:45Comments(0)

2014年03月14日

街角雑影-83


白山通りです。

昔はここは路面電車が走っていました。電車通りでした。


中央区関屋


  


Posted by 越後OYAJI at 00:44Comments(0)