2014年08月25日

萬代橋誕生祭-2014年8月23日


8月23日は現在の萬代橋の誕生日でした。

それをお祝いして色々なイベントがありました。

現在の萬代橋は4代目で開通から85周年目だそうです。

さらに今年は「沼垂町」と「新潟市」の合併100周年

萬代橋が国の重要文化財になって10年目の節目の年です。

メインイベントは萬代橋を通行止めにして公募によるカップルの結婚式でした。
残念ながらその写真をとることはできませんでした。

萬代橋です。


重要文化財の指定書です。


萬代橋を中心にして色々なイベントが展開されました。

各会場がわかるように案内板(左)             萬代橋の模型が展示されていました(右)


フリーマーケット(左)                  新津松阪を披露(新潟民謡連盟の方々)右


子供達のダンスパフォーマンス


万代太鼓(左)                        高校生の吹奏楽(右)


フラダンスも披露



萬代橋は夜になるとライトアップされています(9月中旬まで)


もっともっと沢山のイベントが繰り広げられました。

えちごおやじ 越後OYAJI










  


Posted by 越後OYAJI at 22:13Comments(0)

2014年08月25日

豚肉LOVE


越後OYAJIのこんな物食べていますシリーズです

icon06豚肉LOVEですicon06

新潟県産の豚肉の肩ロースをソテーしてトマトオイルソースで仕上げました。

肉に小麦粉をつけて狐色になるまで焼き、日本酒でフランベしてから
事前に作っておいたトマトオイルソースを入れて軽く煮るようにしてできあがり。

この肉きは厚さが2cmくらいあります。じっくりと火を通します。

豚肉はビタミンB群が豊富で疲れたときなどに良い栄養になります。



えちごおやじ 越後OYAJI  


Posted by 越後OYAJI at 16:09Comments(0)

2014年08月25日

茶飯


越後OYAJIのこんな物食べていますシリーズです。

茶飯です。茶色の御飯で「茶飯」です。

作り方は簡単です。
通常の水加減の米に「めんつゆ」を適量(お好みで)をいれて炊くだけです。

私はこういう味御飯が大好きで、炊き込み御飯や混ぜ御飯を良く作ります。

茶飯に千切りの新生姜を入れて炊きあげれば「生姜御飯」になります。
暑い時期に新生姜の香りが立ってとても美味しいです。

和歌山県では郷土料理として「茶がゆ」があります。
これはお茶でかゆに炊きあげます。
昔、紀州松平家が質素倹約を奨励したときに
少量の米をお茶で炊き、増やして食べたのが始まりとされています。

また、茶飯は新潟では「不祝儀」の時に使います。
現代はずいぶんと贅沢になってお通夜でも「通夜ぶるまい」と称してご馳走を並べます。

30年ほど前まではお通夜ではこの茶飯のおにぎりと精進のお煮染め位でした。

新潟には「醤油おこわ」というものもあります。
通常の赤飯の「不祝儀用」です。やはり醤油で茶色にして作る「おこわ」です。

長い間尊敬してお付き合いいただいた方がお亡くなりになりました。
日本の為に新潟のためにいろいろと尽力された方です。
ご冥福をお祈りいたします。合掌

茶飯です。
茶碗にもったところ(左)                    炊きあがったところです(右)


とってもシンプルなのですが美味しい御飯です。
白飯とは違った別な美味しさがあります。


えちごおやじ 越後OYAJI



  


Posted by 越後OYAJI at 12:36Comments(0)

2014年08月25日

プルーン


プルーンが完熟しました。

プルーンは「西洋スモモ」ともよばれます。

生食も当然ながら、干したものは「ドライプルーン」です。

ジュースは大変に甘く、重い感じがするほど濃いものです。

色々な加工品があり有用な食材です。

表面の白い粉様のものは「ブルーム」と呼ばれる植物が自らの身を守るものです。
勿論無害です。よく勘違いされるのは白いブルームを残留農薬ではないかという誤解です。
現在日本国内で流通する食材としての野菜や果物に残留農薬などはあり得ません。

プルーンです。


新潟市中央区女池地区で

えちごおやじ 越後OYAJI

  


Posted by 越後OYAJI at 12:13Comments(0)