2014年12月01日

夕景色


夕日を背にして撮影した新潟の晩秋の様子です。
夕焼けの色が映っています。





その時の夕日の様子です。




晩秋の天気の良い日に撮影しました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 22:52Comments(0)

2014年12月01日

ラーメン越後流-11


越後流「ぶし」ラーメンです
こってり系のスープに「粉かつお」を加えています。
香りが強くて美味いですね。



えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 18:22Comments(0)

2014年12月01日

新潟花物語-11


新潟に咲く花です。
晩秋の新潟に咲いていた花です。









えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 18:20Comments(0)

2014年12月01日

「スシロー」オープン 新潟初


回転寿司のスシローが新潟市にオープンしました。

スシローは回転寿司業界で売り上げNO-1の会社です。
2014年9月末現在で全国で383店舗展開しています。新潟はその次ぎ(385番目)くらいかな?
連結ですが企業全体で1200億円以上売り上げています。

スシローの最大の特徴は「顧客満足度」が高いということです。
以前、日経新聞の調査で回転寿司業界で「ダントツ1位」でした。
今回の新潟出店は直営だそうで新潟の「食の業界」に一石を投ずるかもしれません。
単に食べ物としての寿司や料理ばかりではなく「食の全てに関わる点で」
ダントツ一位だと大歓迎なのですが・・・



オープンしたばかりということで、店外で待つ方々も沢山いました。
勿論店内の待ち席はあふれんばかりの人でした。


新潟市民はとかく新し物好きです。オープン当初は当然行列もできます。
しかし、飽きっぽいのも新潟人の特徴でもあります。じっくりとお店を育てるというような
気骨のある市民はあまりいません。ですからイベントに走りやすいのです。

スシローを展開する「あきんどスシロー」は新潟市内にすぐに数店舗を展開したい。
というコメントを出していました。しかし、新潟の食市場はそんなに甘くありません。
特に大衆の懐に手をいれる商売はよほど新潟の実態を知らなければすぐに撤退ということに
なりかねません。スーパーマーケットの「フジミショッピングセンター」の尻の始末を
することになった「東北マックスバリュー」が新潟市に進出した当時は、新潟の市場を研究して
数年で新潟市内に30店舗以上を展開したい。とコメントしていました。
実態は新店舗出店は0で既存店でも大苦戦しています。

新潟市の食事情と食市場をなめていると痛い目にあうということです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 13:29Comments(0)

2014年12月01日

ポスト?


郵便ポスト型の「郵便受け」です。
大きいですし、玄関先に置いてなければ普通の「郵便ポスト」だと思ってしまいます。
新潟市内で数軒同じ物を置いているお宅があります。



最近の郵便ポストは四角いですが昔はみんなこの形でしたねface02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:54Comments(0)