2015年10月18日

鮭白子の味噌焼き


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

鮭の白子(精巣)を味噌漬けにして、焼いて食べました。

この手の食べ物は好きな人は「大好き」ですし、抵抗のある方もいると思います。

鮭の白子の筋状に入っている血管の中の血を丁寧に取り出します。
それを酒で溶いた味噌に漬け込み一晩おいてから焼き上げます。

ごはんのおかずとして食べる人もいますし、酒の肴として楽しむ方もいます。



鮭の白子です。下処理は丁寧にしましょう。


酒で溶いた味噌に「しぼり生姜」をいれたものに一晩漬け込みます。
これを焼き上げるだけです。


鮭の"子"としては「筋子(卵巣)」の方が珍重されます。

しかし、白子も利用価値があるのです。

鮭の白子の鮮度のよいものを「生食」することもできます。
腹から取り出したものを良く洗ってから切ってポン酢でいただくのです。
好きな人は「やめられない」と言って酒の肴として召し上がります。
越後OYAJIは苦手ですm(_ _)m

焼いて食べるのが一番素人向けだと思います。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 21:59Comments(0)

2015年10月18日

巨木


新潟には沢山の伝説的な巨木があります。

これはそういうのに指定された樹ではありませんが、見たときに感動的な樹でした。
みごとな巨木なのです。
樹齢等はわかりませんが、地域の方々が長い間大事にしてきたのでしょう。

写真技術が拙くて、この樹の雄姿を存分に表現しきれていません。
実物をみると感動しますよface02

イチョウの巨木です。根本から樹梢まで20m位はあると思います。
枝・葉の横の広がりも大きく、すばらしい巨木です。
「銀杏の実」が沢山ついていました。



こちらは「スズカケの樹」です。
この樹も樹高が15m以上ありました。
すごいのは「幹まわり」です。大人が両手を広げた3人分くらいの「幹まわり」なのです。
まさに巨木でした。


太い幹です。


いずれも新潟市江南区で撮影しました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 07:57Comments(0)

2015年10月18日

弁当


越後OYAJIの弁当です。




icon28卵焼き・笹かまぼこ・さば塩焼き・ウィンナー・カボチャコロッケ・唐揚げ・紅白蒲鉾

icon28サラダ=レタス・胡瓜・ミニトマト

icon28おにぎり。

サラダには小袋のマヨネーズを持っていったのですが、使わずにそのまま食べました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 07:16Comments(5)