2015年11月05日

弥彦山と角田山


秋晴れでくっきりとして凛々しく聳える弥彦山と角田山です。

車で移動しながら色々な地点で撮影しました。







快晴でした。角田山の右側には佐渡島が見えました。佐渡と新潟海岸の間には
日本海がありますが造山運動的には弥彦・角田・佐渡は一体なのでしょうね。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 21:00Comments(0)

2015年11月05日

新潟うまいもの列伝-[鮭のなわた汁]


越後新潟にうまいものあり。

鮭のなわた汁です。

「なわた」とは「白子=精巣」のことです。

鮭の白子を使った味噌汁です。

新潟では鮭の季節になると高級料亭でもこの味噌汁をお出しすることがあります。

毎日毎日料亭で接待に明け暮れている経済人や役人などの方々は
料理人が「腕によりをかけて」作った手の込んだ料理よりも
このような昔ながらの素朴な郷土料理を好まれるようです。

信濃川に鮭が遡上して赤塚あたりの大根が美味しくなり、
やわはだ葱が甘味を増してくる頃に作ります。



丁寧に下処理した鮭の白子をさっと湯通しします。
鰹だしと鮭の骨からとった出汁に「ふくさ味噌」を溶いて湯通しした白子を煮ます。
※ふくさ味噌とは数種類の味噌を合わせて味の調整をした味噌のことです。

他に大根・人参・笹がきごぼう等を用意します。

仕上げにやわはだ葱(ねぎっ娘)を入れて熱々に山椒粉を極少量使って食卓に。

鮭の白子です。


鮭では白子よりも筋子が珍重されます。
白子は煮付けにしたり、焼いたり、鍋物に使ったりします。

フグでは白子が最も珍重されるのに、鮭では「廃物利用的」な扱いです。
それ故に郷土料理として庶民に親しまれているのだと思います。

越後に美味いものあり。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 09:47Comments(3)