2016年02月04日

立春②["寒梅"が咲いています]


「寒梅」が咲いています。

「寒紅梅」などと言います。

本日「立春」。確実に春は始まっています。







新潟市中央区で撮影

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 19:29Comments(2)

2016年02月04日

にんにく醤油和え


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

安物の冷凍マグロを「にんにく醤油漬け」にしたものです。

ごはんのおかずになります。

「刻み葱」と「刻みにんにく」に酒、醤油を加えて混ぜます。
さらに「豆板醤」を少量加えて冷凍マグロの角切りを和えます。



えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI

  


Posted by 越後OYAJI at 17:09Comments(0)

2016年02月04日

政治と金


政治家と金の問題が連日報道されています。
先日は「国務大臣 甘利明氏」が閣僚を辞任さぜるを得なくなりました。

国民としてはこの「髑髏マーク」のような気持ちです。



政治と金の問題は尽きることがありません。
与野党問わず、毎度毎度出てきます。

何故なのでしょう?

経済の社会活動=経済活動はお金を動かすことですから、当然お金がかかりますface02

しかし、政治は社会活動であるわけで経済活動ではありません。
社会活動であるので一定のお金はかかります。これは当然理解できます。
その一定にかかる諸費用以外にいったい何にお金がかかるのでしょう?

一般的に考えられるのは「政治活動」という社会活動をして
「私腹を肥やす」ということです。老後にでも備えるつもりなのでしょう。

今回はどうもこれのようです。政治家本人とそれを取り巻く公務員である公設秘書が
お金に手を染めたのですから。。。
しかし、私設秘書であっても「政治家事務所」がこれをしたのなら同様に批判されます。

政治ってお金がかかるのですね。

しかし、政治家事務所またはその関係者から
「選挙に勝つために、私のところの候補に投票してください」と
お金をもって私を訪ねてきた人は一人もいません。
つまり、不正に集めたお金は選挙民にばらまくものではなかったようです。
そんな話を聞いたこともありません。
「金で票を買う」ということは禁止されているから。こんなことがないのでしょう。
そういうことは政治家本人もその関係者も理解できるのです。

では隠さなければならないようなお金を集めて何につかっているのでしょう。
とても不思議です。

今回の報道によれば公設秘書様は民間会社から高額な接待も受けていたそうです。
美味しいお酒や美味しい料理。美しいご婦人達との優美な時間を過ごしてきたのでしょう。

政治家やその関係者が接待するのではなく、接待されるのですから
お金は出ていきません。それなのに何故、不正と言われるお金が必要なのでしょう。

法律が改正されて選挙は税金で行われています。
政治家の選挙活動はほぼ全てが公費です。
また選挙事務も公費です。投開票作業は公務員である「市役所職員」が当たります。
投票日は日曜日なので休日出勤手当、時間外手当が支給されます。
何故かわかりませんが開票作業は一般市民はできません。
オープンなので見ていることはできます。
しかし、見ていてもお金をもらうことはできません。報道に関わっている方々も仕事ですので
お金になります(残業手当等で)。こういうことは理解できます。

政治活動も政党交付金という形で公費でまかなわれています。
政治家には歳費が支払われています。
また、公設秘書は国家公務員です。相応の給料が支払われています。

企業・団体献金とい形でクリーンなお金が政党支部というところに寄附できるようになっています。
また政治家や政党の資金集めパーティーも頻繁に行われています。

ずいぶんとお金は政治家やの周辺にあつまります。
敢えて、危険なお金に手を染める理由はないはずです。

それでも政治と金の話は尽きることがありません。

根本解決をしなければなりません。

極論を書きます。
政治にお金がかかるのなら、税金で全て支払えばよいのです。
政治家やその周辺の人達が政治活動またはそれに関わる活動、また私生活に至るまで
すべてにかかるお金を公費から出せば良いのです。
全て税金でまかないます。生活保護費の「逆バージョン」と思えば分かり易いです。

そしてお金の心配を一切なくして、特別公務員として他の模範なる仕事をしてくれれば良いのです。
老後の面倒もみましょう。憲法25条で保証されている「健康で文化的な最低限度の生活」は
絶対に保証してあげましょう。そのかわり、国民の前に全てをさらけ出してもらいます。
私生活もです。国会議員や地方議員全てです。
家計簿や事務所簿をつけてもらい毎日公にしてもらいます。
活動も全て公にしてもらいます。
つまりこれほどの覚悟をもった方だけが政治に関わってくれれば今回のようなことは
なくなるのではないかと思います。

私の極論は、絶対にこれはあり得ないという論です。
なんだか寂しいですね。

私の尊敬する学者があるときにこんなことを言っていました。
それなりの家系に育った人間は
「政治家などという『はしたないこと』はしないのだ。。。」と・・・

政治家は「はしたない」
この学者の言っていたことが現実になっているのです。本当に悲しいですね。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 11:28Comments(0)

2016年02月04日

立春-[立春大吉]


2016年2月4日(木)

本日「立春」です。
昨日は節分で、季節を「冬」と「春」とに分ける日と解せられます。
そして本日は「立春」。「立春」の「立」は「はじまる」という意味です。
つまり本日から春が始まるという意味です。
外はまだ冬の寒さですが、空気には「春の香り」を感じます。

「冬至」からみると昼の時間が確実に長くなっています。
といっても30分位なのですが・・・
また太陽の南中高度も少しずつ高くなっています。
つまり確実に春が近づいているということです。

「立春大吉」といいます。これはお札などになっています。
家の玄関先などに貼っておきます。
「立春大吉」は縦に書きます。そうすると真ん中に線を引くと左右対称になります。
これは裏から読んでも「立春大吉」となるのです。

家の入り口から鬼が進入して、ふと後ろを振り返ると「立春大吉」と書いてあるではありませんか。
あれ、この家はさっき入った家だぞ????と勘違いして、外に出て行くというのです。
「鬼」つまり災厄が家に入らずに、入ってきても出てゆく。ということでこのお札を貼るそうです。

「立春」。新潟市のシンボル「萬代橋」です。


滔々と流れる信濃川。新潟市の東西を結ぶ「萬代橋」

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 00:43Comments(0)