2016年04月11日

つけ麺


越後OYAJIの自家製・自己流のラーメンです。

今回は「つけ麺」です。

越後OYAJIはつけ麺を食べることはほとんどありません。
麺料理にはスープがある方が食べやすいという単純な理由です。
また子供の頃から慣れ親しんでいるのはスープ麺だから、という理由もあります。

つけ麺はいつ頃からあったのでしょう?

全国的に有名なつけ麺店は「東池袋 大勝軒」でしょう。
「大勝軒」で販売されたのが最初のイメージがありますが
私にはつけ麺と言えば「つけ麺大王」です。
私が20歳代に新潟にも店がありました。私は一度だけ食べたことがありますが
ほとんど覚えていません。上記の理由でラーメンをはじめ麺類は汁があるのを食べていたせいです。

越後OYAJIの「つけ麺」です。




◇麺は国産小麦粉を使った香りと味の良い太麺。
◇スープは豚骨魚介の濃厚スープ
◇具はもやし炒め・三角揚げはんぺん・唐揚げ・メンマ・煮卵

我流なので好きなようにしてたべましたface02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 21:47Comments(2)

2016年04月11日

ごぼう


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

ごぼうのきんぴらです。

ごぼうだけを油炒めして砂糖と醤油と一味唐辛子だけで味をつけました。

胡麻は煎り黒ごまを使いました。



ごぼうだけで作るきんぴらはちょっと贅沢な感じがします。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 16:09Comments(2)

2016年04月11日

くるみの木


くるみの新葉です。

越後OYAJIとしては初めて撮影しました。

これからどんどん大きくなっていきます。楽しみです。

秋には大量のくるみの実をつけます。



「チロリン村とくるみの木」を子供の頃にNHKテレビで観ていた越後OYAJIです。

50年以上前ですよねface02

このブログをご覧の方のほとんどは「チロリン村とくるみの木」をしらないてでしょう。
つまり、越後OYAJIは「越後OJIJI」であるということですface03

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 07:58Comments(0)

2016年04月11日

スイセン


スイセンの花にはいろいろな種類があります。

集めてみました。











それぞれに花の名前があるのだと思います。

花の色(白とか黄色)と花芯に特徴があるようです。

まだ寒い頃から咲き出す水仙です。早春の花のイメージがあります。
今を盛りに花を咲かせています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 07:10Comments(0)