2016年06月13日

夏の平目は・・・・


夏の平目は「くそ平目。。。」などと悪口を言われます。

夏の平目は味が落ちて美味しくないのでこんな悪口を言われるのです。

たしかに冬=寒の時期の平目は最高に美味しいです。
大きな平目だと身の厚さは2cm以上あります。
味もしっかりしていて、口に入れて噛むと、香りと食感の良さに魅了されます。

それと比較して夏の平目はやせていて、身も薄く、食感も白身魚としての香りもいまいちです。

それでも、県北や日本海でも深いところの平目はそれなりに美味しいです。
市場(しじょう)でいうところの「小平目」は身も味もしっかりしています。

これは小平目の刺身です。鮮度が良かったので薄くそぎ切りにしています。


ポン酢でいただきました。


新潟県内では現在「底引き漁」が禁止されています。
資源保護のためです。
しかし、日本海全部で禁漁のわけではありません。
近県産の平目が入荷しています。

平目に関する言葉で・・
「夏と平目は縁側(エンガワ)が良い」
というのがあります。
夏は涼しい縁側が良い。
旬の時期(寒平目と言われる時期)の平目は「エンガワ」がとても美味しい。
という意味です。
平目のエンガワとは平たいヒラメの鰭(ヒレ)を動かす筋肉のことです。
寒の時期の平目のエンガワは脂がのり、独特の香りと食感は最高です。
刺身として食べますが、焼き物、煮付けも最高です。
エンガワの刺身をたべたことがある方はいると思います。
しかし、エンガワの焼き物、煮付けを召し上がったことがある方は少ないでしょう。
新潟市中央区にある老舗高級料亭の名物料理でした。
現在も引き継がれているのかな?・・・

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 18:43Comments(0)

2016年06月13日

我が家のアジサイ-2016年6月13日[梅雨入り]


我が家のアジサイが「青色濃く」咲いています。

新潟市は本日雨模様です。
雨が当たったアジサイは特別に輝き良い色をみせてくれます。

このアジサイは今年で一番の良い色を出しているかもしれません。

新潟地方気象台は本日「梅雨入り宣言」をしました。
全国で梅雨のある地域は全部梅雨入りだそうです。
新潟で梅雨明けするのは例年7月20日前後です。
しかし、今年の予報は「少雨」のようです。
丁度良い「塩梅(あんばい)」に雨が降り、作物がすくすく育つように祈りたいです。
そして今年も大豊作でありますように。





ムラサキツユクサも雨が当たったあとに素晴らしい色をしています。


梅雨は日本の「雨期」です。
梅雨と書いて「つゆ」または「ばいう」と読みます。
「ばいう」と読んで別の漢字「黴雨」という書き方もあります。
「黴雨」とは「黴=かび」が増えやすい時という意味です。
黴は目に見えます。そうなれば掃除をしたり乾燥させたりすれば事は済みます。
しかし、食中毒は目に見えない「細菌」との闘いです。
この時期は食中毒も黴と同時に発生しやすくなります。
充分な注意が必要です。
食中毒予防と黴対策は似ています。
基本は手や容器を水道水で良く洗うことです。
また食材も水道水で良く洗うことです。
さらに加熱と冷却です。加熱は食材の中心まで完全に加熱します。
中心温度が75度以上にして1分以上加熱することが食中毒予防の基本です。

梅雨時で湿度が高く、乾燥しにくいと思いがちですが、熱湯消毒等で
乾燥させることもできます。

インターネットやテレビ・ラジオで食中毒予防や黴対策が語られています。
意識して自分で調べて、関心をもち対策とすることが大事なことです。

充分に注意したいものです。

庭に花が咲いてくれる、咲き続けてくれる、というのはうれしいことです。
このアジサイとムラサキツユクサを花瓶に入れて祭壇に飾ります。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 11:28Comments(0)

2016年06月13日

今年は咲きませんでした[サツキツツジ]


我が家のサツキツツジですが、今年は咲きませんでした。

毎年5月末から6月初めに咲くのですが、今年は一輪も咲きませんでした。
毎日毎日、今日は咲くか?今日はどうか?と楽しみにしていました。。。。
が・・・・
結局一輪も咲かなかったのです。残念。

来年は花が咲くことを期待してface02



サツキツツジの葉に混じってドクダミが出て、花をつけています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 11:12Comments(0)