2016年06月28日

漁どる者(すなどるもの)


新約聖書に次のような記述があります。

イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、二人の兄弟、ペトロと呼ばれるシモンと
その兄弟アンデレが、湖で網を打っているのをご覧になった。彼らは漁師だった。
イエスは「私について来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。
二人はすぐに網を捨てて従った。
そこから進んで、別の兄弟、ゼベタ゛イの子ヤコブとその兄弟ヨハネが父親のゼベタ゛イと一緒に
舟の中で網の手入れをしているのをご覧になると、彼らをお呼びになった。
この二人もすぐに、舟と父親を残してイエスに従った。
[マタイによる福音書4章18節~22節]

佐渡と新潟を結ぶ夕日の光の中で漁をする一艘の舟。







この光景を見た時に上記の聖書の言葉が脳裏に浮かびました。

神々しい光と漁をする人。一時幻想的な気持ちになりました。

キリストに従う。というのは全てを捨てて、全身全霊を傾けること。
普通の人にはできない覚悟です。
しかし、この四人のキリストの弟子もいつかキリストを裏切るのです。
その意味も考えながら、夕日をぼぅっとながめていました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 









  


Posted by 越後OYAJI at 18:41Comments(0)

2016年06月28日

盲目の雌ヤギに常に寄り添うけなげなヤギ




今朝、YAHOOニュースでこんな記事をみつけました。
心が「ほっこり」しました。
「盲目の雌ヤギに常に寄り添うけなげな雄ヤギ」という投稿動画です。
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/animal_pet/p2521bcc8570718aa0eba7905120f6922

自然界では絶対に生きていくことができない盲目のヤギ。
保護されて、さらにこの雌ヤギの目の代わりをしてくれる雄ヤギが
雌ヤギに常に寄り添っている。
動物も人間も温かい心というのは同じなのだとあらためて認識させられた。

また、保護して飼育している人間達も素晴らしい人達だと思います。

私が繰り返し繰り返し読んでいる小説があります。
その小説とかぶるような話題だったので、越後OYAJIは心を揺さぶられました。
この小説を書いた著者は作中人物をものすごく客観的に書いています。
作り話としての小説というより、作者の心の叫びを素直に客観的に書き出しているのです。
そこに大きな感動があります。
私にとっては繰り返して読む価値がある素晴らしい作品なのです。
作品の内容としては、当時では「不治の病」として恐れられた「らい病」がひとつのテーマです。
主人公は誰からも嫌われる「らい患者」に寄り添う生き方を選んだ女性です。

今回の「ヤギ」さんにはきっとその作中人物と同じ「心」があるのだと思います。

ほっこりする動画、皆さん見てください。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:30Comments(2)