2016年09月06日

オリジナルスープ


越後OYAJIの「奇っ怪料理?」です。

冷蔵庫にあった残り物で作ったスープです。
やみ鍋に近い「何でもあり」の汁物ですface10

ベースになったのは鶏ガラスープです。
煮干し出汁もあったので混ぜました。
それに顆粒のカツオ出汁を加えました。
濃口醤油で味をつけました。

中身は豚バラ肉・豆腐・あぶらげ・こんにゃく・キャベツ・きのこ・揚げかまぼこ・竹輪
玉葱・長ネギ・三つ葉・胡瓜・人参・揚げ玉・イモのテンプラ・鶏から揚げ・・・・

やみ鍋的要素満点の「奇っ怪?オリジナルスープ」です。


この丼でおかわりして食べました。
満足・満腹です。face05face02face05

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 21:08Comments(0)

2016年09月06日

塩タラの子


塩タラの子です。

筋子と同様に塩分が多く、コレステロール値が高く、
中高年が食べるのには慎重であったほうが良いとされる食品です。

筋子と同じように「悪魔の食品」的な扱いですよねface02face02face02icon16icon16icon16

越後OYAJIはタラの子をおにぎりの具にするのが大好きです\(^o^)/
購入したタラの子はほとんどおにぎりの具にして食べています。




筋子もタラの子も大好きな越後OYAJIです。

日本人は筋子やタラコなど魚卵の塩漬けが大好きです。
生臭いのが特徴で、それが美味しいのです。
しかし、西洋人は鮭の卵や鱈の卵を食べる日本人を「食の野蛮人」と蔑んでいました。

されど自分たちが食べる「キャビア」は食の最高峰などとのたまっていました。
チョウザメの卵の塩漬けが食の最高峰で、筋子やタラの子が下賤なものとする西洋人の感覚が
下卑ているのであって、何でも美味しく天地に感謝していただく日本人の姿こそ正しいのだと
思っている越後OYAJIです。

その西洋人も日本の食の「繊細さ」に脱帽したのか「和食」を世界文化遺産である。
と認定しました。越後OYAJIにしてみれば「当たり前やろ!!!」という感じです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:17Comments(2)