2016年12月10日

ライトアップ[東京タワー]


ライトアップされた「東京タワー」です。

東京と言えば「東京タワー」というほど東京を象徴する存在でした。
今でこそ「東京スカイツリー」にその座を奪われてしまっていますが、
存在感は抜群ですね。

初めて東京タワーをみたのは高校の時の修学旅行でした。
展望台からみた東京はどこまでも広く、密集した家々は驚くものでした。
眼下にある高層ビルも初めてみるものでした。
皇居や方々の公園には多くの緑が存在し、東京は緑が豊かだなぁと感心したのを覚えています。

夜の東京タワーです。






電線や周囲の建物等が邪魔をしています。

六本木のあたりで撮影したものです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 20:18Comments(0)

2016年12月10日

菜の花


菜の花が咲いていました。

「ナノハナ」とはアブラナ科の植物の花の総称です。

冬がはじまるこの時期の新潟に彩りを与えてくれます。

これは多分、秋植えの小松菜が畑に放っておかれて、成長したもと思われます。

黄色い小さな花が密集し、暖かみを感じさせてくれます。





別の場所で「ブロッコリー」のナノハナも見つけました。
天気の良い日にはとても目立ちます。

3日ほど前に江南区で撮影しました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 08:21Comments(0)

2016年12月10日

捨てられていました


スイカが捨てられていました。
一昨日の新潟市南区でのことです。
畑の脇に捨てられていました。形が残っていて、夏の畑にあるままのようでした。

越後OYAJIの感想は「よくぞ、この時期まで形を保ったものだ・・・」でした。

時期が終わって、畑に放っておかれた野菜や果物はすでに朽ち果てている。
そういう常識を覆させられました。

スイカです。


こちらは「ワナ式のねずみ取り器」です。
まだ、こういうのがあるのですね。普通に売っているのかな?

最近のねずみ取りは「粘着式」のタイプがほとんどだと思いこんでいました。
昔ながらのこういうねずみ取り器を久しぶりで見ました。

タイヤとともに田んぼの脇に捨てられていました。
田んぼの所有者が捨てたのなら許せるのですが、
誰かが捨てて行ったのなら、とんでもないことです。

最近の農業は超高齢化が進み、田んぼの管理もままならなくなっています。
そういう人が自分に関係ない物を片付けなければならないのは理不尽なことです。



今の時期は不法に捨てられているものが目につく時期です。
心ないちょっとした行為が多くの方々の迷惑になっています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:14Comments(0)