2016年12月21日

本日冬至-2016年12月21日(水)


本日冬至です。
一年で昼間時間が一番短い日です。
新潟市中央区での昼間時間は9時間32分でした。

冬至は24節季の一つです。
この時期は昼間時間が短く、夜がより長く感じる季節です。
雪雲が空を覆ったり、雨の日が多くなったり、雷も多い時期です。

何となく、気持ちも晴れない時だと思います。
正直に言うと越後OYAJIはこの時期はあまり好きではありません。。。。

しかし、明日からはほんの少しずつ昼間時間が長くなります。
夏至に向けて目立たないけれども、少しだけれども陽が長くなります。
そういう意味では本日は喜ばしい日でもあるのです。

北欧では冬至を大切な日としました。日の沈む時間が早くなり、
太陽が死んだようになる時期を昔の人々は恐れたのです。
それが冬至を境として、太陽がまた復活したしたように力強くなる。。。。
それをお祝いする行事や習俗がありました。
そんな民俗行事や習俗とキリスト教信仰とがいろいろと結びついて
我々が現在楽しんでいるクリスマス行事になりました。
日本でのクリスマスはアメリカ文化の権化のようになっていますが
そのルーツは北欧にあるのです。

日本で言えば、お盆の行事が、本来は大和民族の民族習俗だったものが
仏教と合体したようなものです。


新潟は本日、晴れでした。

冬至の日の新潟の夕焼け空を撮影しました。







本日の新潟の記録

日の出  6時56分
日の入 16時28分

南中高度 28.7度(11時42分)

最低気温 5.5℃(7時18分)
最高気温 16.1℃(13時26分)

天気 晴れ
気持ちの良い一日でした。

南中高度が28.7度しかありませんでした。
つまり、分度器で90度を真上とすると28.7度のところにしか太陽が昇らなかった。ということです。
真夏の日差しが強い日は太陽光は真上から頭上に注ぐような感じがします。
そういう時は「暑い」です。
しかし、低度でほとんど真横以下からの日差しは弱々しく、暖かい感じはしません。
本日の太陽はそんな太陽でした。

しかも日の入り時刻も早く、太陽はそそくさと隠れていくようでした。
しかし、空気が澄んでいて夕焼けはいつものように美しかったです。

新潟市中央区から見ると、角田山の方に静かに日が落ちていきました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 23:53Comments(2)

2016年12月21日

レインボータワー


新潟市万代にあるレインボータワーです。
バスセンターの敷地内にあります。



新潟市のランドマークです。
市内のどこからでも見える、目立つ存在です。

特に車で走っていると、道路の高低の関係で、特別高く、立派に見えることがあります。
時々、あれっ?!「何で新潟に、スカイツリーが・・・・」などと思うこともあります。

東京のまち中でどこからでもスカイツリーが見えるように
新潟ではレインボータワーが見えるのです。とても誇らしげなことです。

そのレインボータワーが止まってしまったのは、あの東日本大震災が原因でした。
なにせ、古いものです。充分な耐震性がないということで稼働がストップしたのです。

新潟を代表する施設でした。
昭和48年のバスセンター開業の時に設置されたそうです。
その当時の新潟交通の経営陣は先見の明があったのですね。
新潟市を一望できる展望塔を作ったのですから。

それが動いていないのはとても残念です。

そこで越後OYAJIはこう考えました。

展望塔を設置するというのはとても良い発想です。
現物のレインボータワーを動かすのは不可能でしょう。

しかし、安全なものに作り替えることは可能だと思います。
勿論、現在の新潟交通㈱にはその能力がないのはわかっています。
新潟交通㈱にそれを期待するのは愚かなことだということも充分認識しています。

これは新潟市の宝でもあるのです。
故に行政がお金を出してもよいことだと思います。
新潟市・新潟県がお金を出して、現在の場所に作り直すことを提案したいのです。
また市民からの寄附と目的をはっきりとさせた「クラウドファウンティング」も大切でしょう。

ここで大切なことは、新潟交通㈱のためにするのでは無いということです。
あくまでも新潟市民、新潟県民、新潟を訪れる人達のために再建するということです。
新潟交通の経営陣は、多くの税金や市民が集めた資金で作ったものを
あの場所にあるのと、過去の経緯から「自分の物」と思ってしまうでしょう。
それは愚かなことです。

新潟市内のどこからも見えて、新潟市内のシンボルになって、且つ新潟を一望できる施設が
欲しいということです。新潟交通㈱一社だけでできる事業ではないので
税金をつかったり、資金を集めたりしようというのです。

東京のスカイツリーのようにはならなくても、日本海や越後の山々を一望できる施設は
絶対に必要だと思います。

越後OYAJIは能力がないので、提案だけしかできませんが、誰かレインボータワーを造り直す
という大構想を実現してくれる人はいないでしょうか。。。。。

新潟市内には展望施設はたくさんあります。
新潟県庁の展望室・新潟日報社(メディアシップ)の展望室・万代島ビル(ときメッセ)の31階展望室
など、結構眺めのよいところがあります。

しかし、レインボータワーのような回転式の展望塔は別の意味があります。
楽しいのです。楽しめるのです。
県外からの観光客や新潟市民に「越後新潟、よい処」思ってもらえる施設にできると確信しています。

さぁ、新潟市民の皆さん、新潟県民の皆さん、レインボータワーを造り直そうではありませんか。
そして、スカイツリーに負けない、新潟のシンボルにしようではありませんかicon09icon09icon09icon09icon09icon14

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 07:57Comments(2)