2016年12月26日

穏やかな一日でした。


12月26日(月)

年の瀬の月曜日、新潟市中央区は厚い雲に覆われていましたが風も無く
この時期としては気温も高く、穏やかな一日でした。

自転車に乗って、久しぶりに日本海を見に行きました。
日和山の展望台から写真を撮りました。

日本海は穏やかでした。
曇り空でしたが、佐渡がはっきり、くっきり見えました。写真はうまく撮れませんでしたが・・・
越佐海峡上に新日本海フェリーが浮かんでいました。。。


突堤では魚釣りをしている人も見受けられました。


展望台から山の方を撮影しました。
新発田の二王子岳と「二ノックススキー場」が見えます。


新潟市中心部方向


場所を変えて・・・
信濃川も穏やかに流れていました。萬代橋はいつもの表情ですね。


ゆっくりと2時間ほど時間をかけて、自転車で走りました。
すこし汗をかきました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 21:03Comments(0)

2016年12月26日

咲き出すかな?~3輪目~


自宅の乙女椿です。
なかなか花が咲きません。

秋に大量の花芽がついて、気候も全体的に暖かい日が続いたので
今年は大量に花が咲くぞぅ・・・と期待したのですが、今日現在まで2輪しか咲いていません。

やっと3輪目のつぼみが大きくなってきました。

近隣のお宅のツバキやサザンカはどんどん咲いて、どんどん散っています。

何故、うちの花はうまく咲けないのでしょうね。。。。???

つぼみのピンク色が濃くなってきました。咲きそうです。


きれいに開くのはお正月の頃かな? それとも越年するのかな?

楽しみにしている越後OYAJIです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 20:14Comments(2)

2016年12月26日

冬のイルミネーション


冬の夜は長い。。。。

一昨日がクリスマスイブ、昨日がクリスマスであったのにぼんやりと過ごした越後OYAJIです。
仕事に追われている・・・というのは言い訳で、
何となく、クリスマスの感動を忘れているのかもしれません。なにせOJIJIなのでicon16icon16icon16icon16icon16

街を彩るイルミネーションが各地で設置されています。

勿論、新潟でも色々なところでイルミネーションが設置され、楽しまれています。

新潟の冬のイルミネーションの切っ掛けになったのは
駅南のケヤキ通りのイルミネーションです。光のページェントです。
今年も開催されています。

イクトピア食花・万代シテイ・朱鷺メッセなどで大掛かりなイルミネーションが輝いています。

これは横浜市伊勢佐木町商店街の冬のイルミネーションです。




横浜市は新潟市と同じ明治開港5港の一つです。
しかし、街としての発展は新潟市とは格段の差があります。
どうしてこんなに差が出たのかとても不思議です。

商店街の賑わいも全然違います。
冬のイルミネーションでも大きな違いがあるように思えます。

新潟市は現在、商業と農業が中心の街です。
これは合併の結果、農地面積が特別広くなったので農業がプラスされたためです。

旧新潟市は元々商業の街です。港があり、日本を代表する企業の出店(支店等)があり
官公庁の出先機関や教育機関等、商業やそれに付随する関係機関で成立している街でした。
積極的に消費のみを行う、商業都市だったのです。人口は約50万人でした。

そのまま、商業を中心として新潟市が膨張していけば横浜市のようになったかもしれません。
IT企業の誘致や国や民間の研究施設の誘致、さらに北陸や東北地方を結ぶ結束点を有効に
利用できる国の出先機関の集約等、都市機能の誘致・集約に力を注いでいたら、街の姿は
もう少し違っていたかもしれません。今となってはどうすることもできませんが。。。。。

新潟市中央区はまさに新潟市の中心地区です。
今年になってから建設ラッシュがつづいています。畑地であったところや、空き家が取り壊され
新築のアパート等がどんどんできています。
人口が増えて、アパートやマンションの需要が高まっているのです。
空き地などはどんどん無くなっています。
区内の小学校では児童を抱えきれなくなり、
近隣の小学校にいわば越境入学させる事態になっています。
人口は中央区が異常に増えて、西区もどんどん増えています。それに続くのが東区です。
つまり旧新潟市だけが人口が増えているのです。
人口80万人の新潟市全体ではどんどん人口は減っています。
南区・北区・西蒲区などは減りが激しいそうです。

旧新潟市だけで見ると、昔の賑わいが残っています。
その部分を確かに見据えて次ぎの街作りをしていかなければなりません。

近隣の旧市町村から新潟市中心部に移動しやすい交通網を作るのに
JRやバスシステムを考えなければならないのに、結局は住民・市民目線ではなくなり
どこかのご都合でおかしなことになりました(新バスシステムのことです)。

80万人新潟市のせめて中心部だけでも日本海側を代表する都市として恥ずかしくない賑わいを
維持したいものです。「街力(まちぢから)」を新潟市に取り戻さなくてはなりせん。

横浜市伊勢佐木町のイルミネーションを見ながらそんなことを考えていました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 





  


Posted by 越後OYAJI at 20:05Comments(2)