2016年12月31日

年越し蕎麦


何かと騒がしい「申年」がサル。そして幸福と喜びをトリ込む「酉年」が近づいています。

今年も色々なことがありましたね。
悲しいこともたくさんありました。肉親を天に送りました。
そして肉親や親戚以上に面倒を見ていただいた方を天に送りました。
しばらくは辛い時を過ごしました。
反面、新しい生命の誕生を喜ぶことができました。
悲喜こもごもの一年でした。

一年を振り返ると良い一年だったと感謝しています。
「さる」は越後OYAJIの「守護獣」です。
そのお猿さんのおかげで良い年でした。

今年最後の食事は「年越し蕎麦」です。



左の白い蕎麦は蕎麦の実の芯だけを使った越後蕎麦です。
右の黒い蕎麦はそば粉100%で作った「十割蕎麦」です。

のどごしの良さは越後蕎麦です。香りが抜群なのは十割蕎麦です。

細く長くつるつると・・・・

今、紅白歌合戦も終わりに近づいています。
眠くなってきました。
なんとなく・・・なんとなく・・・なんとなく・・・・今年もお疲れ様でした。

越後OYAJIの「ECHIGO良い処」を今年一年愛読していただいた皆様に感謝します。

皆様、良いお年をお迎えください。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 23:10Comments(2)

2016年12月31日

白鳥飛翔


白鳥が飛ぶ様子です。

カメラは優秀なのですが、カメラを操作する越後OYAJIは無能です。

白鳥が飛ぶ様子を撮影するはとても難しいです。
今回は偶然に写すことができました。





羽を広げて飛ぶ姿は「大鳥(おおとり)」というのに相応しいですね。
「大鳥」は「鳳」にも通ずる言葉です。
「小鳥=禽」に対する「大鳥」です。

「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志をしらんや」

燕やすずめのような小鳥に白鳥や鶴などの「大鳥」の気持ちがわかるはずが無い。
転じて狭義な人間にどうして「鴻鵠=おおとり」の如く大志を抱いた大きな人間の本当の姿を
理解できようか、いやできない。

OJIJIになっても「鴻鵠の志」をもちつづけたいものです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:00Comments(2)