2017年06月23日

越後OYAJI「朝ラー」を食す


「朝ラー」とは朝から食べるラーメンのことです。

ラーメンというとサラリーマンの昼食の定番だったり、夜飲んだ後の「〆のラーメン」だったりと・・・

朝からラーメンというのはイメージが薄いと思います。

「朝ラー」なる言葉は俗語でしょうね。広辞苑などには載っていない言葉です。

そして、朝からラーメンを食べようが、蕎麦・うどんを食べようが、どうでもいいでしょface09
というのも本音ですね。

全国的には「朝からラーメン」を食文化としているのは
静岡県藤枝市周辺や福島県喜多方市があります。

振り返って新潟市ではどうでしょう。

新潟市で「朝ラー」といえば東堀にあった「中華のかとう」が有名です。
東堀通りと本町通りをつなぐ場所にありました。早朝からお昼頃まで営業していました。
あっさり新潟ラーメンの店でした。昔から本町通りは「本町市場」と言われ、露店が並んでいました。
早朝から野菜や花を販売していました。そこに集まる人々を相手に商売していたのです。
「中華のかとう」について過去形で書いています。実は先日、この店が閉店したのです。
新潟市で朝ラーと言えば「かとう」でした。

新潟市でも最近は全国的なブームもあり、「かとう」以外でも数店が「朝ラー」をやっています。

さて、越後OYAJIは昨日「朝ラー」を食べました。
朝7時に朝食としてラーメンを食べたのです。

実は新潟のラーメンチェーンである「だるまやグループ」の一業態である「万人家」で
一日だけ感謝企画として朝7時から営業するというニュースを知ったのです。
そして、感謝価格として390円で販売するというのです。
390円は「サンキュー」にかけたものでしょうface03

越後OYAJIが朝ラーを経験したのは新潟の「かとう」と喜多方市の「坂内食堂」と10年ほど前に
国道2号線を車で走っていたときに利用した全国チェーンの「山岡家」の朝ラーだけです。

今回7時から営業すると聞いたので、どんな様子なのかと興味半分ででかけたのが
今回の「朝ラー」体験談なのです(笑)

万人家のラーメンです。通常の商品が390円でした。
万人家のラーメンの特徴はラーメンを注文すると「チャーシュー麺」がでてくるほど
たっぷりのチャーシューをのせているところです。満足感がハンパないですね\(^o^)/


朝7時前に40人ほどの行列ができていました(左)
店内は満員で賑わっていました(右)


完食です。


越後OYAJI的には朝食べたので「朝ラー」ですが、どうも感謝イベントで朝から営業していたのですから本来の意味の朝ラーでは無いようです・・・・

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 




  


Posted by 越後OYAJI at 20:50Comments(0)