2017年08月31日

8月31日


八月も終わりました。
暑い、暑いと思っていたら、あっという間に真夏が過ぎてしまいました。。。。

今日は「低温注意報」が出ていました。
新潟市中央区の今朝の最低気温は17.9℃でした。午前6時9分に観測しました。
確かに今朝、目が覚めた時は「寒い」と感じました。
最高気温は23.9℃で午後2時52分に観測しました。

車で走っていて、山の方を見ると、くっきりと山稜が見えました。
足下には稲穂がたわわに稔っていました。。。。

五頭山系の山々が鮮やかに見えました。秋の空気を感じました。






今年の八月も色々なことがありました。
事件・事故・・・政治家スキャンダルは恥ずかしい限りです。

不穏な北朝鮮の軍事的行動など、嫌なことの多い月でした。

終戦(敗戦)から73年です。北朝鮮の行動や中国の行動から「自国防衛」に関して
声高に叫ばれるようになりました。憲法を変えて、軍事力を強めようという動きが
顕著になってきました。それも我が国の総理大臣がそれを主導しようとしています。
日本国内閣総理大臣殿・・・それは迷惑なことです。日本国民の大半は現憲法のままで
充分に楽しく、豊かに、安全に生きていけると思っています。
たった一人の思い込みから、後世にとんでもないことを残さないようにしてください。
そして一刻も早く政界から身を引いて下さい。日本国民は期待しています。

日本国の国是では「専守防衛」です。専守防衛の為にお金を使うのは国民は納得しています。
海外に出て、他国の人達に迷惑をかけてきた歴史を忘れることはできません。
今の勢いでいけば、また他国民に迷惑をかける日本になってしまいそうです。。。。
そんなことを考えた8月最後の日です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 21:16Comments(0)

2017年08月30日

今、『とんかつ』が来ています。。。


今、全国的に「とんかつ」が来ています。

国内の大手レストランチェーン各社が新規事業として「とんかつレストラン」のチェーン展開を
しようとしています。

新潟県内で「とんかつ」チェーンと言えば「とんかつ かつや」です。
このチェーンは元々ホームセンタームサシを展開する「アークランドサカモト」の一飲食部門でした。
それを展開するうちに全国的に受け入れられ、現在では「アークランドサカモト」から独立した
別会社になってどんどん全国展開をしています。これに刺激を受けたのか、
色々なレストランチェーンがとんかつ店を展開し始めたのです。

以前このブログでも紹介した牛丼チェーンの「まつや」が展開する「松之家」は大成功です。
早く、新潟にも出店して欲しいと思っています。さらに他の大手飲食チェーン各社が参入しようと
しています。全国的に、今、とんかつが来ているのです。

さて昨日のことです。越後OYAJIは妙に「とんかつ」が食べたくなりました。
新潟のチェーン店である「かつや」で「とんかつ」を食べようか。。。。と思いましたが。

ななな何と、、、東区にあるワールドビュッフェでとんかつの食べ放題をしている。。
と言うではないですか。それも昨日段階で当日までということでした。
これは行かねばならぬ・・・ と・・いつもの激食い癖に火が付いてしまいました(⌒▽⌒)

ワールドビュッフェでとんかつを沢山食べました。


とんかつ一枚分と焼き鳥5本・海老シュウマイ2個(左)
とんかつ・鶏から揚げ・ソーセージ・海老マヨ・オムやきそば(右)


とんかつのおかわりです。ピザ・ホウレンソウとペンネのクリームソース煮。


ワールドビュッフェは食べ放題です。色々なものを食べました。
バラ寿司(左)                       白菜と胡瓜の浅漬け・胡瓜の梅たたき(右)


毎食のようにラーメンを食べている越後OYAJIですが、何故か?ここでもラーメン(^_^;)(左)
NHKの朝ドラに影響されて「クリームソーダ」を作って飲みました(笑)(右)


デザートは別腹です。
ミニケーキの盛り合わせ、今回はいつもより種類が少なかったです(左)
ソフトクリームとチョコチップホイップ+ホイップクリーム+チョコ&イチゴソース(右)


神戸クック ワールドビュッフェ 新潟東店で、とんかつを死ぬほど食べました(笑)


新潟でとんかつと言えば「タレかつ」ですが「厚いロースとんかつ」もとても魅力です。
ワールドビュッフェでおいしく大満足にいただきました。
しかし、この食べ放題企画は8月29日(火)まででした。
本日30日(水)と31日(木)はお休みだそうです。

9月1日からは新企画が始まるそうです。次ぎは何かな???

因みにこれだけ食べてフリードリンクで1080円でした。
得したなぁぁぁ\(^o^)/

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 19:25Comments(0)

2017年08月29日

西郷隆盛と新潟


先日、東京上野公園の西郷隆盛像を話題にしました。
上野の「せごどん=西郷殿」のことです。

西郷隆盛と言えば「江戸城無血開城」「西南戦争」など明治動乱期の日本の英雄です。

新潟と西郷との接点などということを考えてもみませんでした。
と、いうより興味も関心もありませんでした。

ところがある時に新潟市北区太夫浜でこの碑を見つけたのです。

「明治戊辰西郷隆盛宿営地」と記されています


その説明文です。戊辰戦争で北陸道の戦果が思わしくないということで、船で鹿児島から新潟に来て
その後、さらに船で松浜まで来たようです。松浜に隣接の太夫浜の民家に宿営したという記録です。




歴史、特に日本史及び日本近代史には大変興味があります。
しかし、知らないことだらけです。西郷隆盛が新潟に来て1ヶ月以上も滞在していたとは
思いませんでした。身近なところに色々な歴史の痕跡があります。
そういうのを一つ一つ検証していけば面白いもの出会えると思いました。

※石碑が建っているところは民家です。立ち入り等充分な注意が必要です。

参考までに。。。
http://meiji-ishin.com/saigoshukueichi.html

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 12:10Comments(0)

2017年08月25日

大雨が続きました。


昨日、今日と新潟県下越地方と佐渡地方に強い雨が降りました。

一昨日の夜から雷に伴う強い雨が降り続けました。

昨日は新潟市中央区は一日中雨降りでした。時折強い雨音を聞くと少し不安になりました。

今日の午前中に強い雨は峠を越えました。

交通機関に影響が出たり、佐渡では避難勧告が出たりしました。

本日の午後になってもこんな重い雨雲が空を覆っていました。

蒸し暑い日がつづきました。気温はさほど気にならない程度でした(それでも30℃前後でしたtが)
湿気の多さにはまいりました。

ふと、足下を見ると、我が家の庭は雑草だらけです。
真夏の暑い時期は草取りも休みました。放っておいたら雑草がはびこっていました。


この時期の大雨は危険なものを感じます。
今から50年前のこの時期に「羽越水害」がありました。
新潟県下越地域と山形県にかけて大水害になりました。
死者96名 行方不明者38名という大被害でした。
その後河川改修やダム新設や改修があり大雨被害は減りました。
それでも毎年、不安になるほどの大雨がふることがあります。

羽越水害があった時期に親戚の者が教員をしていました。
その教え子が被害にあったり、家族が被害者だったりという場面を目の当たりにしたそうです。
私は親戚から話しを聞いただけで、実感はないのですが、記憶に残さなければならない
大切なことだと思っています。

今回は人的被害など大きな被害が無かったのが幸いでした。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 17:18Comments(0)

2017年08月24日

夏野菜を食す③-漬物二題


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

夏野菜を食す。

夏野菜の漬物二種です。

[胡瓜のたまり漬け]

最後の露地物の胡瓜はジャンボ胡瓜です。
その胡瓜を半分に割り、中の種を取り除き、乱切りにします。
醤油・みりん・酒・砂糖・タカノツメを一度沸騰させて、そこにこの胡瓜を漬けます。
たまり漬けの汁が冷めたら、容器又はビニールの袋に入れて、冷蔵庫で1~2日
漬け込むと完成です。
これ、意外と美味しいですよ\(^o^)/

カボチャみたいに見えますが、胡瓜のたまり漬けですよょょょ。。。。


[茄子の浅漬け]

特段珍しくも無い「新潟茄子の浅漬け」です。
新潟は茄子の作付けと消費量は日本一です。種類も多いです。
夏場の食卓には必ずと言って良いほど「茄子漬け」と「枝豆」が鎮座しています<(_ _)>


茄子漬けの素なども普通にスーパーで売っています。塩と化学調味料とミョウバンなどが
配合されていて、新鮮な茄子を使えば誰でも色よく、味良く漬けることができます。

また新潟では茄子漬け名人なる方が大勢います。それぞれ独自の手法で美味しい茄子漬けを
作っています。それぞれ特徴があり、新潟の茄子を楽しませてくれます。

新潟の高級料亭では毎夜接待等が繰り広げられています。
県内の企業などが県外客をもてなすのです。その中で活躍するのが新潟芸妓さんです。
新潟芸妓の芸とおもてなし術に加えて新潟の旬の料理を楽しんでもらうのです。

しかし、どんな高級な食材を使い最高の技術を駆使してお料理を用意しても・・・・・
最後にサービスで出す、新潟茄子の浅漬けが一番うまい。。というお客様が多いです。
というより、ほとんどのお客様がそのように言うのです。

新潟芸妓の美しさや高級料理も季節食材の「茄子漬け」にかなわない。ということです。

漬け方も良し、素材も良し。
単純な食べ物ほどごまかしがきかず、本物であることが求められるのです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 11:59Comments(0)

2017年08月23日

晩生の桃


新潟の桃は現在、晩生の品種が出回っています。

新潟は果樹王国ですが、桃の生産量は全国7位だそうです。
日本一の生産地はやはり桃太郎伝説がある岡山県でしょう。。

7月中旬に早生品種の「白鳳」からはじまり、その後主力品種の「日の出」と続き、
お盆前にピークを迎えます。お盆後に出回る品種は晩生種です。

この桃は「川中島白桃」です。新潟市南区月潟地区で撮影しました。
晩生の桃は実がかたいのですが、甘味が強く、とてもおいしいです。





新潟南区での最晩生の品種は「白根白桃」です。新潟白根原産の桃です。
9月中頃においしくなります。次はそれが楽しみです。

先日の新潟日報にタレントの山田邦子さんが、新潟の桃の木のオーナーになり
桃もぎをした。という記事が載っていました。
山田邦子さんは西区でスイカを作って収穫したり、桃の木のオーナーになったりして
新潟果物の宣伝隊長をしてくれています。やらせで行政がお願いしてやってもらっている、
というのではないのです。新潟の果物の美味しさに魅せられて、自ら行動しているのです。
スイカなどは収穫後に色々な人達と分け合って美味しさと幸せを分けあっています。
タレントだから良いことをしている。と言うのではなく、人として素晴らしいことをしている。
と思います。賞賛されるべきことです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:20Comments(0)

2017年08月22日

夕飯


今日の夕飯です。

今、流行りの写真投稿サイト風に撮影してみました(^_^;)

メインはハンバーグなのですが、目玉焼きを添えました。
ご飯は「こしいぶき」ごはん、スープはチキンスープです。

メイン以外に数点のおかずも用意して食べました。。。。



明日は「処暑」です。猛烈な暑さも一段落する頃という意味だそうです。
暦の上ではそうなのですが、残暑はもう少し厳しいようですね。
今、新潟市中央区の自宅の外では激しい雨が降っています。少し気温が下がりました。
明日の朝まで強い雨が降るという天気予報です。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 20:23Comments(0)

2017年08月21日

夏野菜を食す②-胡瓜の中華風炒め[ごま油風味]


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

夏野菜を食す。

胡瓜の中華風炒めです。

毎年この時期に作る一品です。
露地物の胡瓜の時期が最盛期を終え、ジャンボ胡瓜が育っています。
このまま放っておくと「種」が採れる「黄瓜」になります。
その一歩手前の胡瓜を油炒めにするととても美味しいです。

中国では近代まで野菜をはじめ、魚でも肉でも"生"で食べることはありませんでした。
全て加熱して食べていました。
胡瓜は「胡の地域」すなわち「西方」から渡来した珍しい瓜でした。現代では
サラダや胡瓜味噌、浅漬けなど生食しますが、中国では渡来した頃から加熱してたべていました。

胡瓜は加熱して食べると実に美味くなります。
今回は玉葱スライスと黄色パプリカと共に炒めました。
味付けは塩胡椒だけです。おろしにんにくも加えました。



仕上げにごま油を加えて完成です。
ごま油の風味とにんにくの香りがとても良い一品に仕上がりました。

本日は食べるとトイレ以外は何もしない日でした(^_^;)
ほぼ一日中寝ていました。お盆時期と暑さの疲れがどっと出た。。。というところです。

OJIJIになると疲れがたまります。私の仲人さんはお医者様でした。
越後OYAJIが若い頃は疲れがたまると点滴をしてくれたり、アリナミンを処方してくれたりしました。
アリナミンは武田薬品の市販薬です。勿論医療用の製剤もあります。
先生はその時々の私の体調に合わせて処方してくれたのです。

そのアリナミンの市販薬で「ジェネリック」のものがあります。
現在私はその製品を買って飲んでいます。勿論市販品ですから、医師に処方してもらうのとは
意味が違いますが、食べ物や寝ただけで疲労が取れないときは体調を補うという意味で
この薬を使用しています。食べ物だけでは充分に取れないビタミンB群を補うのです。
年を取ってくると、全体のバランスが崩れてきます。そのバランスを維持するために使うのです。

しかし、ただただ「眠りOJIJI」の如く、寝るのが疲労を取る最短の道ですよね(⌒▽⌒)

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 21:24Comments(2)

2017年08月20日

べんとう


すこし休める日が続きます。

弁当を作って、新潟市内の入浴施設に行ってきました。
そこは、飲食設備がありません。弁当持参で行きます。
大広間もあり、入浴後にゆっくりと昼寝をしてきました。
すきな作家の本も読みました。"じょんのび"しました。。。。

OYAJIの食べた自家製弁当です。ご飯は「こしいぶき」ごはんに胡麻塩をかけています。


icon28卵焼き・塩鮭・さば焼き・ソーセージ・ハム焼き・焼き豚・ちくわ・スパゲティ・生姜のみそ漬け


麦茶1.5㍑ コーラ350mlX2本 柿の種も食べました\(^o^)/

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 08:02Comments(5)

2017年08月19日

上野公園


越後OYAJIが上野公園に行った時の記録です。

上野恩賜公園。。。「恩賜」とは天皇陛下から賜ったという意味です。
賜るとは「下賜(かし)」のことで上から庶民に恩着せがましく与えるという意味です。
越後OJIJIはへそ曲がりなのでこういう「恩賜」などという言葉にはカチンとくるのです。
「恩賜」とついた公共施設は東京には沢山あります。元々皇室の財産だったのですね。
しかし、このOJIJIは天皇制を否定したりしません。皇室に敬意をもっています。
今上陛下はとても人格的にも優れた方だと思っています。
問題はその立派な天皇陛下や皇族達や憲法上の皇室や天皇像をおかしく悪用しようという
悪劣な政治勢力があるということです。それには耐えられない・・・・

上野恩賜公園と書かれたオブジェです。


上野公園と言えば「上野動物園」
パンダの赤ちゃんが生まれて、上野動物園は大人気です。
パンダの名前を募集したらネット応募で32万件あったそうです。
すごい人気ですね。


多くの人達が上野動物園を訪れています。


公園内でパフォーマンスをする人です。
全身を白色に塗り、一定時間動かずにいます。突然動き出すとこども達はびっくりです。


流石にプロのパフォーマーです。身体全体で現す表情は見事です。


プロのパフォーマーです。鑑賞する人は「寄付金」をとその容器を置いています(左)
老若男女多くの人達がこのパフォーマーの芸を楽しんでいました(右)


上野公園と言えばやはり「西郷どん」ですね。
随分と久しぶりに西郷像に会いました。。。。
この西郷隆盛像は高村光雲作です。しかし、モデルになった人は西郷隆盛とは別人で
私達はこの像の人が隆盛だと思っています。しかも、大芸術家の高村光雲が作ったので
絶対に本物を写したものと思いこまされているのです。



ときに西郷隆盛の号は「南州」です。
祖父に家に「南州」の号が入った額がありました。祖父の家は祖父で20代目という旧家です。
昔の庄屋さまで県内でも有数の豪農だったようです。
そこにある額です。私は本物だと思っていました。しかし、テレビの「なんでも鑑定団」を見ていると
西郷隆盛の書の偽物は沢山あるそうです。それから祖父の家の額を偽物かな?と
疑うようになりました(笑) 鑑定団で鑑定してもらおうとは思いません(笑)

上野公園は楽しいところですね。
動物園、美術館、博物館、、、そして隣接する東京芸大。
不忍池から東大へと続く流れ・・・
日本の芸術とか学術とか文化とか。。色々な場面に出会えます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 08:10Comments(0)

2017年08月18日

夏野菜を食す①-麻婆茄子


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

越後OYAJI夏野菜を食すです<(_ _)>

夏野菜は身体を冷やすと言われます。

暑い中で身体の中からバランスを保つというのは良いですね\(^o^)/

今回はナスを使った四川料理の「麻婆茄子(マーボーチェズ)です。



鍋の中で調理の途中です。


使った材料は挽肉(牛豚の合い挽き肉です)と茄子と玉葱です。
調味料は豆板醤・甜麺醤・醤油・酒・にんにく・生姜・・四川山椒粉です。

本来は茄子を油で揚げるのですが、今回は油で炒めました。
後は豆板醤とおろしにんにくを油で炒め辛味を引き出し、スープを入れて、さらに
残りの調味料を加えて片栗粉でとろみをつけ、炒めた茄子と挽肉と玉葱を混ぜれば完成。

簡単にできてごはんが進みます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 18:13Comments(0)

2017年08月17日

久しぶりのOFF


お盆が終わりました。

私は、本日久しぶりのオフです。

それでも、休んでいられない越後OYAJIです(#>o<#)
用事があって新潟市の郊外に出ていました。

その帰りに見た、本日の夕日です。
お盆の最中は仕事に追われていたので、ゆっくりと夕日をみることがありませんでした。
久しぶりに見た新潟の夕日です。

角田山の方角に沈んでいきました。
写真の手前は休耕田です。水を張っていました。その水面に夕景が反射していました。


沈みゆく夕日です。


いつの間にか、新潟の日没時間が早くなっています。7月中は午後7時代でした。
本日の日没時刻は午後6時35分でした。日の出は午前5時丁度でした。
日没が早くなると、少しずつ秋へと向かっているのかな?と思ってしまいます。


今日、用事をたしに行った途中での写真です。
新潟市の郊外に新しい道路ができていました。初めて通りました。
本日は弥彦山と角田山がくっきり見えました


桃畑に遭遇しました。新潟桃の収穫の最盛期は過ぎました。
春の花の頃から"桃"は注意深く見ています。
しかし、毎年収穫の最盛期は私にとっても繁忙期であるため、
ゆっくりと桃畑(桃園)を見ることはありません今年もそうでした。

お盆までに出荷するのとは品種が違うのでしょうか?
たわわに実っている様子をみて嬉しくなり、写真をパチリ\(^o^)/


忙しい時期が終わったので少しのんびりできそうです。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 20:14Comments(0)

2017年08月16日

にんにくまみれ。


臭いです。にんにく臭いです。。。(#>o<#)

越後OYAJI自己流のスパゲティです。にんにくまみれです。
「アーリオ・オーリオ・へペロンチーノパスタ」のにんにく強調型です。

食べる越後OYAJIは大好きな味ですが・・・
私に近付く人々は大迷惑です。OJIJIに近寄るととてもにんにくくさいです。

くさい、からい、うまい・・・越後OYAJIのスパゲティです。


麦茶、ペプシコーラを飲みました。胡瓜漬けを添えて、、、デザートはスイカと桃でした。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 18:19Comments(0)

2017年08月15日

8月15日


落語で与太郎に問いかけるこんな話があります。

おい、与太郎、一年は何ヶ月だ?
与太郎が答えます。
「正月、1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月」だから13ヶ月だ!!!
と与太郎は自慢げです。
そこへ「バカ野郎、『おぼん』が抜けているじゃないか」と突っ込まれ、与太郎が辟易する。
と、こんなバカバカしいお話じゃないのですが、お盆も終わりましたね。
迎え火で御先祖様をお迎えし、送り火でお送りする。古代からの日本の習俗です。

送り火で有名なのは京都五山の送り火(大文字焼き)で日本最大でしょう。。。

8月15日を境にお盆が終わり、
故郷新潟から生活の場である全国各地へ多くの人達が散っていきます。。
新幹線は本日定員以上の満席状態で運行されています、高速道路も渋滞しています。

さて、毎年思うことです。それは8月13日を境にして何かが変わるような感じがするのです。
「気」というのでしょうか?「季」というのでしょうか?・・・何かが変わるように思うのです。
今年は8月7日(月)が立秋でした、それから1週間後の13日には風の流れが変わり
太陽の照り輝き方が変わったような気がしました。季節が半歩前に進んだ。。。。
そんなイメージです。

8月15日になり、サルスベリ(百日紅)の花がショッキングピンクの花をつけて
今を盛りと咲いています。春に白い無数の花をつけていたサンゴ樹は真っ赤な実を
つけはじめました。吹く風は肌に柔らかく、秋の「にほい」を感じさせます。。。。

そうです、確実に季節は移ろっているのです。

本日の新潟市は一日中曇天でした。
空一杯をこんな雲が覆っていました。




お盆が終わりました。夏の半分が終わったようなそんな気がします。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 17:41Comments(0)

2017年08月14日

弥彦神社


先日、猛暑の中、弥彦神社まで行ってきました。
なんと!!なんと!!ママチャリで弥彦まで行ったのです。

西区にある墓地でお墓参りをする予定にしていた日のことです。
どうせそこまで行くのなら、今日はいっそ弥彦まで自転車でいってみよう!!!

それがきっかけでした。お弁当を作り出かけました。

ところが弥彦までの道のりの遠いこと。。。。
ママチャリ自転車に乗って約5時間かかりました。

中央区の自宅~西区のお墓~新潟大学~内野駅~旧北国街道を走り
佐潟~赤塚地区~上堰潟~岩室温泉~彌彦神社・・・という道のりです。

途中で景色を眺めたり、花の写真をとったり、農作業をしている方と話をしたり、
情報を得たり。。。。 結構色々にことをしながらママチャリを走らせました。
熱中症対策は万全にして麦茶を飲みながら、水濡れタオルを首に巻いて走りました。

久しぶりに訪れた弥彦神社です。越後一宮と言われています。

立派な鳥居です。


本殿です




弥彦までの道のりは遠かった。特に岩室から弥彦に向かう道(旧北国街道)は登りで
ママチャリで進むのには無理がありました。自転車を押して、長い上り坂をあるきました。
登りがつらなった分、帰りは下り坂でママチャリは軽快に進みました。

岩室温泉まで戻り、岩室にある新潟市の施設である「いわむろや」に寄りました。
ここには「足湯」があり、誰でも無料で利用できます。
疲れていたので、とても気持ちよく利用できました。


いわむろやの休憩施設で弁当を食べました。
ごはんの上におかずをのせた「のっけ弁当」です。
写真でのイメージより大きい「どか弁」です。
暑い中で食べる弁当なので衛生に充分注意して、全て加熱されたもので弁当にしました。
弁当を食べた後で少し休憩すると、元気もりもりに戻りました。
その後西蒲区、西区を自転車で走り、自宅に戻りました。


いつも車で行く彌彦神社。くるまでは小一時間で行けるところを5時間もかけて
それも汗だくになって行き、帰りも同じ時間かけて自宅まで戻りました。
暑いときには暑いなりの楽しみ方があるもんだと再認識し、気持ちの良い一日を過ごしました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 08:33Comments(0)

2017年08月13日

かきのもと


新潟の味覚。

新潟特産の「かきのもと菊」が順調に生育して出荷されています。
新潟市での産地は南区です。特に白根産のかきのもとは最良とされています。

最近は「エディブルフラワー」ブームで食用花がたくさん出回っています。

日本人は古来から菊を食用にしてきました。皇室の紋が「菊紋」であるように
菊は日本人には馴染みの植物です。

何故?菊の花などを食べるまでしょう?

古来の中国の食文化思想の影響です。
菊の花には「霊験」があり神秘的なものを古代の中国の人は感じたのです。
その思想が日本にもたらされ、菊が珍重された。ということです。
中国では邪気を払う。ということで蛇の料理や犬の料理には菊の花が添えられたそうです。


昔から食花の慣習がありましたが、食べ物が豊富になると自然に食べることがなくなりました。
その中で新潟では季節の風物として生き残り、今でも食べることを楽しんでいます。





よりよい食用菊にするために品種改良もしてきました。
先人の努力が現在の新潟の食用菊「かきのもと」なのです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 07:23Comments(0)

2017年08月12日

肉・肉・肉・肉・イカ・イカ・イカ・イカ・寿司・寿司・寿司・寿司


8月に入ってから猛暑が続きます。

新潟では今年も「肉フェス」が開催されています。

夏の暑さを乗り切るには、やはり肉の爆食いですよね(笑)
越後OYAJIは越後OYAJI的恒例の激バカ食いをしてきました(笑)

焼き肉・イカ焼き・寿司(寿司もどき?)・アイスクリーム系・デザートと爆喰いです。
大量に食べるのが越後OYAJI流です(えへん!!と威張っています) 
勿論一人で食べる「ぼっち食い」です。

焼き肉とイカ焼きです。


何故か?烏賊焼きが食べたくて大量に食べています。
今年の新潟近海の夏烏賊漁はほぼ平年並の水揚げです。
しかし、するめイカは小型のものが多く、価格も高値で推移しています。
昨年は記録的な大不漁でした。全国的には今年も同傾向が続いていて
美味しい生イカは価格が高いです。

そこで冷凍物や輸入ものが大活躍しています。
イカ好きで「いかがわしい」越後OYAJIはこんなところでイカ好きを満喫しているのです。


とにかく、肉とイカです。取り皿に大量に用意します。




さらにお代わりです。これでもか!!と言うほど沢山食べます\(^o^)/


そして寿司・寿司・寿司・寿司・・・です。
食べ放題店の寿司です。寿司飯(しゃり玉)に魚をのせただけのものです。
寿司というより寿司もどき、という方が正しいでしょうface10

サーモン・赤貝・ビンチョウ鮪・イカです。
ワサビを大量に用意して食べます。
このワサビが「粉わさび」で効きが悪く、不味いのですが、不思議とこの寿司には合うのです。




とにかくお代わりして食べます。ドリンクも飲み放題です。メロンソーダ。。。
いつもならこれもアイスクリームを入れてクリームソーダにして飲むのですが・・・


自己流アイスクリームの盛り合わせ。
中心はソフトクリームです。周りにイチゴやバニラのアイスクリームを配して、黒蜜をかけました。


デザートは別腹です。ショートケーキの盛り合わせです。
コーヒー・ダージリンティー・抹茶オレです。


ブログをご覧になっている方は、写真に写っているのが全てだとお思いになるでしょう。
さにあらず、、、越後OYAJIは変態的に食べ、飲むOJIJIなのです。
ドリンク類やお菓子類、さらに野菜や漬物の類、カレー、汁物など信じられないほど
一度に食べています。。。「バカ」でしょう\(^o^)/

このような食事を暑い夏時は10日に一度くらいのペースで繰り返しています(笑)

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 00:22Comments(0)

2017年08月11日

山の日


本日は国民の祝日である「山の日」です。

山の恩恵に感謝し、自然に親しむ祝日とされています。

「山の日?」と思う人も多いと思います。それも国民の祝日? 休み? 今は夏休みでお盆だろ?

そう思うのが普通でしょう。なにせ、この祝日の山の日は今年で2回目です。
昨年から施行されました。国民にはあまり馴染みがないですね。。。。

7月17日は「海の日」でした。これもある意味で海洋国家である日本が海に感謝して
海の恩恵に浴し、海という自然を大切にする日として制定されました。

海の日と山の日を並べて考えると、不思議なことを見つけることができます。
海の日は戦前は「海軍記念日」だったそうです。日本軍にとって意味のある日だったのでしょう。
ではは山の日はどうでしょう?
8月のお盆の頃に制定した理由は8月には国民の祝日が無い。という理由だそうです。

そして、一般的には公務員などはお盆休暇などはありません。各自で有給休暇等を利用して
全体のバランスで夏休みを取る。というのが社会での暗黙のルールです。

お正月は公務もお休みになります。昔からの慣習で年末年始は休みになっています。
しかし、夏に公務がお休みになることはありません。
旧のお盆の頃は「藪入り」でもあるからです。つまり昔の日本人は夏の日が高い頃はせっせと
働き、冬の寒く、農作業等がやりにくい時に身体を休めたのです。自然と一体でした。

一般的にこの時期は会社では夏休み=お盆休みです。
しかし、サービス業に従事する人は稼ぎ時です。相反しています。
そういう中で8月11日に山の日を制定したのです。

日本国が戦前回帰に走っているような不穏なものを感じています。
海の日が海軍記念と重なるというのはとても嫌です。
山の日もそういうのの一環では無いと思いたいです。

この海の日と山の日の不自然な制定の仕方は働き過ぎの日本の「役人」様に為にある。
と訝っているのはきっと越後OYAJIだけでしょう。

公務員と役人は違います。しかし、待遇は一緒です。
公務員はまさに人々の為に、公務の為に自らの命を省みず奉仕する仕事です。
警察官・消防士・自衛官など公の為に働く人は多いです。
一方、役人は与えられた仕事(役目)だけを淡々とこなすだけの人です。
べつにその役人だけでなくても、誰でもができるような仕事に従事している人です。
そして、そう言う役人ほど「役人風」を吹かせて、下々の者を見下しています。
日本国は役人天国です。。。。。

そんな役人や海軍記念日を大切にする人に為に作られた国民の祝日は・・・・
本当に国民の為のものなのでしょうか??

そんな問題提起をしたい越後OYAJIです。

真夏の角田山と弥彦山です。
角田も弥彦も新潟県民から愛される名峰です。山の日に今一度かえりみたい山です。
見る角度によって色々な表情を見せてくれるがうれしいです。


えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:33Comments(0)

2017年08月10日

おいなりさん(稲荷神社)


稲荷神社の「真っ赤な鳥居」です。
この何層にも連なった真っ赤な鳥居を見ると特別な気持ちになります。

神社ですから厳かな気持ちになるのは当たり前かもしれません。
しかし、それ以上の強いものを感ずるのです。

鳥居が赤いのは「生命の不思議」と関連がある。
という民俗学的解釈があります。
赤であることと鳥居の独特の形は「女性そのもの、又は母性」を表現しているというのです。
古代人にとっては女性から新たな命が誕生することはとても不思議なことであったのです。

それを象徴的に表現したのでしょう。。。。

越後OYAJIは常に「生命」ということを考え続けています。

人が命を維持できるのは「他の命をいただく」ということです。人間は動物でも植物でも
食べなければ命を維持することはできません。
その命を生み出す「女性"性"」というものに畏れと感謝を持つことは人間として大切な事だと思います。

見るたびに、どこか別の世界に引き込まれるのではないかと錯覚する真っ赤な鳥居です。




新潟市内には多くの稲荷神社があります。
どのおいなりさんに行っても荘厳な気持ちになります。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 08:13Comments(0)

2017年08月09日

小さなお地蔵さん


手作りでしょうか?

小さなお地蔵様が沢山並んでいます。写真はその一部です。
ずらっと数十体の小さなお地蔵様が並んでいます。

新潟は特別地蔵信仰が強いところです。市内至る所にお地蔵様が祀られています。

お盆です。お墓参りと同時に街角で出会うお地蔵様巡りもよいかもしれません。

地蔵尊は「冥土の道への案内役」とされています。確実に極楽に導いてもらいたい。
そういう信仰から地域でお地蔵様が大切にされているのだと思います。



今日は長崎原爆の日です。
鎮魂と祈りの日です。

広島と長崎に原爆が落とされて72年です。
多くの命が失われました。無念の死だったことでしょう。理不尽な死だったでしょう。
生きたい!!!という希望を絶望へと裏返してしまう戦争という人類にとって最も愚かな行為。
戦争などと言う愚かな行為を絶対に二度と繰り返してはいけません。

戦争ばかりではなく、どんな場合でも最底辺にいる最も弱い存在が苦しめられるのです。
8月6日の広島の日には平和を作り出すために「日本国憲法」を再確認しよう。
と呼びかけた越後OYAJIです。日本人は平和を希求する国民なのだと自信を持って
世界中に叫びたいです。

私達が平和を維持し続けたいと思う気持ちを実現させることができるのは「政治」です。
政治に関わる人達が国民の切なる気持ちをくみ取って、絶対に二度と戦争をしない国を作る。
そういう理念を持ち続けてもらいたいものです。
現在の政権は将来に戦争をすることができる状態を作ろうとしています。とても危険です。
憲法で禁じられている戦争ができる「軍事力」をもとうとしています。
海外で自衛隊が武器使用ができるようにしました。多くの国民の反対の意に反してです。
それも「・・ノミクス」などという嘘で固められた政策でバラ色の経済状態ができるかのような
でたらめを並べたてて、国民の目をくらましておいて、そのすきに進めた政策です。
その結果、自衛隊が自ら律することができず防衛大臣が政権にとって不利な情報を
隠蔽したと疑われているのですから・・・・
実はコントロールが効いているのは自衛隊の方で、その自衛隊を自由に好き勝手に
動かしたいという思いの勢力が正しい行動をしている自衛隊を貶めたのだと考えます。

このまま、これを許せば、日本国はとんでもない方向に進みます。
シビリアンコントロールという美名のもとにおかしな思想をもつ
政治家シビリアンが国を駄目にします。そうならないように監視するのが国民のつとめです。

国連で核兵器禁止条約が採択されました。日本は反対して条約に参加していません。
唯一の被爆国である日本がこの態度で良いのでしょうか?
たった一つの政権の間違った思想を反映して、世界で名誉ある地位を棄てたのです。

日米安全保障条約の下で日本は米国に安全を保証してもらっています。
核の傘の下にある。という言い方もあります。
核兵器廃絶と安全を保証してもらうというのは別問題でしょう。

現政権は将来の日本の軍備、さらに核保有を担保したいのだと思います。
絶対に間違っています。軍備をもてば、それにつけ込む勢力が必ず現れます。
核兵器を保有すれば、それに対抗する勢力が必ず現れます。
そうならないような平和と安全を作り出す努力だけを神様は評価してくれると信じています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:19Comments(0)