2019年03月14日

ラーメン屋さん


こどもの頃はラーメン屋さんで食べるラーメンが「この世での最高の美味」だと思っていました。

新潟で食べるラーメンは確かにうまいですねicon06icon06icon06\(^o^)/icon06icon06icon06

初めてお伺いしたラーメン屋さんです。

燕系の背脂チャッチャッラーメン店の「鬼にぼ」さんのラーメンです。

煮干しのうま味と香りがほどよいスープと太麺のラーメンです。油は「大油」です。
燕系ということですが麺が丸麺の太麺でした。機械麺なのでしょうが「歯ごたえ」というより
「堅い麺」という感じでした。麺のうま味に多少"難"を感じました。
スープは「ラーメンの命」などと言って力をいれている店が多いですが、煮干しが効いたスープは
それなりに食べられました。麺とスープとのバランスという点では特別ではなく「普通」でした。
背脂は良い物を使っているのでしょう。きれいな味でした。
スープを覆う大油はラーメンの熱さを保ちこのラーメンの美味しさの原点になっています。

このラーメンのイメージは「燕系ラーメン」というより
「新潟濃厚とんこつ醤油ラーメン」というものでした。


大盛りラーメンですが「完食」です。


お店の外観です。「燕」「鬼」「背脂」が強調されています。



「新潟濃厚とんこつ醤油ラーメン」という点では毎度訪れている「しゃがら」のラーメンです。


麺の特盛りですがいつものように完食しました。


「鬼にぼ」さんと「しゃがら」さんを比べているわけではありません。
特徴がよく似ているなぁ~と思った越後OYAJIなのです。

最近はあまりラーメン屋さんに行っていません。
ラーメン屋さんに行くと必ずその店のレギュラー商品を食べます。
レギュラー品の美味しい店はさらに付加価値をつけた商品も美味しいと推測できるからです。

「三つ子の魂死ぬまで」とはよく言ったものです。
三歳の頃からの食の記憶は一生続くものなのです。
ラーメン屋さんで食べるラーメンは越後OJIJIにとって大のごちそうです。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 23:41Comments(0)