2019年06月04日

大人の事情(^^;)


久しぶりに「だるまやラーメン」を食べました。
「だるまやラーメン」自体は2年ぶり位に食べたと思います。
「だるまや」は新潟豚骨醤油ラーメンの老舗といってもよいでしょう。
30代の頃からこのラーメンで新潟豚骨にはまったものです。

久しぶりにだるまや竹尾店に行ってラーメンを食べました。

色々と大人の事情があるようです・・・・・(^^;)(^^;)(^^;)

写真のラーメンは麺大盛りです。
通常価格は680円です。中盛り無料です(中盛りの意味がよくわかりませんが・・・)
大盛りは100円増し、超盛りは200円増しです。

だるまやらーめん大盛り780円です。


完食です。


だるまやラーメン竹尾店


30代の頃に頻繁に通っていた時はラーメンは500円~550円だったと思います。
大盛りは100円増しでした。
量は写真のような中途半端なものではありませんでした。
すり鉢のような容器でまさに大盛りでした。
食欲旺盛・血気盛んな30代で特に大食いの私でも最後まで食べきるのはきつい位でした。

40代・50代にはほとんどこの店に行っていませんでした。
そのうちにこのラーメン店を展開する会社が崩壊して経営が変わったり、
元従業員の方々が独立騒ぎをおこしたり・・・・・色々とあったようです。

さらにここのラーメンは人気でしたので強きの商売になっていました。
ラーメンが値上げされて、
さらに自家製麺なのに(自家製だと麺は安価で作れます)大盛りを200円に値上げしたりしました。
大盛りで600円~650円で食べることができた大好きなラーメンが900円ほどになりました。
ここまで行くと私的にはどんどんと気持が離れてしまいます。。。。

これには色々な大人の事情があったのでしょう。
それはなんとなく理解できます。

ただ今回のラーメンに関しては不満だらけでした。
ラーメンは「麺料理」です。「麺」がうまいラーメンはおいしく食べることができます。
だるまやラーメンは麺が美味しいラーメンでした。
しかし、麺の材料である小麦粉の質を落としたのでしょう。麺の味が随分と落ちていました。

またスープも以前のような「コク」が無く、異常に化学調味料の刺激だけを強く感じました。

つまり全体に品質が落ちていたのです。

久しぶりに訪店して食べたラーメンです。昔の味を知っています。けど残念でした。

すぐ近くに横浜家系ラーメンの店ができています。
その店との競合で色々なおとなの事情が絡んでくるのだと想像しています。

新潟豚骨醤油ラーメンを代表する「だるまや」が・・・・

ちょっと悲しい思いで店を後にしました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 11:01Comments(0)