2013年08月31日

新・生さんま


新潟の魚市場に北海道産の
「新物生さんま」が入荷しています。


例年お盆過ぎに新物の「さんま」が入荷するのですが、今年は北海道で不漁のようです。
ここにきて少しづつ入荷しはじめ、スーパーや魚屋の店頭に並ぶようになりました。

今年も暑い夏でした。北海道も例外ではなく、海水温の高い状態が続いているそうです。それが為に「さんま」が近海に寄ってこずにさんま漁師はずいぶんと遠くまで漁にいっているそうです。また海水温が高い為に「秋鮭漁」も不振だそうです。釧路沿岸で北海道では珍しく「まぐろ」が大量だそうです。鮭の網に「まんぼう」がかかったりしているそうです。

新さんまです
新・生さんま

銀色に光っています
新・生さんま

こんな発泡スチロールの箱に入って鮮度を保ちながら送られてきます。刺身もできます。
新・生さんま

まだ値段は高いです。一匹250円前後がスーパーでのお値段のようです。
ある魚屋さんでは一匹158円で販売していましたがきっと大赤字の大サービスだと思います。

いずれにしてももうすぐに一般庶民にも手の届く安い値段になると思います。
新潟のスーパーでも最盛期には一匹58円~80円くらいで販売されます。楽しみです。



Posted by 越後OYAJI at 02:32│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。