2016年07月28日

ことばが無い・・[相模原殺傷事件]


なんでこんなことが起きたのだろう?

神奈川県相模原市の知的障害者施設でおこった「殺傷事件」だ。
一度に19名の方々の命を奪い、26名の方が負傷した。
7月26日(火)の未明に起きた事件で、植松聖(26歳)が逮捕された。

殺された方々はいずれも重度の複数の障害をもった人達だったという。
殺された方々、ご遺族の方々、施設の関係者の方々、また犯人のこと、犯人の家族のこと。
それらを考えると「言葉」が無い。。。

まさに悲惨な事件だ。
殺し・殺される。どちらの側に立って考えても納得ができず、理不尽だと思う。
こういう場合は「悲しい」を越えてしまうのだと思う。
悲しくて、悲しくて、悲しくて・・・涙を出し尽くす。
「悲しい」を越えると人間は「つらく」なる。越後OYAJIは今、「つらい」です。本当に「つらい」です。

このどくろ画像は何度も使っています。
こんな事件が起こると越後OYAJIの意見広告のようにして記事を書きます。
理不尽なことがおきるとこの画像を使用します。
ことばが無い・・[相模原殺傷事件]

障害をもった方々。

障害をもつ、持たないに関わらず、人間としての尊厳を犯人によって「踏みにじられた」のだ。
「人としての尊厳」・・重い言葉です。
犯人は重度障害者に対して、特別な偏見をもっていたようです。
「人間」では無い。社会にとって不必要な存在だ。という思いから殺害して葬り去る。
とんでも無い、人間の心をもたない、まさに「鬼畜の心の持ち主」だった。

このブログの読者の方は、重度の複合的な障害者の方々と接したことがありますか?

越後OYAJIは20代の頃から色々な障害をもった方々と接してきました。
脳性麻痺があり肢体不自由な方。さらにそれに知的障害をともなっている方。
視覚障害と脳性麻痺を同時にかかえている方。
{昨日は脳性麻痺と聴覚障害がある方と一緒でした。}
また、知的障害者やアルコール障害者、
統合失調症の方など多くの障害を抱えたかたとの交流があります。
また、過去の病気によって後天的に障害をもった方との交流も多いです。
そして、後天的な障害のために「差別」を経験している方も多く知っています。
新潟の身近なところでは「新潟水俣病」の関係の方は多くの偏見と差別で苦しんでいます。

知的障害とはなんらかの理由で「脳」が発達できずに障害をひきおこしてしまうことです。
今回の事件の現場になった「津久井やまゆり園」はそういう方々のための施設だと思います。
そして、複数の障害を抱えて、自らの意思で行動したり、自らの意思を表明したりできない
そいう方々が犯行の対象になってしまいました。

これは理不尽なことです。
もし、「神」や「仏」という絶対他者で私達の尊厳の礎になる存在があるのならば、
「何故?」「何故?」「何故」こんな理不尽なことを放っておいて事件が起こり
多くの方の命が奪われなければならなかったのでしょう。
この理不尽さに越後OYAJIは納得ができないのです。

ご遺族の方々・施設関係の方々

さぞ無念なことだったでしょう。一番「つらい」のではないかと思います。
「悲しみ」が過ぎると「つらさ」が重くのしかかります。
その「つらさ」の向こう側に犯人への「怒り」が出てきます。
なんとも形容しがたい、言葉にならないものが心に「ふつふつ」と怒りという形でわいてきます。
それはなんとも「つらい」ことです。

まだまだ全容が解明されていない段階ですが、ご遺族の方々や施設関係者とともに
今回は行政関係者・医療関係者・警察関係者の方々も複合的にからんで事件がおこり
それぞれの責任論もでてきそうな雰囲気です。
だれの責任なのだ。というつるし上げ的な対応ではなく、「偏見と差別」の排除。
という根本的な問題を論じて欲しいです。

犯人「植松聖(うえまつ さとし)」

"聖"という名前。この「聖」という字をもらってつけられた名前。
親はどんな気持ちでこの名前をつけたでしょう。本人は理解しているのでしょうか?
「聖人」「聖者」「聖(ひじり)」などという尊い人に冠せられる、尊称の意味があります。

真相解明は今後進むとして、この男は「テロリスト」と言って良いと思います。
「精神的な病気」を抱えていたのか? 何らかの「おかしな思想」などにかぶれてしまったのか?

いったい誰が影響を与えたのか? 生育歴とともに「暖かい心」が醸成されなかった理由。
差別や偏見を当たり前のように思える心理。
自らの命の尊厳や他者の命の尊厳。なにを常日頃考えいたのか?

越後OYAJIはどうしても知りたい。
「鬼のこころ」「悪魔のこころ」と言いますが
「鬼」も「悪魔」も元々は「善なる存在」です。「悪魔は"堕天使"」と言われています。
犯人は元々、生まれたときからこんな心の持ち主ではなかったはずです。
それが何らかの事情や理由で多くの人を殺害できたのですから異常中の異常です。
その悪魔や鬼の心になったプロセスを知りたいのです。
同じ事件を絶対に繰り返したくないからです。

犯人「植松聖」の家族や親戚、友人

この方々もまた被害者です。戦後の日本で起きた殺害事件の中でも最悪に数えられる事件の
関係者として、肩身の狭い思いで生きていかなければなりません。
またもこの「テロリズム」を防ぐことができなかった無念を家族はかみしめていることでしょう。

一つの取り返しのつかない事件で犯人の周囲がどれほどひどい目に遭うか?
勿論犯行を行う人物には想像もつかないでしょう。

この時点までの結語。
多くのお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。
また負傷をされて苦しんでいる方々にお見舞いを申し上げるとともに
一日も早い、回復を祈ります。
また、この園の施設関係者の方々も心を痛めていることでしょう。
責任を重く感じていると想像できます。その方々の心の負担が少しでも軽くなるように
越後OYAJIは新潟の地から祈っています。

さて、先日の記事(何が足りないのだろう?)の中で

「越後OYAJIはこういうちょっとした人生の機微には意味があると思っています。
それは人間にはいかんともしがたい、別な力が働くのだと思っています。
生きていく上で人間とは別な存在が人生に関わるということがあるとすれば
こういう事なのかな?と思っています。」

という自分の思いを書き込みました。
今回の事件は「人生の機微」などいう問題ではなく、
もっともっと大きな人間の尊厳に関わることです。

しかし、この理不尽なテロリストに殺害されるという「つらい現実」にも
「人間とは別な存在が一人一人の方と関わっていて」そこには重大な意味がある。
と思っています。また、そう思いたいです。

今日までの、この時点での越後OYAJIの思いです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 







Posted by 越後OYAJI at 10:48│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。