2016年07月31日

ブラタモリ-新潟編


2016年7月30日(土)の午後7時半から放送されたNHKの番組「ブラタモリ」
ご覧になった方も多かったと思います。

画像はNHKのホームページより
ブラタモリ-新潟編


今回のテーマは「新潟は砂の町」でした。

「砂」という切り口で新潟の町を見たことがなかったので「えぇ~」「ほぉ~」「なるほど」の
繰り返しでした。信濃川と阿賀野川がもたらす砂や土砂が新潟の街作りに大いに関係がある。
新潟の町は「砂丘」である。など「へぇぇぇ~」でした。

いつも行っている日和山海岸の展望台から見た防風林は「砂丘」であった。
これは驚きでした。いままで考えてもみなかったことです。
しかし、解き明かされると「そうだよな」「当然だよな」と納得でした。

また、「亀田郷」も多くの砂丘との関係で語られました。
こちらも、驚きながら納得でした。
亀田郷土地改良の話は新潟を語る上で大切な話ですが、砂丘との関係で語られると
おおいに納得ができました。
また、これもいつも私のブログに登場する「鳥屋野潟」も亀田郷の土地改良と関係があり、
亀田郷が現在の水田地帯になるまでの過程と信濃川への高低差がある排水の仕組みなどは
思わず「ガッテン・ガッテン・ガッテン」でしたface02

さて、番組では新潟の文化も取り上げられました。
港町新潟の面目躍如という感じでした。
港町新潟であるからこそ発展した「花街文化(かがいぶんか)」は新潟の大切な宝物です。

東堀にある老舗料亭「鍋茶屋」が紹介され、芸妓さんも登場しました。
鍋茶屋では木造3階建ての建物などが紹介されました。
3階には200畳敷きの大広間があり、昔は大宴会が繰り広げられたものです。
テレビで紹介されていたのにはテーブルとイスが並べられていました。
現在では結婚式場として使われているようです。

番組で紹介されていた座敷は「中座敷」なのですが、他の店では「大広間」に相当する座敷です。
それだけ、鍋茶屋という料亭は繁栄・繁盛した料亭だったのです。

タモリさんが芸妓と「お座敷遊び」に興ずる姿は楽しさが伝わってきました。
若い芸妓さんが登場していました。
一緒に年配の芸妓さんも登場しました。
「福豆世」さんという芸者さんで、以前は「芸妓組合の会長さん」でした。現在もかな?
三味線・唄・踊り全てに秀でていて、新潟芸者を代表する方です。
新潟で人気のある、ある放送関係者(男性)の母親でもあります。
品の良い方で「人をもてなす」という極意をよくわきまえている方です。

45分間の番組です。しかし、今回ほど内容が濃いな。と思ったことはありませんでした。
再放送は火曜日の深夜(水曜日の午前1時頃)にあるそうですが、
はたして、そんな真夜中に起きていられるか?
しかし、もう一度見たい番組です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 








Posted by 越後OYAJI at 08:41│Comments(4)
この記事へのコメント
近頃テレビに登場する芸者は日本髪の似合わない丸顔であったり、気取っているだけのただのブスであったり、全くひどいものばかりですが、新潟の芸者さんは美しかった!
特に濃い紫の着物を着た芸者さんは美しかった

ああ、あの腰つき、もうたまりません

諭吉様を一万人連れて会いに行きたいものです



私は69歳、ブログはしょうぞうつれづれ、です
Posted by 筋金入りの天邪鬼 at 2016年08月02日 14:27
筋金入りの天の邪鬼様
コメントありがとうございます。
新潟の花街では芸妓さんが極端に減ってしまいました。
そこで新潟の三業組合(三業とは料亭・置屋・待合いを生業にする者達の組合です。現在では東京と京都と新潟にしかありません。)と経済界の方々が、これでは新潟の文化が消滅してしまう。ということで株式会社形式の「芸妓養成会社」を立ち上げました「柳都振興株式会社」といいます。「柳都(りゅうと)」とは新潟の雅称です。そこで若い芸者さんを養成したのです。テレビに出ていた方はそういう芸妓さんです。芸妓修行は大変に厳しく、唄・踊り(日本舞踊)・鳴り物・華道・茶道などの他に語学・一般教養等大変な修行をします。昔は不安定な個人事業主でしたが、この会社のおかげで生活と社会的地位が保証され、新潟ひいては日本国を代表する文化人として活躍しているのです。ただ美しいだけでは芸妓さんにはなれないのです\(^o^)/
興味があれば「柳都振興株式会社」のHPをご覧下さい。
http://www.ryuto-shinko.co.jp/
筋金入りの天の邪鬼さんのお気に入りのあの方の写真も紹介されています。芸者さんは気位が高く、「おもてなし」という点では最高の格をもっています。料亭や待合いに呼ぶことができますが、諭吉さんにも羽がついてるのだろうか?というくらいにとんでいきます。覚悟の上で新潟にお出でください。
またテレビに出ていた料亭「鍋茶屋」でも芸者さんを呼べますが、
超高級料亭ですのでそれだけの覚悟が必要です。
越後新潟良い処。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2016年08月02日 18:11
ぶらタモリが新潟にくるよ~とお客様から聞いてはいましたが・・・すっかり忘れていました。
私の生まれた三条市には、信濃川と五十嵐川と2つ川があり、昔から砂利揚げしています。普通の景色でした。砂利揚げしないと洪水で氾濫してしまうのだろうと思います。越後平野の豊かさの裏側には水との闘いなくしてはなりえないのだわね。
Posted by わかばかんわかばかん at 2016年08月03日 10:31
わかばかん様
番組を見ることができなかったのは残念でしたね。
番組でも浚渫と浚渫船「はくさんまる」のことを話題にしていましたよ。。。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2016年08月04日 23:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。