2016年08月30日

鶏の照り焼き


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

鶏の照り焼き=フライパンで作る焼き鳥です。

鶏もも肉をガスレンジの魚焼きグリルで表面だけを焼きます。
先に皮目を焼き、焼き目がついたら、身の方を軽く焼きます。
肉の中は生の状態です。

フライパンでタレを作ります。
醤油・みりん・酒・砂糖に一味唐辛子・胡椒・おろし生姜を加えて煮詰めていきます。

一度焼いた鶏肉を一口大に切ります。
上記のタレに鶏肉を加えて一煮立ちさせます。ここで鶏肉に完全に火を入れます。

一度鶏肉を下受けのついたザルにあけます。タレだけが下に落ちるようにします。
充分にたれをしたたり落として、そのタレを再度加熱しています。

フライパンでタレを加熱し続けて、泡が小さくなった頃合いをみて、鶏肉を加えます。

この時に照り照りに仕上げるのが見た目を良くするコツです。

鶏の照り焼きです。
鶏の照り焼き

鶏の照り焼き

ごはんのおかずにも、酒の肴にもよいですよ~face02face02face02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



Posted by 越後OYAJI at 19:19│Comments(2)
この記事へのコメント
何皿つくったんだよ~。少なくても2皿はあるよね。
醤油・みりん・酒・砂糖→同量でいい?一味唐辛子・胡椒・おろし生姜を加え
→これは好みですかねぇ。
Posted by わかばかんわかばかん at 2016年09月01日 18:19
醤油:みりん:酒=1:2:1です。それに対して砂糖は3位だと思ってください。
照りを出すは砂糖なのです。甘すぎる位につくるのがこの照り焼きのポイントです。40年~50年前までは新潟ではこの甘い味が最高級とされていたのです。香辛料はお好みでどうぞ。。。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2016年09月01日 22:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。