2016年12月21日

本日冬至-2016年12月21日(水)


本日冬至です。
一年で昼間時間が一番短い日です。
新潟市中央区での昼間時間は9時間32分でした。

冬至は24節季の一つです。
この時期は昼間時間が短く、夜がより長く感じる季節です。
雪雲が空を覆ったり、雨の日が多くなったり、雷も多い時期です。

何となく、気持ちも晴れない時だと思います。
正直に言うと越後OYAJIはこの時期はあまり好きではありません。。。。

しかし、明日からはほんの少しずつ昼間時間が長くなります。
夏至に向けて目立たないけれども、少しだけれども陽が長くなります。
そういう意味では本日は喜ばしい日でもあるのです。

北欧では冬至を大切な日としました。日の沈む時間が早くなり、
太陽が死んだようになる時期を昔の人々は恐れたのです。
それが冬至を境として、太陽がまた復活したしたように力強くなる。。。。
それをお祝いする行事や習俗がありました。
そんな民俗行事や習俗とキリスト教信仰とがいろいろと結びついて
我々が現在楽しんでいるクリスマス行事になりました。
日本でのクリスマスはアメリカ文化の権化のようになっていますが
そのルーツは北欧にあるのです。

日本で言えば、お盆の行事が、本来は大和民族の民族習俗だったものが
仏教と合体したようなものです。


新潟は本日、晴れでした。

冬至の日の新潟の夕焼け空を撮影しました。

本日冬至-2016年12月21日(水)

本日冬至-2016年12月21日(水)

本日冬至-2016年12月21日(水)

本日の新潟の記録

日の出  6時56分
日の入 16時28分

南中高度 28.7度(11時42分)

最低気温 5.5℃(7時18分)
最高気温 16.1℃(13時26分)

天気 晴れ
気持ちの良い一日でした。

南中高度が28.7度しかありませんでした。
つまり、分度器で90度を真上とすると28.7度のところにしか太陽が昇らなかった。ということです。
真夏の日差しが強い日は太陽光は真上から頭上に注ぐような感じがします。
そういう時は「暑い」です。
しかし、低度でほとんど真横以下からの日差しは弱々しく、暖かい感じはしません。
本日の太陽はそんな太陽でした。

しかも日の入り時刻も早く、太陽はそそくさと隠れていくようでした。
しかし、空気が澄んでいて夕焼けはいつものように美しかったです。

新潟市中央区から見ると、角田山の方に静かに日が落ちていきました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 





Posted by 越後OYAJI at 23:53│Comments(2)
この記事へのコメント
これから昼間が長くなるのか。私は寒いけど冬は好き。いいね!
Posted by わかばかんわかばかん at 2016年12月22日 17:12
寒いの嫌い。暖かいの好き。暑いのはもっと好きです。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2016年12月23日 22:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。