2017年01月20日

琴奨菊


大相撲初場所が最終盤を迎えています。

なんと言っても話題は大関稀勢の里の初優勝と横綱昇進です。

その他、新潟出身の関取、十両の小柳の活躍が話題の中心です。

そんな中で少々ショックだったのが大関琴奨菊が負け越したことです。
大関で2場所連続で負け越すと、大関の地位から陥落します。関脇へと下がります。

琴奨菊は去年の初場所で優勝した力士です。
強いがぶり寄りが持ち味で、巨体を生かして一気に寄り切る相撲は「強い」と思わせるものです。

その大大関が1年後には横綱になっていても不思議では無い状況の中で
2場所連続で負け越しての大関陥落。。。。。

大相撲は完全な実力の世界。
強いものはどんどん出世して、弱くなれば・・・引退しか道が無い、厳しい世界です。

琴奨菊は怪我に泣かされました。ひざが悪く、スポーツの中でも最も激しく厳しい相撲とは言え
怪我は必ずついてまわるものです。

ここでは厳しい話かもしれませんが、優れたスポーツマンは怪我対策も万全です。
怪我がついてまわる世界で怪我をしないという危機管理ができている人が
最も強い人である。と言えるのがスポーツの世界だと思います。

琴奨菊です。インターネット上の画像です。
琴奨菊

琴奨菊は昨日の一戦で負け越しました。休場しても不思議ではない身体です。
しかし、本日も相撲を取りました。相手は名横綱の白鵬です。
完敗しました、。表情には悔しさを見てとれました。
不本意な自分に腹が立っているでしょう。

相撲の世界は奥の深い世界です。体力・気力・運力・・・
身体と身体がぶつかり合う厳しい世界。自分の努力だけでは如何ともしがたいものがあるのでしょう。

越後OYAJIは琴奨菊に「お疲れ様」と言いたいです。
つまり、大大関としてさらに日本人力士として優勝までした名力士です。
引退しても決して恥じではありません。
満身創痍の身体をこれから作り直すというのは奇蹟に近いものがあります。
そんなことはしないで、きっぱりと引退しても相撲の世界で充分生きていけるし
相撲界に貢献することができると思うのです。
現在の琴奨菊をみるのはとてもつらいです。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



Posted by 越後OYAJI at 21:29│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。