2017年08月11日

山の日


本日は国民の祝日である「山の日」です。

山の恩恵に感謝し、自然に親しむ祝日とされています。

「山の日?」と思う人も多いと思います。それも国民の祝日? 休み? 今は夏休みでお盆だろ?

そう思うのが普通でしょう。なにせ、この祝日の山の日は今年で2回目です。
昨年から施行されました。国民にはあまり馴染みがないですね。。。。

7月17日は「海の日」でした。これもある意味で海洋国家である日本が海に感謝して
海の恩恵に浴し、海という自然を大切にする日として制定されました。

海の日と山の日を並べて考えると、不思議なことを見つけることができます。
海の日は戦前は「海軍記念日」だったそうです。日本軍にとって意味のある日だったのでしょう。
ではは山の日はどうでしょう?
8月のお盆の頃に制定した理由は8月には国民の祝日が無い。という理由だそうです。

そして、一般的には公務員などはお盆休暇などはありません。各自で有給休暇等を利用して
全体のバランスで夏休みを取る。というのが社会での暗黙のルールです。

お正月は公務もお休みになります。昔からの慣習で年末年始は休みになっています。
しかし、夏に公務がお休みになることはありません。
旧のお盆の頃は「藪入り」でもあるからです。つまり昔の日本人は夏の日が高い頃はせっせと
働き、冬の寒く、農作業等がやりにくい時に身体を休めたのです。自然と一体でした。

一般的にこの時期は会社では夏休み=お盆休みです。
しかし、サービス業に従事する人は稼ぎ時です。相反しています。
そういう中で8月11日に山の日を制定したのです。

日本国が戦前回帰に走っているような不穏なものを感じています。
海の日が海軍記念と重なるというのはとても嫌です。
山の日もそういうのの一環では無いと思いたいです。

この海の日と山の日の不自然な制定の仕方は働き過ぎの日本の「役人」様に為にある。
と訝っているのはきっと越後OYAJIだけでしょう。

公務員と役人は違います。しかし、待遇は一緒です。
公務員はまさに人々の為に、公務の為に自らの命を省みず奉仕する仕事です。
警察官・消防士・自衛官など公の為に働く人は多いです。
一方、役人は与えられた仕事(役目)だけを淡々とこなすだけの人です。
べつにその役人だけでなくても、誰でもができるような仕事に従事している人です。
そして、そう言う役人ほど「役人風」を吹かせて、下々の者を見下しています。
日本国は役人天国です。。。。。

そんな役人や海軍記念日を大切にする人に為に作られた国民の祝日は・・・・
本当に国民の為のものなのでしょうか??

そんな問題提起をしたい越後OYAJIです。

真夏の角田山と弥彦山です。
角田も弥彦も新潟県民から愛される名峰です。山の日に今一度かえりみたい山です。
見る角度によって色々な表情を見せてくれるがうれしいです。
山の日

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



Posted by 越後OYAJI at 08:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。