2017年10月14日

キンモクセイ


新潟のキンモクセイ(金木犀)は今が盛りです。

キンモクセイは三大芳香花と言われます。

春のジンチョウゲ、夏のクチナシ、そして秋のキンモクセイです。

キンモクセイの木のそばを通るとすぐにその香りでわかります。
心を和ませてくれる芳しい香りです。

キンモクセイは花の時期が短いのが特徴でもあります。
秋のちょっと強い風や季節の雨ですぐに散ってしまいます。
庭木として育てている家の前には散ったオレンジ色の花が吹き寄せになっています。

良い香りを放ち、散りやすいと言うのがまた人気の秘密なのでしょう。

新潟市中央区のキンモクセイです。




キンモクセイの香りはとても人気で芳香剤に使われます。
化学合成しやすい香りなのです。
トイレの芳香剤として一番多いのでないでしょうか? 
トイレと聞くはキンモクセイの高貴な香りの価値が下がってしまうのかな?
と思ってしまう越後OYAJIです。。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 






Posted by 越後OYAJI at 18:49│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。