2017年12月21日

なんでだろう?


この帽子に見覚えがあるでしょ。。。。
言わずと知れたサンタさんの帽子です。




この季節になると何故か? 至る所で見るのです。
コンビニで、スーパーマーケットで、ドラッグストアーで、ファミレスで、ピザデリバリーのバイクで。。。

そして何の違和感も無く受け入れられていますよね。。。。

OJIJIの私にはとても不自然に感じます。
何故クリスマスだけ色々な商業施設でこんな帽子をかぶるのでしょう。

日本では季節事に色々なイベントがあります。そのたびに象徴的な事物があります。
例えば節分なら「鬼の面」 七夕なら「笹飾り」 ハロウィーンなら「カボチャのお化け」等々
そのイベントにあわせたものがありますが、クリスマス以外に店員さん達が一斉に
何かに扮するということはありません。

何故か? クリスマスだけ色々なところの店員さん達が「サンタ帽」を被ります。

まぁ、クリスマスの雰囲気を演出しているつもりででしょうが、とても違和感がありますね。

ハレの日商法というのがあります。
日本人の習俗で「ハレ」と「ケ」という考え方があります。「ハレ」は特別な日や事。
「ケ」は日常の事や日。と言うとらえ方です。
そのハレにあわせて商機見いだそうとするのがハレの日商法です。

今から30年~40年前まではクリスマス関連のハレの日商法がダントツ一位でした。
売り上げがあったということです。2位はお正月関連でした。
また、入学や卒業関連もハレの日商法で効果がありました。
それが段々と色あせてきて、最近ではバレンタインデーやハロウィーン、節分の恵方巻などが
上位にあがっています。またSNS等の情報社会で今までの常識が通用しないことが多々あります。
そんな中でなんともアナログな「サンタ帽」に違和感を感ずるのは
私がOYAJIからOJIJIになったからでしょうか。。。(笑)

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 





Posted by 越後OYAJI at 18:41│Comments(2)
この記事へのコメント
はい。それはOJIJIになったからです(笑)
ミーハーな私は「なんでも楽しむ」をモットーにしています。
婆さんのお客様で毎回1~10まで同じ話を何年もしていても「すごーい」と初めて聞いたかのように聞き、嘘だと思う話にも感動し、どんなイヤミも笑っている、そんな人になる、が目標です。OYAJI~どうせやるなら楽しもうよ。同じアホなら踊らにゃ損だよ~。
Posted by わかばかんわかばかん at 2017年12月24日 14:48
お見事\(^o^)/
越後OJIJIも「わかばかん」さんを見習います。
何でも素直に受け入れて楽しめば良いのですね。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2017年12月25日 18:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。