2018年05月13日

青麦


米どころの新潟です。

新潟県内いたるところが田んぼです。

麦のイメージが少ない新潟ですが。。。。

極少量ですが新潟県内産の"麦"もあります。

新潟市では江南区・南区などで極々少量ですが栽培されています。

そんな新潟の麦を撮影しました。青麦です。







関東などの麦の産地ではもう今頃は麦が黄金色に色づいています。

新潟では少し遅れて完熟し黄金色の"麦色"になります。

初夏を麦秋といいます。麦の収穫時を米などの収穫時と同じ秋になぞらえたのです。

新潟の麦秋はもう数週間後でしょうか?

この新潟の麦は何に使うのかと考えたことがあります。
少量なので粉にしてパンというのは考えにくく、なんなのだろう? と思うえちごOJIJIです。

考えられたのが自家製味噌や自家製醤油に使うのでしないか? ということです。

ほんとのことはわかりません。どなたか知っている方がいれば教えてください。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 




Posted by 越後OYAJI at 08:41│Comments(4)
この記事へのコメント
何にするんだろうねぇ?
お菓子か?雑穀か?動物の餌か?作付け面積はどのくらいですか?
Posted by わかばかんわかばかん at 2018年05月13日 15:57
私が知っている限りでは江南区と南区で点在しています。運がよければ出くわすという程度ですので作付け面積などは想像もつきません(#>o<#)
また、こういう小麦の使い方ですが、数年前に偶然麦刈りをしていた人に聞いたところ、その人は自然食パン店を営んでいて、自分でこの麦でパンを焼くのだ。
と言っていました。その場所での麦栽培は普通の田んぼの4分の1位の面積だったので極々少量の収穫でした。とても日常的に使える量ではありませんでした。。。。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2018年05月15日 20:52
やっぱり。何にするのかな?と考えていたら、パン屋だなという結論に達した。巷の小さなこだわりのパン屋だね。
私は、ライ麦パンとか、ドライフルーツ入りパンとか、何か混ざっているパンが
好き。なんでも食べるけれど、白系パンよりは茶色系パンが好きです。
Posted by わかばかんわかばかん at 2018年05月25日 17:34
所用があって太平洋側まで行ってきました。途中の群馬県内・埼玉県内の麦畑は黄金色に輝いていました。まさに麦秋です。
パンは美味しいですよね。以前わかばかんさんのブログに取り上げられていた
清水フードの「ぶどうパン」はとてもおいしいです。時々食べています(^o^)
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2018年05月25日 23:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。