2018年10月03日

大根の丘


新潟市西区赤塚地区は砂丘地大根の大産地です。

勿論、県内一の大根の生産地です。

砂地で柔らかく水はけが良い土壌のため大根は真っ直ぐにしっかりと「根」をおろし成長します。

野菜として出荷されたり、赤塚地区に多数ある「漬物加工会社」で「漬物」に加工されます。

さあ!!! これから大きくなるぞぉぉぉ
整然と畑に植えられた大根です。
信濃川、佐潟、日本海という好条件で作られた砂丘に植えた大根群は
まるで「大根の丘」を思わせるものです。




青首大根と白首大根を生産しています。
青首大根は主に生食用として出荷し、白首大根は主に漬物に加工します。

まだまだ赤ちゃん大根ですが、これからどんどん大きくなります。
11月になると取り入れが始まり、11月の中旬ころがピークになります。
甘くてみずみずしい赤塚砂丘地大根。。。楽しみですface05(^o^)face05

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 





Posted by 越後OYAJI at 21:57│Comments(2)
この記事へのコメント
いつもいく直売所にやっと小ぶりの大根がでてきた。菊もお目見えした。
白菜もキャベツもまだない。待ち遠しい。
Posted by わかばかんわかばかん at 2018年10月05日 20:25
新潟ではこの時期はミニ端境期ですね。地元の野菜は畑ではすくすくと育っていますが、まだまだ直売所に出るほどではありませんね。
もうすぐ地元野菜であふれるうれしい季節になります。楽しみ。。。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2018年10月09日 07:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。