2019年01月10日

"あたま"大盛り


久しぶりに「松屋の牛めし=牛丼」を食べました。

レギュラーの牛丼を食べるつもりでした。
しかし、券売機を見ると「あたま大盛り」という項目がありました。
なんとなく、これがいいな。。。というノリでその券を購入。

牛丼のあたま大盛りです。

さて「あたま」って何のことか知っていますか?

丼もの料理でご飯の上にのっている料理が「あたま」です。
カツ丼・牛丼・親子丼などの具がそれです。
今回は牛丼の具の大盛りのことです。

あたま大盛り

あたま大盛り

丼ものの具の部分を"あたま"というのはどうやら「江戸ことば」のようです。
江戸っ子はとにかく「粋」を生き方の旨としていました。
まだろっこしく「料理」だとか「具」だとか「具材」などと言うことを極力嫌ったのです。
そして「粋」で「シャレ」が効いた言葉に置き換えでいったのです。
その最たるものの例がこの「あたま」という言葉の使いだったのです。

例えば、海苔巻きといなり寿司の盛り合わせを「助六寿司」と言います。
この助六寿司には油揚げと海苔巻きが使われます。
江戸歌舞伎で助六というのは特別な色男です。その恋人が「あげまき」です。
「あぶら"揚げ"」と「のり"巻き"」を使っているので「揚げ巻き」です。
「あげまき」が登場すれば「助六」です。

こういう「粋」な言葉の使い方をしたのが江戸っ子なのです。

江戸っ子が江戸ことばを駆使して「粋」で「洒落た」言葉使い方から「あたま」が生まれたのです。

大飯食いの越後OJIJIですが今回の牛丼のご飯は普通盛りです。
あたまだけが大盛りでした。face02face02face02\(^o^)/face02face02face02

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



Posted by 越後OYAJI at 12:18│Comments(4)
この記事へのコメント
へぇ~。助六ってそういう意味があったんですね。なんとなく歌舞伎に関係あるような気がしていたけれど。あげまきさんが人気だったのか?助六が人気だったのか?二人の話が人気だったのか?その全部ですかねぇ。実際に居た人でしょうか?
Posted by わかばかんわかばかん at 2019年01月15日 16:03
助六のモデル、花魁あげまきのモデルは複数いるそうです。
一般的にいう「諸説あります」というところでしょか(^o^)
歌舞伎役者市川團十郎のおはこです(歌舞伎18番)
助六の話題をこのブログで書いたすぐ後に海老蔵が団十郎を襲名するという
ニュースが飛び込んできました。そのことが驚きでした。
いつか歌舞伎座で本物の歌舞伎を見たいものです。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2019年01月17日 09:57
いろんな催し物が地方で見れる。相撲・りミュージカル・落語などなど。それも嬉しいことだけど、やっぱ本家でみる本物は違うんでしょうね。私が見たかったものは「プロレス」だった(笑)。音&光&煙などなど。バーン・ドーン・バリバリ・・・。今はもう無理だ。心臓がドキドキしすぎて死んでしまう。
Posted by わかばかんわかばかん at 2019年01月17日 16:56
お! 丼ものの話から歌舞伎に飛んで「プロレス」まで広がりましたね(笑)
プロレスと言えば私はジァイアント馬場さんと不思議なつながりがあります。
馬場さんとは直接の面識はありませんでしたが馬場さんの会社の方とつきあいがあり、その方が新潟に来るたびに私が関わっている食べものを馬場さんに届けていました。その食べものを通じてジァイアント馬場さんは私のファンでした。
ジァイアント馬場さんは三条の出身です。馬場さんの生前にNHK新潟が主催したイベントが三条市でありました。その時にNHK新潟の担当者を通じていつもの食べものをプレゼントしました。馬場さんが「大好物だ」と言って喜んでくれたそうです。その後に馬場さんは若くしてお亡くなりになりました。
プロレス・三条・食べものでイメージがつながりました。。。(笑)。。。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2019年01月18日 00:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。