2019年09月20日

新潟の梨 [収穫真っ盛り]


新潟は果物王国です。

夏の始まりの「さくらんぼ」
次ぎが「スイカやメロン」。
さらに真夏には「桃」がでまわります。「ブドウ」も多くの品種が稔ります。

秋の果物の代表はなんと言っても「梨」です。
新潟市では南区、江南区、西蒲区が大産地です。
新潟市近郷では聖籠町、田上町、加茂市など信濃川や中之口川沿いで盛んに栽培されています。

新潟の梨は最高ですよ\(^o^)/

品種も沢山栽培されていて「幸水」「新高」「豊水」「二十世紀梨」「秋月」「秀水」などなど・・・・
さらに「西洋梨」も栽培されています。
その中でピカイチなのが「ル・レクチェ」です。晩秋に収穫されて追熟されて出荷されます。
贈答用などの高級果物です。

最晩生は「新興」という品種で晩秋から初冬の頃に収穫されます。

今、新潟梨の収穫最盛期です。

江南区二本木地区で撮影しました。


たわわに稔っている「豊水」です。


本日の越後OJIJIがおやつとして食べた梨です。
豊水・二十世紀・新高です。
皮をむいて切って器に盛ると、どれがどれだか分からなくなりました。
しかし、いずれも甘くジューシーで最高に美味しいです\(^o^)/


梨の花です。4月23日に新潟市南区で撮影。


7月頃の梨の実です。直径3cmくらいです。


果樹農家の方が丹精込めて栽培して収穫する新潟梨です。
おいしいのが当たり前などと思わないで農家の方に感謝したいです。

梨の収穫が終わる頃に「柿の実」が色づいてきます。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 00:19Comments(0)

2019年09月12日

いつの間にか・・・


いつの間にか「稔りの時」になっていました。

新潟平野は「黄金色」に染まっています。

農家の方は稲刈りに精を出しています。

今年の新潟も「大豊作」です。嬉しいし大感謝です。




気がつけば8月1日にブログを更新して以来8月中は一度も投稿していませんでした。

8月はとても忙しくしていた越後OJIJIです。

休みをほとんど取ることができませんでした。

勿論、お盆中も無休で仕事をしていました。

それに加えて県外出張があったり東京出張が数回あったりと
OJIJIには体力的にきつい日々が続きました。

そういう理由でブログ更新ができませんでした。

9月に入っても同じ状況です(^_^;)
今月も殆ど休み無しで仕事や各種活動をこなさなくてはなりません\(^o^)/

健康ですこやかにに日々を過ごすことができることに大感謝です。

ちなみに今夏は救急救命の場面に数度出くわしました。
一度は突然倒れた老人にAEDを使用して蘇生させました。救急搬送しました。
一度はてんかん発作をおこした成人を保護しました。
成人のてんかん発作は珍しいので別の病気の可能性があったので救急搬送しました。
また、熱中症の疑いがある症例に3回出くわしました。いずれも救急車を手配して救命しました。

いろいろんな活動をしているとこういう場面に出くわすことがよくあります。
この夏のトピックスでした。。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 13:51Comments(0)