2021年02月23日

馬鹿者と愚か者




東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長である森喜朗氏の問題がマスコミを賑わしましたね。

森氏は辞任して新会長に橋本聖子さんが就任しました。

世界中に恥をさらしたできごとでした。

橋本氏が組織委員会新会長に就任したのでオリンピック担当大臣を辞任しました。

公認の大臣には丸川珠代氏が就任しました。すべて既報の通りです。

さて、本日の越後ojijiのブログです。

タイトルが「馬鹿者」と「愚か者」です。

日本語では「バカ」と「おろか」を同じような意味で使います。
少しニュアンスは違いますが関西弁の「アホ」も同じような意味で使います。

しかし、馬鹿者と愚か者というのは決定的に違います。

「馬鹿者」というのは文字通り「馬」と「鹿」の区別がつかないような人物をいうのです。
「区別がつかない」というのは「判断ができない」ということです。
判断能力が劣るような人物を「馬鹿者」というのです。

一方「愚か者」というのはもともと「考える力の無い者」を言います。
「学習能力」が低かったり、あまりじっくりと考えてから行動しなかったりする者を言います。

このように馬鹿者と愚か者は違うのです。

良い例として高学歴で社会的地位が高い人でも「バカ」なことをしている人物はたくさんいます。
まさに「馬鹿者」です。

さてオリンピック担当大臣に就任した丸川珠代氏に関して書きます。
個人名を出して批判的なことを書くのは「公人」であるからです。

丸川氏は東大経済学部を卒業して民放のアナウンサーになった方です。
その後参議院議員になり閣僚を何度も経験した才媛です。

そういう特別優秀な方が過去になんとも酷いことをしたのです。

2009年に自民党政権から民主党政権への「政権交代」がありました。
丸川氏はその当時野党である自民党の議員でした。

2010年のことです。時の総理大臣「鳩山由紀夫」氏が本会議場で演説を行っていました。
その時丸川氏は演説をしている総理大臣に向かって「ルーピー」「ルーピー」とヤジを飛ばしました。
「ルーピー」というのはアメリカンスラッグです。
「愚か者」「考える力の無い者」「劣っているもの」「生活能力の無い者」等、
他人を揶揄するときに使う「はしたない言葉」です。
丸川氏はこともあろうにこの言葉を国権の最高機関である国会議場で発したのです。

この「ルーピー」という言葉は当時鳩山氏に対して批判的であったアメリカの「ワシントンポスト紙」が
その紙面で使っていた言葉です。
東大経済学部を卒業してマスコミ業界で活躍していた
丸川珠代氏は当然「ワシントンポスト」を読んでいたことでしょう。

そこに良い言葉があるぞ・・・ということでこの言葉を使ったのだと思います。
こともあろうに国会の本会議場でですよ。

私はこういう人物を「馬鹿者」というのだと思います。
「ものごとの判断ができない」「ことをわきまえない」・・・まさに「大バカ者」です。

鳩山由紀夫総理大臣も東大工学部を卒業してアメリカの大学で学位を取得され
アメリカの大学と東大で教鞭をとられていた方です。
英語力は抜群で通訳なしで各国首脳と渡り合えたのは鳩山総理くらいです。
その方に「ルーピー」と叫んだのです。
ルーピーとアナウンサー仕込みの澄んだ甲高い声は議場に響き渡りました。
当然鳩山総理にも聞こえたことでしょう。その時の映像が残っています。
声が聞こえた鳩山総理は一瞬声の方に目をやりましたがそのまま無視をして演説をつづけました。
この態度こそ「賢者」の振る舞いだ思います。

日本の国会での失言や失態は数えきれないほどあります。吉田茂首相の「バカ野郎」発言と
それに伴う解散劇。そんなのは代表的な一部でしかありません。

そして本会議場におけるヤジというのもユーモアがこもっていたり機知に富むものでした。
戦後「自民党」「社会党」時代が長く続きました。
しかし野党である社会党議員からこんなはしたない言葉が発せられることはありませんでした。

歴史に残る「大バカ者」発言です。

さらに丸川氏は政治家として活動するうちに何度も失言や失態を繰り返しています。

こんな人物を国際的な顔として日本国のオリンピック担当大臣に据えたのです。

何とも恥ずかしい限りです。

そんなに自民党という政党には人材が不足しているのでしょうか❔

何とも情けない思いでこのブログを書いています。

閑話休題
越後ojijiは最近ずっと「男つらいよ」シリーズのDVDを見ています。
「フーテンの寅さん」シリーズです。
レンタルビデオ店からシリーズ第1作から48作までを借りてきて繰り返し繰り返し見ているのです。

この「フーテン」という言葉ですが漢字では「瘋癲」と書きます。
この言葉の意味は「愚かであること」「思考洞察力の欠如」「生活能力の無い者」等の意味があります。
さらに「ボケてしまっている人」という意味もあります。
現在では「ボケ」は差別用語ですので「認知症を有する者」と言い換えましょう。
この意味で「瘋癲」を使ったのが大文豪である「谷崎潤一郎」です。
自らを「瘋癲老人」と称しています。
谷崎は東大文部を主席で卒業するほどお勉強ができた人ですが、性的嗜好は極端な「M」で
谷崎文学にはたくさんそのことが反映されています。
恋焦がれて妻にした人を詩人佐藤春夫に貢ぎ、
その嫉妬で気が狂いそうになる己の姿を喜ぶような人物です。

さてコロナコロナで思い通りにならずストレスの溜まる毎日です。
読者の皆様、そんな時でもご自愛のほど祈り願っています。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 











  


Posted by 越後OYAJI at 14:53Comments(0)

2021年02月09日

ネコヤナギが咲き始めました-2月9日(今日は「肉の日)


節分が過ぎて「立春」を迎えたのにまだまだ寒い日が続いています。

「春」というのはまだ暦の上だけの話ですね。

そんな中で毎年定点観察している近所のネコヤナギが咲きだしました。

今年もちゃんと咲き出しました。


新芽は咲き出す準備中です。


青空に向かって咲いています。まだ寒い冬空の青さは心に勇気を与えてくれます


本日は2月9日(火)です。

「に(2)く(9)」の日=「肉の日」です。

越後ojijiにとって「肉の日」といえば「焼肉食べ放題」です(^_^)/

新潟市に無くなってしまい、現在県内で唯一営業している「すたみな太郎長岡店」に行ってきました。

肉の食べ放題を楽しんできました。



牛肉食べ放題です(左)               豚バラ肉食べ放題です(右)


大好きなイカ焼きも食べました(左)          肉は何度もお代わりして食べました(右)


焼肉以外も食べました(左)             デザートのお菓子や飲み物です(右)


こんなに食べました( ^)o(^ )


仕事で長岡に行ったのですが、たっぷりと肉を楽しんできました。
仕事が優先なのですが、肉を楽しんだ方がメインになってしまいました。本末転倒です"(-""-)"


えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 23:13Comments(0)

2021年02月09日

鳥インフルエンザが蔓延しています。


全国で鳥インフルエンザが蔓延しています。

鳥インフルエンザは「鳥」だけがかかる病気で人間はその病気にかかることはありません。

また鳥インフルエンザに罹った鳥の肉や卵を食べても人間には影響はありません。
鶏肉も卵も安全である。と証明されています(食品安全委員会)

今年は罹患する鳥が例年になく多く、罹患が確認された鳥と罹患された可能性が高い鳥は
殺処分されます。そもそも罹患の可能性が高い鶏肉や卵は流通しないのです。

さらに鳥インフルエンザがうつるためには
人間の側に鳥インフルエンザを受け入れるレセプターが必要です。
人間は鳥インフルエンザのレセプターがないのでうつりません。

今年の鳥インフルエンザで殺処分された鳥は全国で930万羽です。
記録がある中で史上最高の数です。
過去の最高は2010年の193万羽でした。今年はその時の約5倍の鳥の命が奪われました。

人間にとって大切な食料であり、身近な鳥です。命は命です。
その命を粗末にしているのは何ともやりきれないです。

鳥インフルエンザの鶏への感染は人間の注意と努力で防ぐことができます。
農林水産省の注意喚起ポスターです。


新潟市西区の「佐潟」でも昨日鳥インフルエンザが確認されました。
野鳥が死んでいたそうです。またすでに昨年になってしまいましたが水原の「瓢湖」でも
野鳥が死んでいるのが確認されました。
新潟県内では今年は大規模の感染はおこっていません。
養鶏農家や養鶏業者の方々の努力が大きいと思っています。頭がさがります。

鶏インフルエンザについてより詳しく知りたい方は以下をご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/know.html

https://www.fsc.go.jp/sonota/tori/tori_infl_ah7n9.html

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/

https://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/r2_hpai_kokunai.html

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 14:03Comments(0)