2019年11月26日

コスパ最高\(^o^)/ 会津ソースカツ丼


しょっちゅう、県外出張をしている越後OJIJIです。

先日も東北地方へ商用で行ってきました。

その帰りに会津若松に寄りこの「会津ソースカツ丼」を食べました。

すごいボリュームです\(^o^)/



ごはん(会津こしひかりでしょうか?)の上にキャベツの繊切り、分厚いとんかつが乗っかっています。


セットとしてこのように出てきます。お吸い物、少量の漬け物がついています。


先日、県内のラーメン店でのあまりに酷くコストパフォーマンスが悪い商品を記事にしました。

それに対してこのソースカツ丼の価格と見た目の落差が
あまりに素晴らしいので紹介したくなりました。

会津ソースカツ丼です1200円です。お店で食べたので税込み1320円です。
ごはんの上に繊切りキャベツを敷き。分厚いロースとんかつ2枚分を4等分して乗っています。
とんかつ1枚は約200gはあるでしょう。2枚で400g位だと思います。

ソースは会津独特の割とさっぱりとし、甘めに仕上げでいます。越後OJIJIの大好きな味です。

当然このボリュームでは食べきることができません。
お店では持ち帰り用のパックと袋を用意しています。
食べきれないことを想定して作っているのです。

昼時に訪れました。老若男女のほとんどの客がこのソースカツ丼を食べていました。

とにかくコスパ最高です。1320円以上の価値があると思いました。

さて、新潟では「にいがたタレカツ丼」です。

薄い肉にパン粉衣をまとわせてあげたものです。独特の醤油タレで仕上げています。

市内には有名店が何店かあります。
一般的に新潟タレカツ丼は1000円以上します。
ごはんはどこも良いコシヒカリをつかっているようですが・・・

上記の会津ソースカツ丼と比較すると、とても割高のような気がします。
原価率から言えばとても会津ソースカツ丼に適わないでしょう。

会津ソースカツ丼も新潟タレカツ丼も観光客に人気の食べ物です。
あきらかに新潟の方が負けています。

食と食文化を売りにする新潟の観光戦略。。。
どこかピントがずれているような気がします。
新潟経済にも大きく影響する食の問題です。

多くの新潟県人とともに考えていかなければならない問題だと思います。

このソースカツ丼は会津若松の「十文字屋」さんの商品です。
会津の「大観音様」が聳え立つ施設の前で営業しています。
国道49号線沿いです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 13:01Comments(0)

2019年11月26日

おとめつばき 今年も咲きだしました。


自宅の乙女椿が今年も咲きだしました。

昨年は11月1日に咲いているので今年は少し遅くなりました。

今年は地球温暖化の影響か自然災害が頻発しました。
台風被害は目を覆うものでした。特に大雨による被害は甚大でした。

植物は正直です。秋以降は気温の高い日が続きました。
今年が去年より咲きだすのが遅かったのは暖かかったせいでしょう。

自宅の乙女椿です。




何かと忙しい日々を送っています。
乙女椿の木が植えられている場所の下草刈りも充分ではありませんでした。

それでもこの花は健気に時期をあやまたずに毎年咲いてくれます。
この花に癒されている越後OJIJIです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 12:18Comments(0)

2019年11月18日

ひどすぎると思いませんか・・越後OYAJIは怒っています。


こんなラーメン売るなよ!!(>_<)

越後OJIJIは怒っています(怒)(怒)(怒)(怒)(怒)!!

新潟県はラーメン王国と言われています。
美味しくて価値のあるラーメンが県内各地で展開されています。

そんな中でこんな酷いラーメンに出会ってしまったのです。

魚沼地方に用事があり出かけた時にお腹が空き、全国チェーンの有名ラーメン店に飛び込みました。
そのラーメンチェーンは北海道味噌をベースにしたラーメンを全国展開し、
一時期は全国制覇し一世を風靡したものです。
そのお店で注文して出てきたのが写真のラーメンです。味噌ラーメンです。

価格は800円です。税別でお店で食べたので880円でした。

OJIJIは何を怒っているかというと。。。。
価格と商品とのバランスがまるでとれていないのです。

チェーン店ですから本部から送られてくる濃縮のスープを水で割って使っているでしょう。
実際、店に入った時にスープをとっている独特のラーメン店らしい"匂い"がありませんでした。

さらにタレも麺も自家製ではなくチェーン店のものです。

唯一期待できるのが地元野菜です。
味噌ラーメンに使う野菜はみそ味と相俟って独特の甘さが出ておいしいものです。
しかし、
下の写真を見てください。もやしとにんじん、少量のキャベツとコーンが数粒入っているだけです。
地元魚沼らしい野菜とは思われませんでした。

麺は中太麺でそこそこに食べられる麺です。
もちろんラーメン汁はチェーン店ですからそこそこです。

しかし、写真を見て絶対にこのラーメンを800円(税込み880円)と思う方はいないでしょう。

コスパが全然悪いのです。商品に対して880円という価格が納得できないのです。

せいぜい380円位の価値しか感じませんでした。



魚沼地区と言えば・・魚沼市・南魚沼市と全国的に知られた食の宝庫地域です。
全国から美味しいもの価値ある食を求めて色々な人がやってくるところです。

その地域でいくら全国チェーンのお店であろうともこんな酷いものを売ってはいけない。

越後OJIJIはそう思っているのです。。。。。

越後OJIJIは怒っていて且つがっかりしているのです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 

  


Posted by 越後OYAJI at 12:47Comments(0)