2016年04月30日

とても立派な松の門


松の枝を曲げて家の門に仕立てあげています。

見事ですねface02





左右2本の松を曲げて真ん中であわせています。
今は添え棒をしていますが、完全に固まると添え棒を取るのでしょう。
その完成した姿をみて見たいものです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 16:04Comments(0)

2016年04月30日

看板はこんなでしたよね(^o^)


新潟市中央区にある遊歩道沿いにあるお宅の囲いに打ち付けられています。

錆びた鉄板の看板です。

現在は広告手段が無数にあるのですが、私達が子供の頃はこういう看板が普通でした。

越後OYAJIはこういうものが好きでたくさん写真を撮っています。
記録しておかなければいずれなくなってしまうからです。




旭味は業務用としてまだある商品です。
ミツウロコの煉炭もホームセンターで売っているようです。
豆炭も商品としてはあるようです。
しかし三筋?というブランドは存在しているのでしょうか?

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:07Comments(2)

2016年04月29日

カラス、悲し。。。。


絶命しているカラスです。

カラスは猛禽類です。
一般的に私達が目にするカラスは「ハシブトカラス」と「ハシボソカラス」です。
雑食性でゴミ箱を荒らしたりします。

天敵にやられたのでしょうか? それとも高圧電線にでも触れたのでしょうか?



普段見慣れているカラスです。
でも良くみると、漆黒の羽には輝きがあり「かっこいい鳥」です。

これは「ハシブトカラス」のようです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 21:59Comments(2)

2016年04月29日

カップデザート[いちごクリームプリン]


またまた100円で買えるおやつです。

今回は季節の苺を使った生クリームを絞ったプリンです。
苺のソースもかかっています。



こういうのをちょっと食べるのが大きな楽しみです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 17:51Comments(2)

2016年04月29日

とても気になる「無脂肪乳」


イオンで「無脂肪乳」なるものを買ってきました。

イオンのオリジナル商品のようです。

「低脂肪乳」というのは聞いたことも飲んだこともあります。
しかし「無脂肪乳」というのは初めてです。

牛乳と言えば「バター」や「チーズ」や「クリーム」に代表される脂肪の固まり
というイメージです。それがまた栄養でもあると認識しています。

その牛乳から脂肪分を90%も取ってしまったらどんな味なのでしょう?



1000mlで158円(税込み170.64円)でした。

飲んでみた。

普通だった。

え゛え゛え゛え゛え゛ぇぇぇぇぇ!!!!
牛乳の脂肪分って旨味やコクの元じゃないの。
普通の低脂肪乳よりも美味しい感じすらした。

そりゃ、特濃などと表示しているものとは違うけれど、
そんなに違和感が無かった。

無脂肪乳などと書いてあるので、病院食などのような特殊な料理に使うものと思っていた。

全然関係なく、それなりに美味しく飲めることがわかった。

ただし無脂肪にどんなメリットがあるのかは未だに不明です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:29Comments(2)

2016年04月29日

茱萸(ぐみ)の花


グミの花が咲いています。

夏に真っ赤な実をつけます。

定点観察しているこの木には小さな実しかつきませんが
「びっくりグミ」と言って特大の実をつける品種もあります。



このタイプの花は目立たなくて、ひっそりと咲いているように見えます。
そういう控えめなところが好きです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:20Comments(0)

2016年04月28日

アジの刺身


鮮度抜群のアジを手に入れました。

万代島にある新潟市漁協のセリ場で写真を写していたら(勿論許可を得てです)
漁師さんが「すこし持っていけ」と言ってこの鯵をくれました。

ありがたくいただいてきました。

あまりにも鮮度が良いのでお刺身でいただきました。



ピッカピカですface02


あぶらがのっていて美味しいです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 19:32Comments(2)

2016年04月28日

だいこんの花


だいこんの花が咲いています。

アブラナ科のだいこんですが、花の色は白または白と紫が混じったような色です。
アブラナ科の花は黄色と思っているのですが、だいこんは白ですねface02




だいこんから「薹(とう)」が立ち、その先端に花をつけています。
本来なら種をとるのが目的でしょうが、こちらの畑もほおっておいた大根に花が咲きました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 15:42Comments(0)

2016年04月28日

春まつり


ちょっと前に撮影した写真です。

春まつりで着飾っているお宮です。

全国的に有名な「弥彦神社」や「白山神社」などのお祭りとは違い
こじんまりとしています。地域の小さなお宮です。
地域の方々が大切にしてきたのでしょう。
今年の豊作を祈願する春祭りを行うのだと思います。





宮司さんが祝詞をあげて、地域の方々が頭をたれる。
こういう姿は特定の宗教していことではなく地域行事として伝承したいものです。
地域行事としてのお祭りは子供達にも良い影響を与えることでしょう。
とても大切だと考えます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 15:25Comments(2)

2016年04月28日

ハナミズキが満開です。


ご近所のハナミズキが満開です。

ちょっと遠くから見ると、色の濃いサクラかな?と思うくらいに見事なピンクです。





晴れた青空によく映えます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 15:11Comments(0)

2016年04月27日

野菜いため


越後OYAJIのこんなもの食べていますシリーズです。

春なのに~、春なのに~。。。。icon26icon26icon26

冬場は汁物などにして野菜を食べることが多かったのですが、
最近、野菜の摂取が少ない越後OYAJIです。

野菜炒めです。

ホウレンソウ・人参・豆もやし・玉葱・エノキ・舞茸

できたてで湯気が出ている野菜炒めです。


今回使ったもやしは「機能性表示食品」です。表示項目は「イソフラボン」等です。

機能性表示食品とはこちらをご覧下さい。消費者庁のウェブサイトです。
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/150810_1.pdf

機能性表示食品は別として、野菜をしっかりとたべなくちゃ(#>o<#)

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 21:20Comments(0)

2016年04月27日

庭の花


越後OYAJIん家の花です。
庭には雑草ばかりですが、咲いている花もあります。

今日、庭に咲いている花です。

白いヤマブキです。


先日とは色違いのチューリップです。色違いはこの一本だけです。


庭掃除をしました。雑草を全部抜きました。すこしきれいになれました。
ビワの木があるのですが、葉が茂りすぎて近所迷惑になるので枝を切りました。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 15:30Comments(0)

2016年04月27日

キジバト(雉鳩)


街中にはたくさんの鳩がいます。

これはキジバトです。

模様が国鳥のキジに似ているのでこの名前になったそうです。
山鳩とも呼ばれます。食用になりますし、狩猟の対象でもあります。
街中でもよく見かけます。

一般的によく見られる鳩は「土鳩(どばと)」といいます。

キジバトです。
駐車場で撮影しました。






こちらが「土鳩」です。よく見かける鳩です。


鳥害と言う言葉もあります。鳩はどんどん増えているそうです。
人間生活と相容れないことも多くあると思います。

しかし、それを乗り越えようというのが「動物愛護」の精神だと思います。
難しいですが。鳩やカラスやスズメなどと共生していきたいものです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:03Comments(0)

2016年04月27日

カリンの花


カリンの花が今や盛りと咲いています。

バラ科の植物です。

カリンの実は「のどのクスリ」ですね。

カリンの実は知っていました。そのまま食べられないのも知っていました。
しかし、カリンの花がこんなにきれいな花であることはつい近年まで知りませんでした。
というより関心がなかったのでしょうface10

何となく春になれば色々な花が咲くな。という程度でした。
それが花の種類に興味を持ちはじめ、色々と調べるうちにはまってしまいました。
インターネットで調べると興味深い情報がいろいろあり、楽しいです。

カリンの花です。




秋になると大きな実がつきます。晩秋に落果したものをもらってきて
熟するのを楽しみながら部屋に飾っておきます。とても良い香りがして、それを楽しんでいます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 07:41Comments(2)

2016年04月26日

刺身4点盛り


越後OYAJIの刺身盛り合わせです。

ぶり・生ビンチョウまぐろ・タコぼっち・エンガワの4点盛りです。



一番奥が「ぶり」。その前が「生ビンチョウ鮪」です。
手前の左が「タコぼっち」で右が「エンガワ」です。

たこぼっちは以前紹介しました。タコの胴の部分です。
マンガではハチマキをした頭として描かれます。

さて「エンガワ」ですが・・・・・
本来は平目のひれを動かす筋肉のことです。家屋の「縁側」に擬えてつけられた部位の名称です。
本物の縁側は脂ののりも良く、こりこりとして最高に美味しいです。

しかし、ここで取り上げているものは「エンガワもどき」です。

まわる寿司やスーパーの刺身に入っているエンガワは
カラスカレイ・アブラカレイ・オヒョウなどのカレイ目の魚の「エンガワ」です。
これらの魚はいずれも大型でエンガワの部分が多く取れて、しかも安価です。
そういうものを本来の平目のエンガワの代用しとて使っているのです。
あまり、こういうものを食べることしないのですが、今回は使ってみました。

お刺身大好きな越後OYAJIです。

こしいぶきごはん。新玉葱の味噌汁。鮭の焼き漬け。ポテトサラダ。大根の漬物←この日の食事です。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 19:16Comments(0)

2016年04月26日

何かと話題の連節バスと新バスシステム


ちょっと落ち着いた感がありますが、新潟市の新交通システムです。
連節バスを導入して高速輸送システム(BRT=BUS RAPID TRANJIT)を導入しようとしたのですが
始まった時点で躓き、大きな問題になりました。

市民有志が「もう一度立ち止まって考え直そう、市民の生の声で改善しよう」
ということでこの新システムに関する「住民投票」を市と市議会に提議しました。
その条例を作って市民目線でもう一度考えようとしたのです。
新潟市民の有権者のうち約6万人の方々が署名し新潟市に対して住民投票条例の制定をもとめました。

しかし、篠田新潟市長は「何を今更、市民の声を聞かなきゃなんないのだ。
この問題はすでに20年かけて議論してきたことだ」という意見をつけて議会に諮りました。
議会はすでに新交通システムを導入する。ということで動いてきたのでそれに縛られて
市民目線を忘れて、住民投票条例案を否決しました。3月18日のことです。

その後、新潟交通は直通便などを増やしました。
という"新しいバスダイヤ"を作り春の改訂をしました。

なぁ~に"バカ"こいてるのだろうねぇぇぇ。。。新潟交通という会社は。

利用者が困ってしまうシステムをつくっておいて、批判されたら元に戻したのを(それも極一部だけ!!)
利用者の皆様の声を新ダイヤに反映させました。とのたまったのです。ば~~か。交通。

新潟交通㈱という会社はこういう会社なのです。
新潟交通という会社があってそれを存続させるのが経営だと思っているのです。
利用者などは金(利用料金)だけをもってくれば「バスに乗せてやる」という態度なのです。
それが新潟交通㈱という会社の実態なのです。

自力で経営しようというなど気は毛頭ないのです。
今までも国からの補助金が会社収入の大半だったと聞いています。
補助金をもらわなければ経営できないような"情けない会社"なのです。

今回のBRT導入とは一体何なのか? という問いに明確に答えたのが
越智敏夫 新潟国際情報大学教授の指摘です。新潟日報に載っていました。
教授いわく「今回の新潟市と新潟交通との関係は新潟交通㈱の救済だった」という指摘です。

その通りだと思います。連節バスは一台4000万円もするのですが、買ったのは新潟市です。
つまり新潟市民の税金です。そして、それを借りて使っているのは新潟交通㈱です。

新潟交通㈱救済のために大金の税金を投入したのです。
それも篠田新潟市長が「旗振り役」になって。。。。

篠田氏は新潟交通㈱からいったい何をもらったのでしょうね?

市民活動。市民運動家であった篠田氏を新潟市民は市長として歓迎しまたした。
初めての篠田選挙では一般市民がボランティアとして市民目線で選挙を支えました。
市民有志が手弁当で参加型の選挙をしました。

対する候補は元新潟市幹部でした。新潟市の上下水道事業に色々な権限を持っていた方でした。
選挙態勢も万全でした。共産党以外の全ての政党の推薦。
新潟市内の各経済団体、労働団体、農業関係、各種団体の推薦をうけて
これ以上は無いという盤石の選挙体制でした。

選挙結果は篠田氏の圧勝でした。
新潟市民は欣喜雀躍しました。
やっと市民目線の市民の市長が誕生したのですから。。。

あれから幾星霜。2期目の5年目くらいから篠田氏は「新潟市民の代表」ではなくなりました。
そりゃ、そうですよ。周りは役人ばかりで全て「イエスマン」。優秀な役人様たちです。
市長になれば特別な待遇で全ての采配ができます。
市長に耳打ちするのは「役人の役人による役人の為の行政」です。
市長にとって「耳に聞こえが良い話」ばかりです。客観的に自分を見返すことなど篠田氏には
できませんでした。そんなことで2期目が過ぎ、3期目の当選です。
この頃から完全に篠田氏はおかしくなってきました。判断がおかしくなっているのです。

あの市民を熱狂させて勝った選挙のことなどすでに過去の過去のことになっていました。
そんな中で推進されてきたのがBRTシステムです。
この時点で新潟交通㈱となにがあったのでしょうね?
げすな越後OYAJIは「げすな想像」をしてしまいました。
選挙で選ばれる人間としては誠に「げす」なことがあっのかな?なかったのかな?ってね。

いずれにしても新潟交通㈱救済のために税金を使って欲しくないです。
篠田氏も今回の色々な失敗を自らの不徳と認識して早期退陣を考えるべきです。
市長職は個人のものでは無いのです。
原点にかえれば、市長職は市民のものなのです。

こんなもの要らない。の代名詞になってしまった「連節バス」です。




愚かな人間は歴史に名前を残そうとします。
自分のやったことを自己肯定してそれを善とし、名前を残そうとするのです。
愚かなことだと思いませんか?

私が一番バカだと思うのは役所や役人の名前で出す表彰状や感謝状です。
これくらいバカなことは無い。上から目線で人にくれてやる。与えてやる。
こういうことが、一番「げす」なことです。

自らを大きく見せて、張りぼての自分の名前を残して何がうれしいのでしょう。
本当に素晴らしい生き方をした人は永遠に誰かの心に残るものです。
故人ですが私が尊敬してやまないあのお医者様のような方が。。。。。

田中角栄が再評価されています。たった30年で本当の姿が見えてきたのです。
田中角栄は決して自分の利益を追求したりしなかった。
自分を鏡に写し、いつも他人のために活動してきた。
「他人の為」という言葉が最も似つかわしいのは田中角栄氏であろう。

越後OYAJIは名も無き雑草のような生き方をしてきました。
当然、何かに名前が残るようなことはありません。

そして人間何時召されるかわかりません。
その瞬間がきても「にこにこ」と微笑んでいる自分でありたいです。

私が亡くなった時に
「そういえば、あの人、最後にみた時ににこにこしていたね」と言ってもらえれば最高です。

バスシステムから、新潟交通㈱批判と市長批判になってしまいました。
さらに私の生き方論はこのブログをお読みの皆様は無視してください(笑)face10

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 




 

  


Posted by 越後OYAJI at 08:20Comments(2)

2016年04月26日

ヤツデの実


このヤツデは自宅の入り口脇にあります。
毎日毎日見ています。しかし、この実が気になったのは今回が初めてです。
写真を撮ったのも初めてです。

この家に30年ほど住んでいます。このヤツデは毎年毎年同じようなサイクルで
生の営みを繰り返しているはずです。

しかし、私はこのヤツデにほとんど関心を示してこなかったのです。
日常の普通の身の回りというのはかえって気がつきにくいものなのかな?と思ってしまいます。

ヤツデの実です。




黒い実を一粒とってつぶしてみました。中から種が出てきました。
この種が下に落ちていつか発芽するのでしょうか?

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:05Comments(0)

2016年04月26日

コシヒカリの苗


今年は田植えの作業も例年より早いのかな? と思ってしまいます。

苗はどんどん大きくなっています。

しかし、農家の方に聞いてみると、田植えは例年通り「ゴールデンウィーク前後」だということでした。



機械植え用に整然と用意されています。とてもきれいですね。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 07:47Comments(0)

2016年04月25日

タイヤ交換


信じられないかもしれませんが、本日タイヤ交換をしました。

越後OYAJIはこの時期でも車で山のほうに行ったり、県外に出ることもあります。
県外に出る時は峠越えも多々あります。この時期でも天候によっては危険なので
春のタイヤ交換は普通でもゴールデンウィーク前後のことがよくあります。
今年は本日(4月25日)に冬タイヤから夏タイヤにしました。

保管していたタイヤを出して、いざ交換しようとすると。。。。。????
なんとタイヤの空気が抜けているではありませんか。

まず、ガソリンスタンドに行って空気圧を調整して、やっと交換しました。





半年に一度交換するタイヤが何故?、空気が抜けていたのでしょう。
実はタイヤを交換したのは一年半ぶりだったのです。
2014年の11月に冬タイヤに交換してからそのまま約1年半冬タイヤですごしました。
色々な事情があり、昨年春のタイヤ交換ができなかったのです。
幸い冬タイヤですごしてもタイヤは安全な状態だったので幸いでした。

本日、タイヤ交換したのし午後1時頃でした。穏やかな日で、天気は晴れ、
気温も高くなく、湿度も普通。風も穏やかでした。
作業をしやすく、NHKラジオを聴きながらやりました。

残念なことですが、本日のニュースで知人が人身事故をおこしたことが報じられていました。
OJIJIになっている越後OYAJIも運転には充分注意しようと思っています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 21:07Comments(0)

2016年04月25日

鷺(さぎ)


鷺(さぎ)を撮影しました。

鷺には「大鷺」「中鷺」「小鷺」といるそうです。

撮影していると越後OYAJIに気がついたのか、大きな羽を広げて飛んでいきました。

これはきっと「大鷺(だいさぎ)」だろうと思います。



鷺は田んぼや川などでよく見かけます。しかし、写真に撮るのは難しく、なかなかうまくいきません。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 20:17Comments(0)