2019年02月27日

放るもん(ほうるもん)


放るもん(ほうるもん)とは関西の言葉で「捨てる物」のことです。

動物の内臓や利用価値の無い部分を使った料理を「ホルモン料理」と言います。

ホルモン料理というのは関西発祥のようです(諸説あります)

この「ホルモン」というのは男性ホルモンとか女性ホルモンとかいう医学的な言葉とは違う言葉です。
あくまでも放るもん、捨てるもののことです。

元々動物の肉を食べる習慣の無かった日本人。
動物の食べ方に慣れていなかったのでしょう。

西洋から「肉食」がもたらされた頃にはいわゆる肉の部分だけを食べる物と
考えても不思議では無かったと思います。

皮革や内蔵などの利用法を知らなかったのでしょう。
そこでそういうものは捨てていたと考えても自然だと思います。

また、肉食がもたらされた頃には動物の解体処理をしていた人達は
被差別(「えた」「ひにん」などという言葉が歴史的に残っています)の人が
多かったという歴史の証言もあります。

そういう人達は捨てる物をも拾って食べていた。とも考えられます。

また関西には朝鮮半島出身者の方が多かったのもホルモン料理が発展した要因と考えられます。
世界中で朝鮮半島の人々ほど丁寧に肉を食べる民族はいない。といわれています。
動物の可食部分の分類法では世界一と言われています。
細かく、細かく可食部を分けています。

朝鮮半島出身者の方々から「放るもん」を美味しく食べる方法を教えてもらったのかもしれません。

越後OJIJIは動物の内臓や基本的に利用しない部位を食べる方法はほとんど知りません。

今回は「もつ煮」と「鶏手羽の唐揚げ」です。
鶏手羽が「ほうるもん」なのかは議論のあるところだと思います

もつ煮と手羽揚げです。


豚もつはしっかりと水煮して柔らかくします。
ある程度柔らかくなったら清酒を入れてさらに煮続けます。
柔らかくなるのと臭み消しになります。


西京味噌、麦味噌、仙台赤味噌、新潟米味噌をまぜて作った袱紗味噌で味をつけます。
みりんを加えたり、醤油も加えたりはお好みで・・・・


色よく揚がった鶏手羽です。


手羽元と手羽先をにんにくと豆板醤をきかせた特製醤油たれに漬け込みます。
一晩漬け込むといい塩梅になります。


ざるにあげて、2~3時間「タレ切り」をします。
タレきりをする時はザルのまま冷蔵庫に入れておきます。味が熟成されます。
切った汁に卵、小麦粉、澱粉、コーンスターチを配合した粉を入れて衣を作ります。
この衣で手羽を揚げます。


油の中で心地良さそうに揚げられている手羽です。face02(^o^)face02


日本人は言葉を面白く使う天才ですね。
「ほうるもん」から「ホルモン」ですからね。
そしてそれが日本語として伝わるのですからすごいと思います。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:43Comments(4)

2019年02月26日

タバコの記憶?


越後OJIJIはタバコを吸いません。

禁煙をしたとか禁煙に成功したとかという話ではありません。

人生で一度もタバコを口にしたことがないのです。

理由はよくわからないのですがタバコを吸った経験はありません。

タバコに興味をもつのは中学生~高校生にかけての頃だと思います。
何となく、大人になりたくて、大人の真似をしたい時期です。
またタバコを吸う=不良と言われた時代に育った人間です。
不良=少し背伸びして生きている存在。
自分ではそうなりたいけど何かが邪魔をして、そうできない自分との葛藤に中にいた時代。

その思春期の頃にタバコに興味がなかったのです。
タバコに手を出そうとは微塵も思いませんでした。

また父親は超ヘビースモーカーでした。
大量のタバコを吸う人でした。
そのタバコが原因で中年過ぎから肺機能と心臓の病気になっていました。

父親の姿を見ていたのもタバコを縁遠くしていた要因だと思います。

しかし、生まれてからこの歳までタバコの多い環境で生活してきました。

最近のことです。歳をとったせいなのですが、夜中に目が覚めます。
睡眠が浅い、ということがしばしばあるのです。

そんな真夜中に目が覚めたときに。。。。。。

ふっ!!とタバコの香りを感じるのです。

鼻腔の奥の奥のまた奥のあたりに「ふっ」とタバコが香るのです。

何とも不思議な感覚です。

タバコなど吸ったことの無い私にタバコの記憶がよみがえるのです。

そう、禁煙していた人がある時感じる「フラッシュバック」と同じものだと思います。

タバコを自ら吸ったことが無いのにタバコの香りの記憶がよみがえる。

脳がタバコを覚えている。ということだと思います。

そうです。副流煙で間接的に私は「タバコを吸っていた」のです。
意識せずに誰かが吸ったタバコの煙を無垢の私の肺に入っていたのです。

それを私の脳が記憶していて何かの拍子に出てきたのです。

恐ろしいことだと思いました。

タバコは習慣性があり、覚醒剤などの薬物と同じように脳にダメージを与えます。

タバコを吸っていない私のような者でも副流煙という毒物で脳がダメージを受けていたのです。

街中にはタバコの空き箱がいたるところに捨てられています。


友人の医師は肺癌やその他の癌になる主要因は「タバコ」の存在が大きい。と言い切ります。

このタバコのパッケージにタバコの害の注意が書かれています。
健康への注意書きをしなければならないほど危険で且つ吸わない人へも悪影響を与えるタバコ。
社会全体でもっともっと考えなければならない存在だと思います。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



  


Posted by 越後OYAJI at 12:16Comments(0)

2019年02月20日

寒さを乗り切ったぞぉ~(^o^)


2月も下旬になりました。

日の出の時刻が少しずつ早くなり、日の入り時刻もだんだんと遅くなっています。

ようやく、冬を乗り切ったような気がします。

野菜も今年の寒さを乗り切りました。

畑に捨てられるように残っている野菜をもらってきて食べています。

寒を乗り切った野菜は寒さに耐える自己防衛本能からからだに「糖」を蓄えます。
それが野菜の甘味になりうま味になるのです。

寒の時期を乗り切った白菜です。


こちらはキャベツ


白菜は漬け物にして食べました。甘くて美味しい\(^o^)/


冬菜は一夜漬けにして食べました。


大根はおでん風に煮て食べました。また即席漬けも作りました。うまいですよ(*^_^*)


寒さを乗り切った野菜は特別な味わいがありますね。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:16Comments(0)

2019年02月15日

「イオン化」しているぞ!!


清水フードセンターがほぼ「イオン化」しています。

取り扱っている商品のほとんどがイオンの商品になっているのです。

2015年にイオンの子会社になった時はまだまだほとんどイオンの商品をおいていませんでした。
それが4年たった今では大きく様変わりしました。

イオンのPBである「トップバリュー」商品がお店の大半を占めるようになっています。

清水フードセンターの店舗画像です。


「イオン」のロゴマークが輝いて見えます。


清水フードセンターより「イオン」をもっと大きく全面に出した方が良いのでは・・・(笑)


清水フードセンターは過去に実質的に二度の倒産を経て現在に至っています。

今、実質的に「イオン」化していて、
清水フードセンターというのは「名前」だけが残っている。というのが現実です。

清水フードセンターは1947年創業。
1957年には新潟県内初のセルフサービス型スーパーマーケットを始めた老舗企業です。
歴史の変遷を経て2001年には長岡市に本店を置く「大光銀行」に実質的経営をゆだね
一度倒産状態になりました。経営権の委譲という実質的倒産です。
それでも経営は改善せず、2015年に10月14日にイオンの傘下に入って
どうにか「清水フードセンター」という名前だけを残しました。
これが二度目の実質的倒産の意味です。銀行が手をおえなくなったのです。
最後は日本一の小売業である「イオン」に尻ぬぐいをしてもらった、ということです。

シミフがイオンになった頃はほんとど「イオン」らしくありませんでした。
店内で売られている商品はほとんど以前のままでした。
イオンのPBであるトップバリュー商品はほとんどありませんでした。

それが数年たった今ではシミフで扱っている商品のほとんどがトップバリュー商品になったのです。

イオンが大光銀行が抱えるシミフの負債を尻ぬぐいまでしてシミフを傘下に入れたのは。
シミフがもつ自社商品力でした。それは自社で商品開発して製造する「惣菜商品」や「自家製パン」
などでした。新潟市中央区紫竹にある工場で一貫製造されています。
たしかにそれは魅力のあるものです。そこにだけ注目してシミフを傘下にいれました。

現在、シミフの商品群を観察しているとトップバリュー商品と
元々のシミフオリジナル商品で構成されています。
勿論、NBの商品も多数あるのは当たり前のことです。

そのなかでもトップバリュー商品の比率がほとんどなので元々の「イオン」とかわりがありません。

新潟市内には食品スーパーとしてのイオンが数店あります。
笹口店が旗艦店で、藤見町や中野山、亀田などにあります。
またイオンの総合スーパーとして、イオン新潟東・イオン新潟西・イオン新潟南なとがあります。

新潟市内の食品スーパーであるイオンとシミフは現在ほとんど商品構成で差がありません。

「食品スーパーイオン」と「清水フードセンター」という名前が違っているだけです。

つまり新潟市内のスーパーマーケットは実質的に
「イオン」と「ウオロク」「原信」が妍を競っているのです。
その他のスーパーチェーンも新潟で店舗展開していますがそれは数に入らない程度です。

それぞれがPBをもち価格競争している状況です。

シミフが「イオン化」しているというのはただ単に競合する他社の脅威になっているということです。

私はシミフが一日でも早くイオン化してもらいたいと思っていました。
それが現実化した今、これからの新潟の小売業に大いに懸念をいだいています。

新潟市内は現在スーパーマーケットだけでもオーバーストア状態です。
そこにドラッグストアが参戦しています。
コンビニは淘汰されてセブン・ファミマ・ローソンに集約されましたがそれも競合関係にあります。

そして問題なのはイオンのPBである「トップバリュー商品」を扱っているのが
スーパーだけではないと言うことです。

例えばウエルシアはドラッグストアですが、トップバリューを扱っています。
また最近ですが新潟進出をはたした「ツルハドラッグ」もイオンと提携しているので
トップバリュー商品を扱っています。
さらに市内に3店舗ある酒類ディスカウントの「やまや」もイオンの傘下にあるので
トップバリュー商品をおいています。

新潟市中央区内だけでもトップバリュー商品を扱っている店舗を数えると結構な数にのぼります。

シミフがイオン化しているのは良いことです。
しかし、徒にイオンの関係企業が増えて、消費者には選択の余地が減っているのです。
これはおかしな状況です。

はたして新潟市民の方々はこの現実に気がついているでしょうか?

越後OJIJIの近所にもシミフがあります。トップバリュー商品だらけです。
またその店と目と鼻の先である旧新潟中央市場跡にイオンができます。
完全に競合するはずです。また新イオンを取り巻く環境には原信・ウオロク・キューピット
ピアレマート・マルイなどのスーパーがひしめきあっています。
さらにトップバリューを扱うドラッグストアもいっぱいあります。

そのなかでいったいどの企業が生き残っていけるのでしょう?

シミフはイオンになり、ウオロクは第四銀行が経営しています。
原信はまだ創業家が経営していますが経営実態はわかりません。
その他の小さなスーパーの経営状況も厳しいと聞いています。

今後の新潟の経済と大いに関係がある、シミフがイオン化している問題です。
新潟の小売業界の行く末を注意深く見ていきたいと思っています。。。。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 09:04Comments(0)

2019年02月12日

寒さばの味噌煮


ここのところ寒い日々が続いています。

日本海であがった「寒鯖」の新鮮なのが手に入ったので「味噌煮」にしました。



鯖(寒さば)という素材そのものは最高なので調理にこだわりました。
味噌は越後米味噌の白味噌と赤味噌を7対3の割にしたものを使いました。
鍋にお酒と本みりんを入れて沸騰させアルコールを抜きます。
そこに味噌を溶き入れます。生姜の薄切りを入れます。
沸騰しているところに鯖の切り身をいれて煮ます。
落としぶたをして全体に味がまわるように煮ていきます。


煮汁が煮詰まってくるとできあがりface02face02(^o^)face02face02


寒さばです。
あぶらの乗り方がハンパないです。とても美味しいです。
この美味しさは言葉で伝えるのはとても難しいですね。

この時期のサカナはどれも美味しいですね。
ぶり、ひらめ、あじ、タラ、カレイ・・・・おいしい魚種をあげたらキリがありません。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 14:52Comments(2)

2019年02月04日

立春と節分「恵方巻」を考える-2019年2月4日


本日立春です。

暦の上では今日から「春」です。。。

新潟市中央区。暖かい立春を迎えています。
本日の最高気温予報は12℃です。

今朝、目覚めた時の自室の室温は10℃を越えていました。
すぐに暖房をいれなくてもよいほどの暖かさでした。。。

暦の上の季節と実際の季節のズレを身近に感じながら・・・・・

定点観察している近所の梅の木です。
まだつぼみの状態です。


市内の神社などでは早咲きの梅が花をつけているようです。
それでもまだまだ春は先なのかなと思う今日の立春です。

さて、昨日は「節分」でした。

悪霊をもたらす邪鬼を追い払うために「豆まき」をしたり「恵方巻」を食べたりしたことでしょう(^o^)

「恵方巻」の話です。

昨日は市内のスーパー・コンビニ・飲食店・弁当店などで大量の巻き寿司が販売されました。
昨今問題になっている「大量廃棄」の問題です。

日本中で食品の廃棄が問題になっているのは周知の通りです。

今年も全国でどれほどの廃棄があったのでしょう。恐ろしいことです。

スーパーマーケットに関わっている方からの情報です。
そのスーパーでは恵方巻の販売実績をあげるために毎年予約を少しでも多くとれるように
営業に力をいれているそうです。
しかし、思うようにいかないので従業員販売という形で
半ば強制的に社員や関係者に販売しているそうです。

そして昨日のことです。
本社からその店への割り当て販売分(予約とは別の分です)として
約700本の恵方巻が送られてきたそうです。それを店の店長はじめ各部門の主任達が
必死にお客様にアピールして売り尽くさなければなりません。
しかしそんなに思うように売れるはずもありません。
午後5時半頃にはまだ300本以上売れ残っていたそうです。

その店ではどういう判断をしたかというと・・・・・
まず約300本の恵方巻を全て定価の半額にしました。

それでも売れる訳がありません。
半額にしてから30分後にはさらに値引いたそうです。
定価の三分の一から四分の一の価格に設定し直して販売したのです。
結果としては完売したそうです。午後7時半頃に売り切ったそうです。
所謂「見切り販売」をしても2時間かかるのです。

この店では恵方巻の廃棄は0です。喜ばしいことです。

しかし、こんなのは商売ではありません。
売れない物を「たたき売り」して数を減らしただけです。
愚かな商法だと思います。

原価を大きく割って、店に見えるものを減らしただけです。
お客様の必要に応えてご用意したものを販売したのではないのですから。

問題はこんな販売法をとるのなら
正規の価格で買った人や予約で買わされた人達はどうなんでしょう?

元々売り切れないほど用意して挙げ句の果てにたたき売りする。
そして店売りは完売したように見せかけて「廃棄は0です」とうそぶく。
それが正しい「食の姿勢」でしょうか。こんなやり方では廃棄したのと同じです。

こんなことが全国のスーパーや弁当業者、コンビニなどで行われたのです。

平成17年に食育基本法ができました[平成17年6月17日法律第63号]

その食育基本法の趣旨におおいに反しているのが今回の恵方巻の大量廃棄や
大量見切り販売です。近々では昨年のクリスマスケーキの大量廃棄です。
また昨年の「土用の丑の日」に廃棄されたうなぎは7㌧分あったことをこのブログで紹介しました。

食育基本法の主旨に反するような食の販売をし続けるスーパーやコンビニや食関連企業。

そろそろ行政でも考えなければならない時期がきていると思います。
政府や国を挙げて食べ物を無駄にしない、
という意味で規制をかけても良いのではないでしょうか。
越後OJIJIはそう思います(キリ!!!!)

恵方巻のイメージです。


昨日越後OJIJIが食べた巻き寿司です。
私は一本にかぶりつくような「はしたない食べ方」はしません。上品に切って食べました。(笑)


「食」と「商売・営業」とは切り離せない問題です。
しかし、食べ物を粗末にするという罰当たりなことは厳に慎むべきと思う越後OYAJIです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 




  


Posted by 越後OYAJI at 12:31Comments(0)

2019年02月02日

朝・昼・晩


二月になりました。

二月に入ったばかりなのにバカな話題から。。。face10face10face10(>_<)face10face10face10

寒い時季を乗り切る為にしっかりと食べています。

越後OYAJIの食事記録です。

こんな食事です。笑ってください。。。icon06icon06\(^o^)/icon06icon06

朝食です。
ゆで太郎新潟店の「朝ごはんセット」です。そば+ミニカレー丼セットですface02


昼食は一人焼き肉です。
いつものスタミナ太郎新潟店でお腹がはち切れるほど食べましたface02


お肉・お肉・お肉・お肉・お肉・お肉・お肉・いか焼き・お肉・お肉・お肉です。


お代わりしてお肉・お肉・お肉・お肉・お肉・お肉・お肉です。食べ放題~~face02


お寿司も食べ放題face02                      デザートも食べ放題face02


スタミナ太郎新潟店で気が狂うほど食べた時の夕飯ですface02
タレカツ丼です。とんかつと鶏ささみカツを丼に盛りました。


朝食が午前7時。
昼食が12時半~90分間食べました。少し昼寝をしました。
夕食は自分で作りました。午後10時に食べました。

絶対に食べ過ぎです。。。icon07icon07<(_ _)>icon07icon07

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 


  


Posted by 越後OYAJI at 08:22Comments(0)