2018年11月10日

落ち穂喰い


白鳥が"落ち穂"を食べています。

北よりの使者白鳥。
今年もたくさん新潟に来ています。

つい一月前まで盛んに稲刈りをしていた越後平野。
その稲刈りもすっかり終わって広々とした田んぼにたくさんの白鳥が飛来しています。
遠くシベリアからやってくる白鳥。
新潟市では福島潟や鳥屋野潟、佐潟、また多くの河川の周りが白鳥の"一時宿泊所"です(笑)
そこを寝床にして近隣の田んぼで"落ち穂"を食べているのです。

白鳥は集団で行動しています。
幼鳥から成鳥まで家族なのでしょうか仲良く食事をしています(^o^)





白鳥はとても警戒心の強い鳥です。
天敵である人間が近付くと独特の甲高い声で仲間に危険を知らせ、人から遠ざかっていきます。
でもそこに家族の絆を強く感じます。

厳しい大自然の中で生き延びていく白鳥、
仲間同士で協力していかなければ生き延びることが難しいのでしょう。

白鳥の姿から人間社会の矛盾を色々と考えさせられます。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 



Posted by 越後OYAJI at 08:28│Comments(2)
この記事へのコメント
これは何時ころですか?白鳥が田んぼにいっぱいいるのは何時なんだろうか?朝でてどこまで行ってるのか気になります。
Posted by わかばかんわかばかん at 2018年11月15日 17:29
撮影したのは13時頃です。昼間はたんぼにたくさんの白鳥がいますよ。
白鳥は餌を求めて、色々な場所であさっているようです。けっこう遠くまで動くのではないでしょうか。。。。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2018年11月16日 21:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。