2017年08月23日

晩生の桃


新潟の桃は現在、晩生の品種が出回っています。

新潟は果樹王国ですが、桃の生産量は全国7位だそうです。
日本一の生産地はやはり桃太郎伝説がある岡山県でしょう。。

7月中旬に早生品種の「白鳳」からはじまり、その後主力品種の「日の出」と続き、
お盆前にピークを迎えます。お盆後に出回る品種は晩生種です。

この桃は「川中島白桃」です。新潟市南区月潟地区で撮影しました。
晩生の桃は実がかたいのですが、甘味が強く、とてもおいしいです。





新潟南区での最晩生の品種は「白根白桃」です。新潟白根原産の桃です。
9月中頃においしくなります。次はそれが楽しみです。

先日の新潟日報にタレントの山田邦子さんが、新潟の桃の木のオーナーになり
桃もぎをした。という記事が載っていました。
山田邦子さんは西区でスイカを作って収穫したり、桃の木のオーナーになったりして
新潟果物の宣伝隊長をしてくれています。やらせで行政がお願いしてやってもらっている、
というのではないのです。新潟の果物の美味しさに魅せられて、自ら行動しているのです。
スイカなどは収穫後に色々な人達と分け合って美味しさと幸せを分けあっています。
タレントだから良いことをしている。と言うのではなく、人として素晴らしいことをしている。
と思います。賞賛されるべきことです。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI 
  


Posted by 越後OYAJI at 08:20Comments(0)