スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2014年03月11日

鎮魂の日 3月11日 祈り そして69年前


3月11日です。
3年前の3月11日東北地方を巨大地震が襲いました。
大地震、その後の巨大津波、さらに東京電力福島第一原発での事故。
地震による崩壊。津波による壊滅。原発事故による絶望。

神はこの世を見捨てたのではないかと思いました。
被害情報が時々刻々と伝えられ、多くの死者が出たことが判明したのは後刻でした。

東日本大震災。死者・行方不明者約2万人。被害総額約90兆円

今も現時点でも多くの方が苦しんでおられます。他人事ではありません。
が、何もできません。真実の神様が苦しんでいる方々の寄り添いになってくださるように
祈るだけです。

今から69年前の3月10日は「東京大空襲」の日でした。
米軍による「焼夷弾投下」により東京の約3分の一が焼き尽くされ、
死者約10万人、行方不明者約10万人、被災者100万人とも言われる大惨事でした。
米軍の言い方は軍需施設を目標として攻撃したのであり民間人を狙ったものではない
ということでしたが実際に死んだのは非戦闘員の民間人でした。
戦争という異常な事態の中でおこったことではありますが、あまりにもむごいことです。

その後の原爆投下ではもっとひどいことになりました。

私達が記憶にとどめなければならない、3月10日と3月11日。不思議に続く日です。

祈りのイメージです。
色々な宗教があり色々な価値観があります。
それぞれの立場で価値観で鎮魂の一日としたいものです。

  


Posted by 越後OYAJI at 01:29Comments(0)