2017年01月15日

ここは畑でした。


またアパートが建とうとしています。

ここは畑でした。
昨年の秋までは畑でした。大根や白菜、長ネギなどを家庭菜園的に作っていました。
間違いなく、去年の秋は野菜であふれ、この土地の持ち主の方が丁寧に手入れして
収穫していました。

秋が深まった頃に異常に気がつきました。
いつもの冬への準備とは明らかに違う光景を見たのです。

その後、あっという間に重機が入り畑は更地になりました。

12月に入ってから地盤工事が行われ、現在建物を作り始めています。

新潟市中央区ではどんどん畑や空き地がなくなっています。
建物が何の脈絡もなく立て続けています。
駐車場だった場所にもアパートが建ったりしています。

緑の供給元だった畑が無くなっていくことはとても残念です。

実はもっと残念なことがあるのです。

この畑と道路の間に側溝がありました。
そこに「すみれ」が自生していたのです。
まるで野草のように「すみれ」が健気に咲いていたのです。
今回の工事でその「すみれ」も根こそぎやられたことでしょう。

側溝をコンクリートで蓋をして、さらに周りをアスファルトで埋める。
人間には便利でも自然景観が損なわれるのはとても残念です。



近所では、ほぼほぼ空き地がなくなっています。
とても複雑な気持ちをいだいています。

えちごおやじ 越後OYAJI 越後おやじ 越後親爺 エチゴオヤジ ECHIGO OYAJI  えちごOYAJI   


Posted by 越後OYAJI at 08:19Comments(0)